公益事業セクターの配当金 連続増配年数ランキング

スポンサーリンク

公益株といえばディフェンシブ、ディフェンシブといえば公益銘柄。

そんな印象をもちますね。

ガス・電気・水道・鉄道など生活になくてはならない存在なのが「インフラ」

私たちの生活を支えるために大きな役割を担っています。

インフラ関連銘柄は生活に根差した企業といえるでしょう。

ディフェンシブな公益株中でも配当金を継続的に安定して支払いしている企業はさらにディフェンシブ。

さらにその配当金を毎年増やしているとなると?

そんなわけで公益セクターにおける連続増配年数ランキングTop10を選んでみました。

注:以下の指標は2018年1月時点

公益事業セクターの配当金ランキング(増配年数)

第10位:コンソリデーテッド・エジソン【ED】

  • 増配年:43年
  • PER:21.3
  • 配当:3.25%
  • 配当性向:69.2%
  • 5年増配率:2.7%/年
  • 10年増配率:1.8%/年

エネルギー事業を展開する米国の持株会社。ニューヨーク州ニューヨーク市とウェストチェスター郡で電力、ガス、蒸気を供給する。

オレンジ・アンド・ロックランド・ユーティリティーズはニューヨーク州南東部、ニュージャージー州北部、ペンシルベニア州東部で規制電力、ガス事業を展開。

第9位:ミドルセックス・ウォーター【MSEX】

  • 増配年:45年
  • PER:31.93
  • 配当:2.24%
  • 配当性向:71.6%
  • 5年増配率:2.9%/年
  • 10年増配率:2.2%/年

家庭用、商業用、工業用、防火用に浄水、給水、配水を行う米国の水道会社。

子会社を通じてニュージャージー州とデラウェア州で下水サービスを提供するほか、ニュージャージー州では公共上水道事業も展開する。

事業は、規制電力事業と未規制電力事業で構成。

第8位:ナシャナル・フュエル・ガス【NFG】

  • 増配年:47年
  • PER:16.7
  • 配当:3.02%
  • 配当性向:50.3%
  • 5年増配率:2.6%/年
  • 10年増配率:3.0%/年

総合エネルギー持株会社。

ニューヨーク州西部とペンシルベニア州北西部の顧客に天然ガスを供給。

また、ペンシルベニア州南西部とニューヨーク州ナイアガラ川間を含む2本のパイプライン、地下貯蔵施設を所有、運営。探鉱・生産部門はカリフォルニア州とアパラチア山脈で天然ガスと石油の探鉱、開発、生産を行う。

第6位タイ:コネティカット・ウォーター・サービス【CTWS】

  • 増配年:48年
  • PER:28.14
  • 配当:2.07%
  • 配当性向:58.3%
  • 5年増配率:4.1%/年
  • 10年増配率:3.1%/年

規制水道事業を行う持株会社。

コネチカットとメイン州の77市町で一般家庭、商業・工業施設、公共機関、防火用に水道水を供給。

また、土地の販売、贈与を行う不動産取引のほか、上下水施設の運営請負、災害時応急給水サービスのほか、一般家庭向け水道管水漏れ・破裂修理を行う。

第6位タイ:ブラック・ヒルズ 【BKH】

  • 増配年:47年
  • PER:22.86
  • 配当:3.16%
  • 配当性向:72.2%
  • 5年増配率:4.1%/年
  • 10年増配率:2.8%/年

米国のエネルギー事業持株会社。

公益事業部ではサウスダコタ、ワイオミング、コロラド、モンタナ各州に電力サービスを、コロラド、アイオワ、カンザス、ネブラスカ各州にガスサービスを提供する。

非規制事業部はロッキー山脈地域で天然ガス開発

第4位タイ:エスジェイダブリュー【SJW】

  • 増配年:50年
  • PER:23.7
  • 配当:1.36%
  • 配当性向:32.4%
  • 5年増配率:4.1%/年
  • 10年増配率:3.7%/年

米国の公益事業持株会社。

子会社を通し、カリフォルニア州サンノゼ地域、同州西部コマル郡と南のブランコ郡に水道サービスを提供。

また、テキサス州の水供給開発プロジェクトにも従事。その他、カリフォルニア州とテネシー州で未開発の土地を所有し、カリフォルニア州、テキサス州、アリゾナ州、テネシー州で商業ビルを所有。

第4位タイ:カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループ【CWT】

  • 増配年:50年
  • PER:31.7
  • 配当:1.59%
  • 配当性向:50.35%
  • 5年増配率:2.7%/年
  • 10年増配率:2.2%/年

米国の持株会社。

子会社を通じ、一般家庭、産業、公共、農業、防火用水の浄水、購入、貯水、消毒、水質検査、配水、給水を行う。

また、地方自治体や民間企業に水道システムの運営・管理、請求書発送、検針サービスなどの未規制サービスを提供する。

スポンサーリンク

公益事業セクター(公益銘柄)の配当金ランキングベスト3

配当金の素晴らしい記録ですね。

さすが長期安定のインフラ株。

公益事業第4位で50年連続も配当金を増やしています。

第3位:ベクトレン・コーポレーション 【VVC】

  • 増配年:58年
  • PER:24.0
  • 配当:2.77%
  • 配当性向:66.4%
  • 5年増配率:4.0%/年
  • 10年増配率:3.0%/年

エネルギー供給事業を手掛ける米国の持株会社。

子会社ベクトレン・ユーティリティ・ホールディングス、インディアナ・ガス、サザン・インディアナ・ガス・アンド・エレクトリック、ベクトレン・エナジー・デリバリー・オブ・オハイオを通じてインディアナ州とオハイオ州で天然ガス提供・輸送サービス、電気送電・配電事業を展開。

第2位:ノースウェスト・ナチュラル・ガス 【NWN】

  • 増配年:62年
  • PER:27.1
  • 配当:3.17%
  • 配当性向:85.91%
  • 5年増配率:1.0%/年
  • 10年増配率:2.7%/年

米国の天然ガス会社。

オレゴン州とワシントン州南西部地域の住宅、商業、工業顧客に天然ガスの供給に加え、ガス機器の設置、点検サービスを提供。

また、オレゴン州とカリフォルニア州の公益事業者、ガス販売業者、電力発電事業者に天然ガス貯蔵サービスを展開。

第1位:アメリカン・ステイツ・ウォーター 【AWR】

  • 増配年:63年
  • PER:31.6
  • 配当:1.76%
  • 配当性向:55.7%
  • 5年増配率:9.4%/年
  • 10年増配率:7.6%/年

米国の持株会社。

子会社の通じて事業は、水道、電気、契約サービスに分かれる。水道事業は水の購入、浄水、配水をカリフォルニア州で展開、25万7,102世帯に水道サービスを2万3,615世帯に電力を供給。

また陸軍訓練センターや空軍基地の上水道・下水道システムの運営、保守、改良・交換サービスを行う。

公益事業セクターの配当金ランキング上位10銘柄をいくつ知っていましたか?

米国では有名なインフラ株かもしれませんが、日本ではあまりなじみがありません。

株主還元意識の高いアメリカ株とはいえ、個別株に投資をする際にはその企業のことは把握しておきたいですよね。

でも米国個別株は難しい。

そんなときはETFが便利です。

米国高配当株ETFのVYMや米国増配株式ETFのVIGなんかがおすすめです。

配当金に注目の米国株マイポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

【参考:米国株 注目の51銘柄

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。