投資と貯金、どっちが有利? 米ドル建てで考えてみた

投資も貯金もどっちも大切。

 

しかし長期間でみると本当そうなの?

 

貯金よりも株式投資が有利だったというデータがあるのだ。

 

これは米国株でのお話し。

 

ということで、あなたと共に、米ドル建てで見た場合の投資と貯金についてみていこう。

スポンサーリンク

投資と貯金の比較をすると、株式投資が資産形成には有利だった

 

上表は1801年に1ドルを投資したら、2006年にいくら相当になっているかを示したグラフ。

米国における資産形成では、貯金より株式投資が圧倒的に有利だった。

 

しかしこのデータの期間には要注意。

なにしろ200年という超長期間の結果なのだから。

だとすると、個人投資家は何世代にもわたって資産形成をしなくてはならない。

 

少子化の時代なのに。

 

もしも1801年に1ドルを投資したら?

 1801年2006年
株式1ドル75万5163ドル
長期債1ドル1083ドル
短期債1ドル301ドル
1ドル1.95ドル
預貯金1ドル0.06ドル

株式投資 第4版より

スポンサーリンク

投資と貯金、どっちも大事なのは当たり前

株式投資は資産形成の王道

 

これはかの有名な資産三分法。

  • 株式
  • 不動産
  • 現金

現金を守りだとすると、株式と不動産が攻めに該当する。

 

さらに大きな枠で捉えると

  • 投資
  • 貯金(現金)

と言える。

 

つまり貯金か投資かではなく、貯金と投資は並行するのだ。

投資と貯金のどっちも大切なわけ。

貯金が出来てこその投資

そもそも投資というのは、どのようなお金でやるものなのか思い出してみよう。

 

そう、生活費以外のお金で投資するのだ。

 

つまり最低限の貯金ができてからの投資、という事。

 

  • 稼ぐ
  • 使う
  • 貯める
  • 運用する

 

よって貯金と投資のどれも必要。

スポンサーリンク

投資のデータは米国株が中心

株式投資の過去データは、欧米からの情報が主

引用:金融庁

 

株式市場は、米国や英国が成熟していている。

そして両国で株式投資は古くから普及している状況。

したがい過去の株式投資データは、米英由来ものを使う事が一般的である。

 

投資か貯金かを考える際、投資というのは「欧米の投資」ということは覚えておこう。

株式投資の分散はリスクを減らすが、世界の半分は米国株

 

世界中の株式に分散投資をしたとしても、その半分は米国市場。

ヨーロッパを含めれば、世界の8割前後にもなる。

つまり株式投資というのは、欧米中心なわけだ。

 

換言すれば、貯金か投資かを考える際の株式投資というのは、「欧米を中心とした株式投資」ということ。

米国株投資は特定口座対応が普及し、身近になってきている

日本から欧州株に投資をするには、アクセスが限定的。

 

たとえば

  • 世界一の生活必需品企業であるネスレ
  • アスピリンで有名な医薬品企業バイエル

このような、欧州の個別株への投資が難しい。

 

一方で米国株の投資環境は整っている。

特定口座に対応する証券会社が増えてきているのだ。

 

なので株式投資を考える際には、米国株投資を選択肢に入れたい。

スポンサーリンク

投資と貯金と、どっちがキャッシュフローを産み出すのか?

あなたにとって、お金に興味を持たせてくれた本は?

 

私は、改訂版 金持ち父さん 貧乏父さんが思い浮かぶ。

この中では、資産を「ポケットにお金を入れてくれるもの」と定義されている。

 

つまりキャッシュフローを重視しているわけだ。

では株式投資と貯金は、どっちがインカムを生んでくれるのだろうか?

貯金でも2%の利子がつくならおいしい

 

アメリカドルは、世界の基軸通貨である。

その米国は政策金利を上げている最中。

結果、米ドルの利子も上昇中。

 

たとえば米ドル建てMMFの利回りは、1.5~1.89%だ。

ちなみに、MMFは元本保証に近い投資商品ですよ。

米ドルは、興味をそそそる利回りとなっている。

 

おっと、思わず「そ」をひとつ多くタイプしてしまった。

 

しかし日本円の貯金では、利子をほとんど生み出さない。

日本円と米ドルでは、状況が異なってきている。

 

このように海外株投資をするような場合、米ドルMMFも立派な投資対象となる。

「米ドルの貯金」という選択肢があることは覚えておきたい。

高配当株といっても、配当利回りは3-5%程度

株式投資には高配当利回り銘柄が多数ある。

しかしその配当利回りは3~5%程度であることが多い。

たとえば米国株高配当ETFの分配金利回りだって、3~4%台だ。

 

これらをキャッシュフローだけの観点でみるとどうだろうか?

 

米ドル貯金と米国株投資のイールドギャップが小さくなっていると気づく。

米ドル建て貯金か株式かを悩む投資家が増えると思う。

 

いずれにせよ今回のように、米ドル建てで投資か貯金かを考えてみると

  • 米国株投資
  • 米ドル貯金

どちらも魅力的ある対象といえる。

 

とくに米ドルのMMFには興味が出てくる水準だ。

米ドルMMFの積立始めようかな。

 

関連記事の紹介

米国株投資ができるインターネット証券が増えてきた

アメリカ株取引ができる証券会社ランキング
米国株投資はインターネット証券がおすすめ アメリカ株取引ができる証券会社は、インターネット証券がおすすめです。 取扱い銘柄数は多いですし、手数料が安いからです。 2018年11月現在、インターネット証券5社が米国株投資が可能と...

 

長く続く収入源を作っていくことが望ましい。

一生続く収入源の作り方を考えてみた
「生涯つづく収入源をどう作るのか」 そんなことを考えた事はありますか? 働かなくても一生続く収入源を築き上げることができたら、こんな素敵な事はないですよね。 継続的な収入というと、私はインカムゲインがまず思い浮かび...

 

投資は富裕層だけの特権ではない

富裕層だけが投資をしているのか?
富裕層だけが投資をしているわけではない 資産運用や投資はお金持ちだけの特権なのでしょうか。 そんなことは決してありません。 日本では投資をしたいと思えば誰でも実施可能です。 現に日本では、富裕層以外の人も投資をし...

コメント