投資を「好き・嫌い・出来る・出来ない」の軸で考えてみた

自分に合った仕事を選ぶ際には、好き・嫌いの軸ではなく、出来るか・出来ないかで選択するとよいです。

妻と話していて教わったのですが、東大卒の林先生のコメントとのこと。

 

これ、仕事だけではなく、投資方法についても、「出来る・出来ない」の軸で選ぶというのも良いと思いませんか。

スポンサーリンク

「好きか・嫌いか」ではなく、「できるか・できないか」で選んでみる

出来る・出来ない

出来る・出来ない

 

「好き・嫌い」と「出来る・出来ない」は似ているようで異なります。

 

  • 好き だし、能力もある
  • 好き だけど、スキルがなくて出来ない
  • 嫌い だけど なぜか上手
  • 嫌い だし  上手くできない

 

最良な選択は、好きであり出来ること。

好きなものやことがなければ、自分が出来ることを探せばいいですね。

 

一方でたとえば、嫌いだけど、なぜか他人からみると上手であったり、それとなくこなせる仕事を選ぶ勇気があってもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

投資でも、「出来るか・出来ないのか」を重視してみる

出来る・出来ない

出来る・出来ない

 

投資方法を「好き・嫌い」と「できる・できない」の2軸で考えれば、4つに区分できます。

そして優先順位を「できる・できない」に置くのです。

 

  • 好き だし、できる
  • 嫌い だけど なぜか上手かも

 

嫌いな投資方法や、株式投資での個別銘柄でも、うまくできる方法を探すと良さそう。

すると、自分ができる投資先や投資方法を広げていくことに繋がります。

 

ふとした夫婦の会話や日常を、投資と結び付けてみると面白い発見がありますね。

 

年収600万円超えのサラリーマン投資家は、離婚リスクに気をつけろ
20代・30代が米国株投資をしながら合コンでモテる方法

サラリーマンが幸せになるための3つのコツ
脱社畜をするための2つの選択肢
働く理由ランキングをみて感じる3つポイント