長期・分散・積立

長期・分散・積立

サラリーマン投資家が離婚リスクを避ける方法;年収600万円は要注意

サラリーマン投資家が離婚リスクを避けるためには、年収と時間の使い方が鍵。 とくに年収600万円を超えると、お金より時間が大切になってきます。 離婚理由をみると、年収が低いときにはお金の問題、年収が高い時には家族と過ごす時間不足の...
長期・分散・積立

なぜインデックス投資が流行らないのか? 3つの理由を考えてみた

低コストのインデックスファンドによる積立投資は、国がおすすめしている資産運用方法です。 ところがインデックス積立投資が流行っているかというと、まだまだその段階にはありません。 なぜインデックス投資が普及しないかというと、...
経済的自由・アーリーリタイア

株式投資の出口戦略で大切な3つのポイント~退職後編~

本記事では、退職後の株式投資における出口戦略を3つの観点から考えていきます。つみたてNISAによる投資信託の積立投資が普及していますし、出口を考えて投資を始めることは大切ですからね。 株式投資の出口戦略で大切な3つのポイン...
2019.01.13
長期・分散・積立

年齢別の株式投資リターン比較;40代以降はパフォーマンスが低下する

本記事では、年齢と株式投資パフォーマンスの関連を紹介します。結論をいうと、40代前半以降では個別株投資のリターンが低下するというデータがあるのです。 ですから、40代以降の投資家には要注目の内容となっています。 日本は高...
2019.01.12
長期・分散・積立

インデックス投資の始め方、7つのステップがおすすめ

投資信託をつかったインデックス積立投資の始め方を、おすすめな7つの方法で紹介していきます。 日本政府は「貯蓄から投資へ」の号令をしており、2018年に金融庁は、つみたてNISA制度を設定しました。 つみたてNISAは、日...
2019.01.03
長期・分散・積立

インデックス投信とETFのマーケットシェア

インデックス投資が世界の潮流になりつつある。 アクティブ投資の収益は、パッシブ投資に勝つ確率が低いことが一つの理由だ。 それではインデックス投信のマーケットシェアはどうなっているのだろうか? 気にな...
長期・分散・積立

インデックス投資とアクティブファンドの勝率を比較【下げ相場編】

インデックスファンドとアクティブファンドの勝率は、株価下落局面で入れ替わる 長期運用において、インデックス投資は、アクティブ投資のリターンを上回る。 これはアクティブファンドがS&P500のトータルリターンを上回る確率が低い事に由来...
長期・分散・積立

アメリカ株で継続投資が大切な理由

米国株では継続投資が重要であるとされています。 アメリカ株式市場に居座り続けていることが、リターンを得る方法だということです。 とはいえFRBによる金利上昇局面なので、米国株価には逆風といえます。 このまま米国株投...
長期・分散・積立

株式投資と年齢について

株式投資は年功序列みたいなもの 投資は年齢が若い方が有利に働きます。 理由は運用期間が長くとれるメリットがあるから。 若くして投資をすれば経験値と資産を積み上げることが可能になります。 年齢が若くして投資をはじめ...
2018.10.01
長期・分散・積立

長期投資家が避けるべき8つのリスク

株式投資で避けるべきリスクはあるのでしょうか? 長期投資をしていると、株には多くのリスクがあると感じます。 そのリスクはすべて投資家自身が負うわけです。 チャールズ・エリス著「敗者のゲーム」によれば、投資成果は ...
2018.09.30
長期・分散・積立

投資信託の選び方:低コストが重要な理由

株式投資、とりわけ投資信託おいてはコストが低いことが大切です。 とはいえ年率コストが0.1%とか0.5%とか、大きな差ではないような気もします。 たしかに1年でみた絶対額ならば、気にしなくてもいいでしょう。 それで...
2018.09.29
長期・分散・積立

氷河期世代の末路? 悲惨と思うなら投資で挽回するという方法もある

氷河期世代が悲惨だと言われる理由は、給料が下がっているから 人手不足なのになぜ賃金が上がらないのかによれば、2010年から2015年にかけて給料は増加しています。 ところが給料が下落している世代・年齢階級が存在するの...
2018.09.23
タイトルとURLをコピーしました