都内在住4人家族の家計簿を公開 【16年1H】

他人の家計簿って気になりませんか?

もちろん家族構成や年齢、住んでいる場所、年収によって支出は異なるでしょう。

私の場合はブログで三つの情報とともに、家計簿を赤裸々に公開しているよ。

  • 家族構成:妻1、子供2
  • 年齢  :1980年生まれ
  • 住居  :都内
スポンサーリンク

都内在住4人家族の家計簿を公開 【16年1H】

今年の目標の一つとして、支出10%抑制 を掲げた。

家計管理を実施し、対2015年支出で10%削減しよう というもの。

つまり、平均支出を40.5万/月 にする という事。

 

本年上半期の結果はどうであったか?

平均
支出合計408,596
食費76,831
住宅57,647
教養・教育52,230
保険50,487
衣服・美容39,751
日用品35,472
交際費33,420
通信費19,267
水道・光熱費15,581
趣味・娯楽13,224
自動車13,164
交通費1,523

 

6か月の総支出は、2,451,578円也。

 

惜しい。

目標達成まであとわずか!

 

予算:405,000円/月

結果:408,596 円/月

 

下半期に頑張れば、年間目標達成が可能となる。

 

スポンサーリンク

FI% 経済的自由指数

私は、

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式を重要視している。

 

2015年のFI=9.9% であった

そして2016年の目標は、13.6%

 

16年上半期

  • 受取配当金額:265,437円
  • 家計支出総額:2,451,578円
  • FI%:10.8%

 

むむむ、目標は遠い。

円高による受取配当金額(円建て)が伸び悩んでいるのが原因。

経済的自由達成への道程、2015年の進捗は9.9%
経済的自由という言葉はロバート・キヨサキ氏著作「 金持ち父さん 貧乏父さん」で有名になりましたね。 二度と働かなくてもよい経済状態状態を指します。 サラリーマンからしてみると、給与所得以外の収入で全ての生活費が賄えるという理想の...

 

スポンサーリンク

さて、どうする?

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

 

この数字を向上させるためには

  • 支出を減らす
  • 配当金額を増やす

の2パターンのみ。

 

支出はある程度目標に近づいている。

あとは配当金額をぐぐっとあげる。

 

そのためには、せっせと米国連続増配銘柄へ投資することになる。

利上げ決定→株価低迷 のタイミングに仕込めるようにしておく。

 

See you!