教育費と資産運用;配当金だけで習い事費を支払うにはいくら必要か?

資産運用による配当金だけで学校外教育費を支払うためには、投資評価額で1000万円以上必要です。

 

教育費用が必要なのは、大学生の子供だけに留まりません。

小学生が4年生・5年生・6年生ともなると、塾代が求められがち。

中学生や高校生の習い事だって、お金はかかります。

 

本記事では

  • 学年別の習い事費用の平均金額
  • 資産運用による配当金だけで習い事費を支払う場合の投資元本

について考察していきます。

スポンサーリンク

教育費;小学生の学校外活動費の平均金額は、1万8千円前後

習い事の費用は月額平均2万円前後であり、小学生高学年では1万8千円程度になります。

 

学校外教育活動費の月額平均

  • 小学生:15,300円
  • 中学生:22,200円
  • 高校生:16,000円

 

ここからはベネッセ教育情報をもとに、教育費に関する詳細データを参照していきましょう。

学年別の学校外教育活動費の比較結果;2009年と比べ2017年の習い事費用は低下している

年齢別の学校外教育活動費の変化、引用:ベネッセ教育情報サイト

年齢別の学校外教育活動費の変化、引用:ベネッセ教育情報サイト

 

2009年と2017年における習い事や塾にかける費用を比較すると、全体平均で月額2,200円も減っています。

そして学年が上がるにつれ、習い事費の減少額は大きくなっています。

 

この理由は明らか。

 

世帯年収が減少しているからですね。

サラリーマンの手取り年収は低下の一途をたどっています。

教育費は家計における最後の聖域とはいえない様子。

 

また、無料の教材やアプリの充実化も背景にあると思われます。

いずれにせよ塾や習い事などの教育費用は、直近9年間で減少しているのが現実です。

 

年齢別・学年別の習い事費用の比較;小学高学年は1万8千円超え

学年別学校外教育活動費、引用:ベネッセ教育情報サイト

学年別学校外教育活動費、引用:ベネッセ教育情報サイト

 

学校外の教育費は、受験勉強が必要な学年において高くなっています。

塾代・習い事費が最大であるのは中学3年生。

そして高校では3年生が、小学生では5年生・6年生の教育費がピークです。

 

学校外教育活動費の平均月額

  • 小学5年生:18,700円
  • 中学3年生:25,900円
  • 高校3年生:18,900円

 

こうした教育費用を株式投資による配当金だけで支払うとしたら、投資元本はいくら必要なのでしょうか?

 

答えは1,000万円~2,000万円です。

スポンサーリンク

配当金だけで小学生の習い事費用を賄うために必要な投資元本

単位:万円

 配当利回り(税引き後)
 1.5%2.0%2.5%
3歳256192154
4歳(年少)384288230
5歳(年中)632474379
6歳(年長)784588470
小1生928696557
小2生952714571
小3生1,184888710
小4生1,320990792
小5生1,4961,122898
小6生1,4721,104883
中1生1,5041,128902
中2生1,7201,2901,032
中3生2,0721,5541,243
高1生1,144858686
高2生1,4081,056845
高3生1,5121,134907

 

手取り配当金額を3つの利回りパターンで計算してみました。

平均的な習い事費用を配当金だけで賄うために必要な投資評価額

  • 小学生高学年:900万円~1,500万円
  • 中学3年生:1,200万円~2,100万円
  • 高校3年生:900万円~1,500万円

 

日経平均株価やNYダウ30工業平均株価S&P500などのいわゆる株価指数に投資をすると、配当利回りは2%前後となります。

この場合の税引き後、手取り配当金額は利回り1.5%程度。

さらに高配当株への投資をしたとしても、配当金だけで塾代や習い事費用を支払うためには1,000万円単位での投資元本が必要とされるのです。

 

スポンサーリンク

配当金だけではなく、資産運用・収入増・節約の総合力で教育費を賄っていく

我が家の教育費対策は

 

配当金だけで生活費や教育費のすべてが賄えれば最高です。

しかしながらまだまだ資産形成層であり、お金のフローだけで対処することは困難。

ですから理想を夢見つつ、現実を直視した運用と教育費積立てをしていく予定です。

 

蛇足ですが、この春から小学5年生になる長男が塾に通いだします。

月4万円~5万円の教育費上乗せ。

父親としては頑張りどころですね。

 

以上、教育費と資産運用;配当金だけで習い事費を支払うにはいくら必要か?でした。

 

関連記事の紹介

0歳から証券口座は開設可能であり、15歳以降は株式取引ができるようになります

株式投資は何歳から出来るのか? 子供が小さくても口座は作れる
株式投資は何歳から買えるのでしょうか? 結論から言えば、株式投資は親権者・法定代理人の同意さえあれば何歳からでも可能です。 成人か未成年かは無関係。 実際に何歳から株式取引を始めるかどうかがポイントとなります。 ...

 

子どもには塾による勉強だけではなく、お金や人生での過ごし方についても学んでほしいと願っています

子どもへのお金の教育に必要な4つこと +αを考えてみた
お金の教育は、子どもにも大人にも必要 お金に関して、非常に参考になるツイートがあります。 お金に関する努力の優先順位 1. 人と自分を幸せにするお金の使い方 2. 不労所得の増やし方 3. 勤労所得の増やし方 ...

 

家族一体となって、資産運用に取り組んでいる例

不労所得になるか? 太陽光発電投資の実際【家族編】
太陽光発電投資の目的;お金と家族内コミュニケーション 人生を豊かにするために野立て太陽光発電投資を導入しました。 不幸になる可能性を減らすためといった方が適切なのかもしれません。 マスで見ると、日本人は幸福度ランキング...

コメント