米国株投資家なら知っておきたい、日本株との年代別週次リターン比較

スポンサーリンク

米国株のメリットを、年代別週次リターンから確認

S&P500の年代別週次リターンの分布、引用:大和総研

上表はS&P500の週次(週平均)騰落率の動向です。

1970年代後半、米国株式市場には”株式の死”と呼ばれた時期がありました。

それでも1970年代の週次リターンは、マイナスとなった週が多いものの結果的にはプラスとなっていた週の方が多かったとわかります。(青色棒グラフ)

2000年代の米国株市場には、ITバブルや、リーマンショック等の大暴落が襲いかかりました。

とはいえ週次リターンをみると、プラスの週の方が圧倒的に多かったです。

株価下落・暴落局面であっても、米国株市場の強さが分かります。

米国株式は基本的に右肩上がりというデータを補完する情報。

長期投資が報われる土壌が、米国株には整っているのです。

株価暴落がいつ起きるか予測は出来ない、しかし暴落は定期的に発生している NYダウ平均株価指数の歴史をみると、株価暴落は定期的に発生していま
スポンサーリンク

米国株と日本株の年代別週次リターンを比べた結果

TOPIXの年代別週次リターンの分布、引用:大和総研

上図はTOPIX の週次(週平均)騰落率の動向です。

米国株のS&P500と比べ、マイナスになった週の比率が高くなっています。(青色棒グラフ)

1950 年代以降の年代別に比較すると、

  • 1980年代迄:騰落率がプラスになる週が多かった
  • 1990 年代 :わずかながらマイナスになる週の方が多かった
  • 2000 年代 :プラスとマイナスになる週がほぼ同数

1990年代~2000年代にかけて、週の平均リターンのマイナス幅が拡大しています。

そして2010年代になりマイナスの週の平均リターンのマイナス幅が縮小しています。

1990年・2000年代はプラスリターンの週とマイナスの週が半々でした。

2010年代になってようやくプラスリターンの週が多くなっています。

1990年代~2000年代にかけて、TOPIXなどの株価指数に投資をした場合には、投資リターンはマイナスとなることが多かったことでしょう。

日本株では長期投資が成功しにくかったと考えられます。

米国株への長期投資は、リターンを得られる可能性が高く負けにくいといえる

米国株投資にはメリットがあります。

とくに長期投資では収益を得られやすいというデータが揃っていて心強いです。

米国株投資のメリット

  1. 米国株価の力強い上昇
  2. 人口が増えている
  3. 時価総額上位に新規企業があり、イノベーションが絶えず起きている
  4. 株で運用が当たり前なのがアメリカ
  5. 世界で最も成熟した市場
  6. アメリカを通して世界中に投資が可能

2010年代になり、日本から米国株投資がしやすくなりました。

特定口座にも対応していますし、取引手数料だって安くなってきています。

株式投資をする際には、米国株を外す理由は少なくなっていると思います。

そして米国株投資家ならその優位性を理解しておきたいですね。

米国株投資には日本株にはないメリットがたくさんあります。 米国株投資のメリット 米国株価の力強い上昇 人口が増
米国株投資(アメリカ株)は、特定口座対応が当たり前の時代に 米国株の投資環境が整ってきています。 インターネット証券

米国株投資におすすめの証券会社は?

私はマネックス証券で米国株投資をしています。

証券会社別の米国株取引メリット・デメリットを考えた上での選択です。

>>米国株の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

米国株取引注文方法の比較

証券会社 時間外取引 指値日数 注文方法
SBI証券 × 15日 成行・指値
マネックス証券 あり 90日 成行・指値逆指値ツイン指値等
楽天証券 × 当日 成行・指値
アメリカ株(米国株)の取引でおすすめの証券会社はどこなのでしょうか? 私はマネックス証券推しです。 手数料、取扱い銘柄数、使い勝

関連記事の紹介

米国株と日本株の配当利回りの違いです

配当金や自社株買いは米国株の専売特許でメリット大、日本株はデメリットばかり、そう思う人はいますか? 米国株投資の特徴といえば株主還元の

配当支払いの総額を、日本株と米国株で比較してみました

米国株は配当金など株主還元に積極的です。 日本株は最近でこそ株主に目を向けていますが、まだまだ米国株には及びません。

バブル経済のころに日経平均に積立投資を開始しても、一応はプラスリターンになる結果です

「株価が最高値のときに株式投資を始めてしまったら?」 そんな不安は拭いきれません。 未来はだれにも読めないですから。