高配当銘柄 vs 高増配銘柄 ~【VZ】を例に~

スポンサーリンク

【VZ】 ベライゾン・コミュニケーションズから100株分、40.53ドルの配当金を獲得した。

【VZ】は高配当銘柄である。

配当利回り:4.9%

増配率  :2.9% (5年平均)

となっている。

このような高配当銘柄と高増配銘柄の Yield on cost が、今後どのように推移するかを試算してみた。

高配当銘柄 vs 高増配銘柄

4つのアームを用意し、期間は12年間とした

①配当利回り:1%   増配率:18%

②配当利回り:2%   増配率:11%

③配当利回り:3%   増配率:7%

④配当利回り:4.9% 増配率:2%

Yield on Cost の推移

151108 YOC

詳細

増配率18%11%7%2%
1年目1%2%3%4.90%
2年目1.18%2.22%3.21%5.00%
3年目1.39%2.46%3.43%5.10%
4年目1.64%2.74%3.68%5.20%
5年目1.94%3.04%3.93%5.30%
6年目2.29%3.37%4.21%5.41%
7年目2.70%3.74%4.50%5.52%
8年目3.19%4.15%4.82%5.63%
9年目3.76%4.61%5.15%5.74%
10年目4.44%5.12%5.52%5.86%
11年目5.23%5.68%5.90%5.97%
12年目6.18%6.30%6.31%6.09%

私見

【VZ】のように高配当、低成長銘柄の良さを実感した。

配当利回り3% 増配率7% (JNJのようなイメージ)でも12年後にYOCが【VZ】に追いつくという事がわかった。

これは悩む。

高配当か高増配銘柄か?

いずれにせよ、減配せずしっかりと増配するという事が前提である。

つまり、連続増配銘柄中心の投資でよいのだ。

うんそうだ。

という事で、今後も引き続き米国連続増配銘柄へ投資する事とする。

 

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク