知識がないために滅ぼされる、それを防ぐ5つの金融教育

スポンサーリンク

ファイナンシャル教育は次の五つの要素から構成されている。

1.歴史

2.言葉の定義

3.税金

4.借金

5.コインの表と裏
金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ: 知っている人だけが得をするお金の真実 (単行本) より

これらを、米国株投資へと応用してみたい。

1.歴史

いかなる事においてもFactを集める事は重要。

ファイナンシャル教育における事実の収集は、すなわち ”歴史”

ただ、歴史といっても●●年に○○が起こった  とかそのような事は省く。

シンプルにインデックスの推移をみてみる。

日経平均 vs ダウ30平均 1984年~

160522 nikkei_dji

青:日経平均  赤:ダウ30平均

このグラフ、インデックス指数の歴史を見たならば、日本株か米国株かは自明の理。

株式投資という選択をする場合、対象国はアメリカが良いだろう。

2.言葉の定義

ファイナンシャル教育では、

・キャッシュフロー

・キャピタルゲイン

といった正しい言葉の定義を理解する事が大事。

米国株投資に応用するとなると

・値上がり目的での購入か?

・配当金目的での購入か?

を明確にしておく事で対応できる。

欲張るならば、値上がりも配当金も両方が期待できる銘柄がベスト。

二兎追わない物は、二兎を得られず

米国株のこれまでは基本的に右肩上がりであった。

そこの中で、配当金も右肩上がりの銘柄を選択すればよい。

3.税金   4.借金

出来る限り他人のお金を使い、節税を考えながら投資をする。

金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ: 知っている人だけが得をするお金の真実 (単行本) より

不動産投資とは異なり、私は株式投資では他人のお金を使う事はあまり考えない。

(信用売買など含)

なので米国株投資にこの2つの項目を当てはめる場合、

外国税額控除 を活用する

これしか思い浮かばない。

もっと効率的な応用方法はあるのかもしれないが、それは今後の課題としよう。

5.コインの表と裏

どのコインにも表と裏がある。

・お金を送る側

・お金を受け取る側

あなたはどちらに回りたいですか?

もちろん私は”お金を受け取る側”

受け取る側に立ちたいならば、ファイナンシャル教育が不可欠。

ファイナンシャル教育を受けていない人のお金は受けた人の元へと毎月流れ込む。

まとめ「わが民は、知識がないために滅ぼされる」

教育の目的は、以下のフレームワークを人が使えるようにすること。

情報の収集 → 情報処理 → 知識への変換

ファイナンシャル教育を受けていないと、情報を処理できない。

ではどうするか?

①何もせず、なんとかうまくいくように願う

②長期に渡り自分のお金を「専門家」に託し、「買って、持ち続け、そして祈る」

③自分にファイナンシャル教育を与える事に投資する。お金を投資する前に時間も投資する。

自分の人生は、自ら作っていこう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »