金融資産1億円を達成する7つの法則を、となりの億万長者から学んだ

スポンサーリンク

金融資産1億円といえばお金持ちの登竜門。

一般人にとってはあこがれの存在ですね。

株式投資では「億り人」という称号があるほど。

金融資産1億円というのは、ひとつのマイルストーンとなります。

すると

  • どういう人がお金持ちになるのか?
  • 金融資産1億円に到達する方法とは?

こういった疑問がうまれてきます。

こういったときにはまずはFACTを集めたい。

つまり金融資産1億円をもっている人の情報を収集するのです。

そこで参考となるのは、あなたもご存知の、となりの億万長者

お金に関するおすすめ本ですね。

金融資産1億円、お金持ちになる7つの法則

となりの億万長者によれば、金融資産1億円(100万ドル)以上を有するひとには特徴があります。

それを7つにまとめたものがこちら。

お金持ちになる7つの法則

  1. 彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する
  2. 彼らは、資産形成の為に、時間、エネルギー、金を効率よく配分している
  3. 彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが、世間体を繕うよりもずっと大切だと考える
  4. 彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない
  5. 彼らの子供たちは、経済的に自立している
  6. 彼らは、ビジネスチャンスをつかむのが上手だ
  7. 彼らは、ぴったりの職業を選んでいる

金融資産1億円の達成にむけて、ひとつずつ法則をみていきましょう。

1.収入よりはるかに低い支出で生活

これは至極当たり前のこと。

収入よりも支出が高い場合には資産が減っていくばかりですから。

お金持ちになるために計算式で表す以下の通り。

  • 将来の金融資産=(収入-支出)+資産×運用利回り

ここで重要なのは、

  • 支出がどれだけあるのかを把握すること
  • そして何に支出しているのかを可視化すること

ちなみに、支出の把握はマネーフォワードが便利でおすすめです。

金融資産1億円、お金持ちへの第一歩です。

私が資産管理ツールのマネーフォワード を導入して1年が経った。 このアプリが便利すぎるので、その使い心地の良さを3つに分解して紹介する

2.資産形成の為に、時間、エネルギー、金を効率よく配

これもごもっとも。

お金持ちになるためには、何事も効率よく配分することが重要。

とくに資産運用については無駄を省いていきましょう。

  • 将来の金融資産=(収入-支出)+資産×運用利回り

資産運用にはさまざまな方法があります。

自分のおかれている状況や性格にあった投資方法を自ら選びたいですね。

まずは資産形成の為に、時間・エネルギー・お金を配分できるかどうかが、日本人の課題。

更にどれだけエネルギーを注ぐのかは、あなた次第。

いずれにせよ1億円達成には貯金や節約だけでは困難です。

したがって資産運用がポイントとならざるをえない。

ですから株式投資やその他運用を試みたいですね。

お金を増やす方法はある お金を増やしたい! 「資産形成したい、そのために資産運用・投資をしている」そんなことを思う人は多いのではない

3.お金の心配をしない>世間体

世間体を取り繕うために支出を重ねることは多いです。

その支出は本当に必要なのでしょうか?

金融資産1億円をもっているひとは

  • 誰の為の支出なのか?
  • 自分に本当に必要か?

を考えます。

つまり人は人、自分は自分。

これは金融資産1億円を保有しているかどうかに関わらず重要です。

自分は自分、他人は他人と割り切ることが人生では大切です。

あなたの人生の経営者は、あなたなのですから。

人生の経営者は、あなた自身 金融庁が公開した国民の資産形成促進のためのビデオクリップ教材、動機篇:資産形成の重要性には、大

4.社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない

  • お金持ちの親をもっている
  • その親から援助をしてもらう

金融資産1億円に到達するには、このスキームは最強です。

両親が大金持ち、たとえば10億円以上を保有する富裕層ならば、相続するだけで簡単に金持ちになれます。

ところが金融資産1億円に到達した人の多くが、親の援助を受けていないことが分かっています。

自分の人生は自分で切り開くのです

そしてこのデータが心強いのは、金融資産1億円程度ならば、工夫次第で自分ひとりで達成可能だと示していること。

金融資産1億円を無理だと思ったらそこでおしまい。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」

という、安西先生の名言もある。

自身に暗示をかける。

1億円程度の金融資産ならば、誰でも達成可能!!

5.子供たちは経済的に自立している

金融資産1億円世帯は、子ども達も経済的に自立しています。

子どもが小さいときから、お金の教育をしていたのでしょうか。

とにかく、金融資産1億円以上世帯の子供は経済的に自立している という法則があるデータがあるのです。

6.ビジネスチャンスをつかむのが上手

  • チャンスを見出す力
  • それをつかむ行動力

迷ったら実行せよ!

と、ある時私は先輩にアドバイスをもらったことを思いだします。

金融資産1億円以上に到達しているのです。

どこかで大きなリスクをとり、チャンスをものにした人だって多いでしょう。

金融資産1億円以上世帯の人は、リスクとリターンのバランス感覚が優れているのでしょうね。

7.ぴったりの職業を選んでいる

なんだかんだいっても、職業に費やす時間は膨大です。

それだけの時間を使うのだったら、自分に合った職業を選択することが大事ですね。

職業選択の自由のあるニッポン。

不満があるならさっさと辞めて、他の職に就けばよい。

リクルートエージェントに登録すれば、転職情報は豊富です。

それをする必要がないというならば、いまの職業はあなたに合っていると考えたほうが良い。

スポンサーリンク

「となりの億万長者」はお金に興味がある人全てにおすすめできる良書

名著の誉れ高いとなりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則 

その名の通りの内容でした。

資産運用を考えている人には必読の一冊です。

となりの億万長者から、金融資産1億円達成への7つの法則を学べばお金持ちに近づけます

ともに第一歩目を歩みだしましょう。

関連記事の紹介

超富裕層は10億円以上を保有しています

お金持ちには誰しもが憧れます。 それでは超富裕層はいったいどの程度の金融資産を持っているのでしょうか? 1億円なのか? 10億円

1億円なら、工夫次第で到達できるかもしれません

億り人という言葉が投資界隈には存在する。 憧れませんか? 億り人とは投資によって金融資産1億円を達成した人を指します。

3,000万円程度まできたら、1億円への道が開けてきます

1億円の作り方 貯金が1000万円、2000万円、3000万円ある人達がいる。 彼らはどのように考えるのか? 減らしたくない、