たった一言で40万円の値引きに成功した体験~実物資産投資の価格~

スポンサーリンク

太陽光発電投資で、40万円の値引きに成功

2019年下期に、野立て太陽光3基への投資ができそうです。

その初期費用として、1,000万円程度を投資予定。

現金は残しておきたいのですが、インカムの極大化にむけ資金投下をします。

 

そうこうしていると、農地転用するために追加で40万円が必要なことがわかりました。

この40万円は、太陽光業者さんからは事前に聞いていません。

40万円を配当金で稼ぐとしたら、種銭はいくら必要なのかわかっているのでしょうかね。

 

ということで、業者さんと面談。

 

はちどう「農転するのに40万円かかるらしいんですよね。これって、契約時には聞いていなかった費用なんですけど、何とかなりませんか?」

 

業者さん「そうですね、、、 上役がいるので、少々お待ちください」

 

待つこと約1分

 

業者さん「はい、設備から40万円引かせていただきます。こちらが新しい見積もりです」

 

いや~、ひとこと話しただけで、40万円の値引きをしてもらいました。

しかもお湯をいれたカップラーメンがまだ出来上がらない短時間で。

業者さんはいったい、どれだけ稼いでいるのでしょか。

 

でも投資家目線でいえば

  • 差し引きすればプラスマイナスゼロ
  • 40万円は設備費ではなく、融資が引けないので現金が必要
  • 設備費40万円は値引きされるが、消費税還付額は減る

あらら、むしろ損をしている感じ。

もう一声、粘って価格交渉すればよかったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

野立て太陽光発電投資とインフラファンドへの投資の違いは、現在価格の可視化有無

さて、不動産投資にしろ何かしらの実物資産投資にしろ、適正価格が見えにくいです。

そして現在価格もわかりにくい。

 

たとえば太陽光投資をする場合、

  • 太陽光発電所への実物資産投資
  • インフラファンド(金融資産)への投資

の両者には大きな違いがあります。

 

インフラファンドは、現在の価格がオンラインですぐに分かります。

一方で、実物資産の場合には市場価格がいくらなのか見えにくいですね。

だからこそ、実物資産をする面白さがあるとも言えますが。

 

スポンサーリンク

太陽光投資に限らず、実物資産投資では価格交渉は重要

10年以上前に、不動産投資をしていた経験があります。

鬼の指値 なんていって、大きな値引き交渉をしようとしたりもしましたね。

実物資産投資って、価格表示があっても、無いようなもの。

ですから、実物資産投資をする際には、価格交渉術が大切になるのです。

 

でも私はあまり得意ではないですし、ほどほどの価格で満足してしまいます。

それは株式投資も一緒。

ほどほどの価格でも、追加投資をしてしまうのですよ。

 

いずれにせよ

  • 実物資産投資は、価格交渉が大切
  • 株式投資だって、買値は重要

 

高い買い物をしないように、気をつけていきましょうね。

 

太陽光物件なら最大手の【メガ発】
会員登録で無料ebookプレゼント

 

コメント