ベストなポートフォリオとはどんなポートフォリオなのか?

本記事では、最適なポートフォリオについて考察していきます。

 

  1. 投資目的・目標の重要性を振り返り
  2. ベストなポートフォリオについて、投資本3冊の記載を確認し
  3. 私自身の投資体験談

を紹介していきます。

スポンサーリンク

投資目的や目標設定の重要性;メリット・デメリット

投資計画の立て方

投資計画の立て方、引用;バンガード社HP

 

投資目的や投資目標を言語化することは、曖昧な投資行動を避けることに繋がるメリットがあります。

資産運用は航海に例えられますが、目的地や地図、そして羅針盤がなければ安全な旅路にはつけません。

なぜ投資をするのか、その理由を理解し、行動に落としていくプロセスが未来を作るのです。

 

その結果、資産配分比率やポートフォリオが決まります。

その際、100-年齢など、最適なアセットアロケーションやポートフォリオ例は参考になります。

しかし投資家の置かれている背景は千差万別。

 

ですから一人一人に最適なポートフォリオは、投資家自身で設定する必要があるのです。

 

投資目的と目標の立て方

  • いつの時点で
  • 何のために
  • いくら必要か
  • そのためには、どう行動するのか

投資をする目的や目標がないと、アセットアロケーションやポートフォリオ構築が曖昧になる

もし、投資をする目的・目標が設定されていないと、どんなデメリットがあるでしょうか。

投資目的が設定されていないデメリット

  • 投資行動が曖昧になり、当初思っていた結果が得られない
  • すぐにポートフォリオをいじりたくなり、無駄に悩む時間が多くなる
  • 理由もなく途中で投資をやめてしまい、期待した運用リターンが得られない

 

こうした負の連鎖が生まれる可能性が高くなってしまいます。

最適なポートフォリオを検討する際には、投資目的が必須といっていいでしょう。

 

しかし目的を持たずに投資行動をする人は一定割合で存在します。

8人に1人の投資家は、投資目的をもっていないのです。

自分にベストなアセットアロケーションやポートフォリオを知るには、投資目的・目標設定が大切だと思います。

スポンサーリンク

最適なポートフォリオとはどんなポートフォリオなのか?

ベストなポートフォリオもしくは投資目的について言及している3冊の投資本を紹介します。

  1. アセットアロケーションの最適化
  2. 世界のエリート投資家は何を考えているのか
  3. 投資で一番大切な20の教え

「アセットアロケーションの最適化」による、ベストなポートフォリオの定義

任意のリスク水準および任意の期間において、

特定の投資通貨によるコスト差引後の実質幾何絶対期待トータルリターンが最も高いポートフォリオ

リスクとリターンのバランスを重要視していますね。

もちろん、ある人にピッタリの投資が、別の人にとってはまったく的外れな場合もあります。

「世界のエリート投資家は何を考えているのか」による黄金のポートフォリオ

どんな経済下でも確実に利益を出せる「黄金のポートフォリオ」

最大利回りにして最小リスク~絶対不敗の「オール・シーズンズ戦略」

レイ・ダリオ考案ポートフォリオは、通常のポートフォリオを

  • 大きく上回る利回り
  • 大きく上回る安心感
  • 大きく下回る変動幅

といった、特徴を兼ね備えています。

安心感のあるポートフォリオは、ベストなポートフォリオといってもよさそうです。

「投資で一番大切な20の教え」が考える、成功する投資の定義

成功する投資の定義とは、つまり市場と他の投資家を上回るパフォーマンスをあげることだ。

投資の目標は平均的なリターンを得ることではない。

平均を上回るリターンをあげることだ。

アクティブ運用の本懐ですね。

 

また、投資で一番大切な20の教えの中で、ハワード・マークスは次のように述べています。

つきつめれば、問題は投資家自身が何を達成しようとしているかだ

 

やはり、なぜ投資をするのか、その目的や目標設定は大切です。

スポンサーリンク

私の投資目的は人生を豊かにすること;そのためのポートフォリオは?

最後に、私自身の投資目的と目標を振り返っておきます。

 

投資の目的と目標

  • 資産運用成功により選択肢を増やし、人生を豊かにする
  • 2027年に年間キャッシュフロー500万円(税引き後)を確保する

 

経済的自由の達成をゴールとしているということ。

目標達成にむけて、インカム重視の投資行動を選択しています。

我が家の年間家計支出が500万円ちょっとなので、その金額を目標値に設定しています。

 

いまは投資の2本柱を構築中です。

  1. 配当金250万円を目指した、米国株ポートフォリオ
  2. 税引き後キャッシュフロー250万円を目指した、太陽光投資

 

株式ポートフォリオからの受け取り配当金は、達成率30%程度。

入金投資と配当再投資を続け、目標達成を目指します。

年間配当金250万円に、一歩ずつ近づけていく予定です。

 

実物資産投資は、進捗率40%程度です。

さらに2019年下半期に1,000万円ちょっとの追加投資をします。

これにより太陽光発電所5基となり、年間キャッシュフローは250万円程度となる想定。

ひとまずは実物資産投資の目標達成です。

最適なポートフォリオは、投資目的によって異なる

私のアセットアロケーションとポートフォリオは、インカム重視で構築しています。

これは、投資目的と目標を達成するためのポートフォリオであり、私にとっては最適であると考えています。

一方で、他人にとってはベストとはいえないポートフォリオに映ることでしょう。

 

投資目的が異なるので当然です。

 

資産額をもっと早く増やしたい場合には、グロース株や信用取引が選択肢に入ってきます。

老後の為に、投資ゴールをより未来において資産取り崩しを前提とするならば、株価指数や債券を織り交ぜたポートフォリオへの積立投資が最適となるかもしれません。

また経済的自由をもっと早く達成したいならば、利回りのよい一棟アパートへの投資を選ぶことになるでしょう。

 

このように、ベストなアセットアロケーションやポートフォリオは、投資目標・目的によって異なるわけです。

 

ですからベストなポートフォリオや投資方法を検討する際には、まず投資目的と目標を振り返ることが大切ですね。

 

以上、「ベストなポートフォリオとはどんなポートフォリオなのか?」でした。

 

太陽光物件なら最大手の【メガ発】
会員登録で無料ebookプレゼント

 

コメント