長期・分散・積立

長期・分散・積立

入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法

入金投資法とは投資元本を一定間隔で追加していく方法。 株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。 とくにサラリーマン投資家が株式取引をする場合、入金投資法が強みとなります。 サラリーマンの最大の強みは安定した...
2018.09.19
米国株投資のメリット

長期投資の期間とはいったい何年なのか?

長期投資とは株式投資をする上ですすめられる戦術のひとつです。 長期投資とはいったい何年のことを言うのだろうか? その明確な答えはないのです。 そこで今回は長期投資とはいったい何年であるのかを考察していきます。 ...
2018.09.15
長期・分散・積立

2035年、有価証券の15%は認知症高齢者が保有する時代に向けて

2035年、有価証券の15%は認知症高齢者が保有する 上図は有価証券保有者の年齢別内訳を示している。 2035年といえば近未来。 高齢化社会に直面して我が国の資産運用状況は、どのように変化しているのかがわかる。...
長期・分散・積立

積立投資の出口戦略を一緒に考えてみましょうか?

インデックスファンドの積立投資がおすすめされています。 万人に共通したリターンをもたらしてくれる投資方法だからでしょう。 少額積立によってハードルを下げ、多くの人に株式投資を普及させたいという背景もあります。 買付...
2018.08.06
長期・分散・積立

iFree S&P500インデックスの5つのメリット

iFree S&P500インデックスとは、その名の通り米国株インデックスのS&P500に連動する投資信託です。 アメリカ市場を代表する株価指数のS&P500。 ウォーレン・バフェットがおすすめして...
2018.07.24
長期・分散・積立

投資信託の普及に必要だと思うので、積立投資のリターンを公開中

金融庁はつみたてNISA制度を通し、低コストな投資信託への長期・分散・積立投資をおすすめしています。 そして 多くの国民に少額から投資信託をはじめてもらう 資産形成に成功する さらに株式投資を広く普及させ...
長期・分散・積立

世界の景気は良いのか? GDPと政策金利で確認

景気が良い悪いという指標は数多くある。 いったいどの情報が正しくて、何を信じていいのかわからない。 個人投資家ならきっとそんな風に思うでしょう。 私もさっぱりわかりません。 とはいえインデックス投資を...
2018.07.19
長期・分散・積立

ニッセイ外国株式インデックスファンド信託報酬率引き下げの影響

ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬率の引き下げを発表しました。 ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬率(年率・税抜):2018年6月29日 変更前:0.189% 変更後:0.109% ...
2018.07.02
長期・分散・積立

インデックス投資を始めて気づいた「稼ぐ力の重要性」

インデックス投資に限らず、資産運用には元手が必要 投資で資産形成をしようとしているあなた! たとえば、インデックス投資だけでお金持ちになることは、じつは困難であることに気づいていますか? はい。私は痛感しています。 ...
2018.07.01
長期・分散・積立

インデックスファンドvsアクティブファンドの勝率を比較する方法

インデックスファンド(パッシブファンド)とアクティブファンドの比較は議論が絶えません。 よく言われるのは、 市場平均に勝てるアクティブ運用は少ない ということ。 たとえば世界のエリート投資家は何を...