敗者のゲームはおススメの投資本

スポンサーリンク

チャールズ・エリス著「敗者のゲーム原著」 を読んだ。

投資初心者にも参考になる。

まさにおススメの投資本だ。

この本を読んでから投資開始できればよかった。

敗者のゲームとは

投資をテニスに例える。

そのテニスには2種類のゲームが存在する。

  • 勝者のゲーム:プロおよび天才アマチュアのゲーム
  • 敗者のゲーム:その他大多数のゲーム

プロは得点を勝ち取るのに対し、アマはミスによって得点を失う

戦争では他の条件が等しければ、戦略上のミスを最少にする側が勝つ

投資をテニスと同様に考えよう、というのが本書の趣旨である。

投資の5W1H

Who  :誰が投資するのですか? 貴方が全て選択するんですよね?

Why  :なんで投資するのですか? 当初の目的は何でしたっけ?

What   :何をするのですか?  売買を繰り返したいのですか?

Where :どこに投資したいのですか? 日本だけじゃないですよね?

How  :どうやって投資するんですか? 手間暇かけたいですか?

いろいろ考えてみましょうよ、と本書は問う。

市場平均勝ちたいのか? それとも負けない投資が良いのか?

ミスを最小にするものが勝者となれると歴史が証明しているのを思い出す必要がある。

インデックスに勝つには?

ウォーレンバフェットは投資の神様と言われている。

バフェットのようになりたいと投資家は誰しもが思う。

しかしながらどうやってインデックスに勝てばよいのか?

普通の人が市場平均に勝つためには

  1. 体力で勝つ
  2. 知力で勝つ
  3. 感情力で勝つ

つまり

  1. 市場タイミングの選択
  2. 個別銘柄 or 特定グループの選択
  3. ポートフォリオ構成ないし戦略のタイムリーな変更
  4. 優れた長期投資コンセプト or 投資哲学の開発・商品化

こういった事が必要。

実行可能性はあるのか?一般人にできるのか?

否、なかなか出来ることではない。

するとインデックス投資の優位性が浮かび上がる。

  1. 相対的に高リターン
  2. 低コスト
  3. 便利
  4. 不安や後悔を感じなくて済む
  5. 目的や長期投資方針など、最重要課題にだけ専念できる

投資方針の順守に意識を集中できるという最大のメリットがある。

読めば読むほどインデックス投資へ方針転換した方が良さそうだ と思ってくる。

このあたりは、ウォール街のランダムウォーカーにも書いてあった。

参考 ウォール街のランダム・ウォーカーはおススメの投資本

インデックス投資するなら

方法は二つある。

投資信託とETFだ。

投信 ETF
 売買手数料 低 高
 信託報酬 中 低

上図を見れば一目瞭然。

少額積立投資にはインデックス投信が適している。

NISAでは売買手数料無料だからETFでも良さそうだとは思う。

まとめ

ミスをしない事が市場に居続けられる事に繋がる。

市場に長くいれば、株式投資のリターンのばらつきは少なくなる。

そして投資の旨味を最大限に享受できる。

その方法としてインデックス投資が最適だ。

このような本を読んでから投資開始できればよかったと思う。

株式投資に興味がある or 実施済の人には、必読の名著だ。

敗者のゲーム原著第6版 [ チャールズ・D.エリス ]

価格:1,836円
(2015/11/22 11:32時点)
感想(3件)


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『敗者のゲームはおススメの投資本』へのコメント

  1. 名前:招き猫の右手 投稿日:2015/11/24(火) 17:56:01 ID:6feafba83 返信

    まさにその二著を読んでインデックス投資一本に絞っているものです。
    それまでの自分の実績からもアクティブに動いても市場に勝てる気がしませんでした。
    個別株もまだいくつか持っていますが、長い時間をかけて処分していくと思います。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2015/11/24(火) 23:32:36 ID:902daaa7b 返信

      招き猫の右手さん
      コメント頂きありがとうございます。
      投資、かつ、アーリーリタイアの先輩のご教示、大変ありがたく頂戴します。

      実は私も昨年、今年とインデックス投信積立の方が個別銘柄投資よりパフォーマンスが良いのです。

      悩みます、、、
      とりあえずは、インデックス投資と連続増配銘柄投資を半々でいこうかと思ってます。