投資仲間との勉強会・飲み会の実際とは? その内容を紹介します

スポンサーリンク

あなたには、投資仲間っていますか?

いまの世の中、単身者世帯が多いし、投資をしている人は少ない。

となると、投資仲間って少ないのが実情でしょう。

そんな私もその一人。

でもね、いつのまにか信頼できる投資仲間や先輩ができていました。

振り返れば2017年2月、人生で初めてのオフ会参加。

その後には金融庁の個人投資家向けNISA説明会に参加したことがきっかけ。

>>はじめての投資オフ会 事前準備方法と体験記を紹介するよ

いまでは投資仲間というか飲み友達というか。

そんな関係の方々と触れ合う機会をもてることに幸せを感じます。

ということで、本記事では投資家オフ会の実際を紹介していきます。

投資や金融の勉強会演者、やすべえ先生を囲む会

なぜ投資家オフ会が開かれたのか?

やすべえ先生の上京タイミングに合わせての勉強会だったのです。

さらには、デキる男テリーさんが皆にご馳走をしてくれる飲み会とのこと。

これは参加するでしょ。

幹事のすぱいくさんとサマンサさんに感謝感謝。

投資家オフ会・勉強会・飲み会の参加者はこちら

個人凍死家テリーさん 個人凍死家テリーの投資生活チラシの裏

samansaさん 毎日が美味しい

すぱいくさん 1億円を貯めてみよう!chapter2

ひいろさん エセ建築士が人生を設計するよ

みぞれんさん 株と投資信託と個人型DCと。

monibellさん 人生もお金も海外分散する話

やすべえ先生 やすべえ(先生)のマネー話

WATANKOさん 資産運用でスーパーカーを手に入れよう!

そして、はちどう の合計9名の個人投資家の集まり。

ちなみに初見の方はおらず、なんというかゆる~い感じだと想像して参加しました。

尚、投資オフ会の詳細はみぞれんが記事にされています。

こんにちは。みぞれです。 やすべえ先生が上京! 以前、すぱいくさん主催のブログ勉強会でお会いしたやすべえ先生。 mieezore.hatenablog.jp 20年近く、国内外の証券会社でトレーダーとしてご活躍されていたのですが、昨年の12月から京都に拠点を移して、日本人の金融リテラシー向上のために色々と活動されていま

スポンサーリンク

投資仲間の寛容さ

投資家勉強会が始まったときの座席はこんな具合。

この席順で、投資仲間の寛容さにふれたエピソードを紹介します。

遅刻したのは、はちどう だけという失態

都内某所で開催された、投資家勉強会。

と称した飲み会。

開始時刻には余裕で間に合う予定でした。

駅から近いしね。

と思ったら、徒歩で以外と時間がかかる。

油断しすぎか。

ということで見事な遅刻。

そして遅れて参加したのは私だけ。

それでも大人な皆さまは心温かく乾杯してくれました。

おかげで美味しいシャンパン、ビール、ハイボールを頂くことが出来ましたね。

インデックス投資ナイトとファンドオブザイヤーを間違えるという失態

参加者を見回してみると、インデックス投資ナイトの関係者の方々が多いと気づく。

そんなときには話題にあがりますよね。

とくに、すぱいくさんやテリーさんなんて運営委員でいらっしゃるから。

と思ったら、運営委員ではない?

さらにはインデックス投資ナイトとファンドオブザイヤーの違いをよく認知せずに話していた様子の私、、、

こりゃ、困った、

お酒と笑顔でごまかしちゃえ!

と思っていたら、

すぱいくさん、テリーさん、サマンサさんから、両イベントの違いについて優しくおしえて頂きました。

まさに寛容。

投資仲間の一員となり、このパーティでいまから冒険に出たくなりました。

>>ドラクエと株式投資の攻略方法があまりにも似てるので驚いた

投資仲間は、個人投資家以外の顔をあわせ持つ

飲み会には席替えタイムがつきもの。

投資家勉強会にも例外はない。

そんなわけで座席順の第二段階が上図。

ここではWATANKOさんとのお話し。

WATANKOさんに初めてお会いしたのは、2017年のつみフェス時。

>>投資仲間の作り方は共感と寛容にある、と先輩投資家に教わった話

2度目ということもあり、いろいろとお話しをうかがうことができました。

WATANKOさんは

の管理人でいらっしゃる。

ブログを拝読していると、

  • スーパーカーいっぱい持っている
  • 資産運用しなくたって、もう食べていけるのでは?
  • なんで働くの?

そんな疑問が浮かび上がります。

その質問への答えは

「そこに求められる場所があるから」

えっ、山?

マウントFUJIだよ。

偉大。

もちろんこの言葉意外にも、心に刺さるワードがありました。

人間としての深み、器の大きさの違いを感じた時間。

さらに、トイレの帰りにすれ違ったときには、

なぜか両手でシェイクハンド

私、とても励まされました。

いずれにせよ、投資仲間とは、投資家以外の一面がもちろんあり、それは人それぞれ異なる。

WATANKOさんのように親分肌で人間味のある方は、個人投資家としてもサラリーマンとしてもリーダーとなるのだなぁ、と感じた次第。

アーリーリタイア目指す前に「本業しっかりやれ!」と投資仲間が叱咤激励

座席順はめまぐるしくかわり、いつの間にか、ひいろさんが目の前に。

ここで、ひいろさんと、テリーさんは

  • アーリーリタイア目指しているとかいう人に、ロクな奴はいない
  • そんなこと言う前に本業をしっかりこなせよ!

と、おっしゃる。

お二方は分かっているのでしょうか?

私のブログ名は、「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」なんですけど、、、

これが噂のワイン妖怪か?

でもお二人の言葉には完全アグリー。

アーリーリタイアを目指すけど、本業はしっかりやりますよ、

そして本業でも投資でほどほどに成功し、サラリーマンでもアーリーリタイアが可能だと証明してみせますよ。

こんな風に思いました。

その後、Twitterでの会話では

飲み会での話題は、断片的にしか記憶に残っていないことがあり振り返る際には要注意ですね。

ここまでブログを書いていて気づいたことのひとつ。

今回の投資家オフ会では、ず~っとテリーさんの隣の席だった。

日本の未来とか、サラリーマンの在り方とか、日本の研究者たるものとか、そんな話を熱く語り合った記憶があります。

お酒が入ると、投資家同士の話題は投資だけに留まらない。

それが楽しいのです。

ありがとうございました、テリーさん。

投資の勉強、セミナーに出てみたいなら、やすべえ先生の講義を一度聞いてみては?

今回の投資家オフ会のきっかけは何だったか?

やすべえ先生の上京。

その理由は、青山学院大学での講義。

テーマは「日本の企業、外資系企業、両方で働いてみて思う事」

そんなやすべぇ先生は、金融トレーダーから転身し、日本の金融リテラシーを向上させるためにご自身で取り組みをされています。

以下はブログからの抜粋。

私は、19年間やり続けた、金融商品のトレーディングを卒業し、新たに、「金融教育家」、「ライフプランナー」となることを決心しました。

「やすべえ、子供たちに勉強を教えることはもちろん大事だが、大人たちに金融のことを教えることも大事なのではないか?」

「やすべえ、日本の金融リテラシーは先進国の中でも下位だ。やすべえは、そんな世の中を変えたいとは思わないのか?」

やすべえ先生は

  • 金融知識があり
  • 金融業界の経験が長く、
  • 話が面白い

もしあなたが投資家オフ会や勉強会・セミナーに興味があったら、やすべえ先生の講義を聞いてみるといいですよ。

最後に。

幹事のすぱいくさん、そしてご馳走いただいた皆々様、

このたびは本当にありがとうございました。

See you!

日本の金融リテラシーをみんなのチカラで向上させましょう!

関連記事の紹介です

人生はじめてのオフ会は、モニーさんに誘っていただいたのでした。頭があがりません。

生まれて初めて投資オフ会に参加した。はじめてなので事前準備をしっかりしたさ。投資オフ会がどんなものだったのかを紹介します。 はじめ

金融庁のつみフェスでは、WATANKOさんに似顔絵かいてもらいましたね

株式投資仲間が増えると情報交換ができるメリットがあるし、長期投資につながる。孤独になりがちな個人投資家の心のオアシスとなる。

アラサー女子の投資ブログはこちら

富女子という言葉が少し前に流行りましたね。 貯蓄1000万女子のことを指しますが、そもそも1000万円の貯金って無理って思っていません

コメント

  1. […] この集まりのことは、上記ブロガーの何人かの方が紹介してくださっていて、みぞれさんは、「やすべえ先生とデキる男テリーさんを囲んできました」と題して、コンパクトかつ十分にまとめていらっしゃいます。注目すべき一文は、「証券会社を辞めてから痩せて素敵になった」と書いていただいたところでしょうか。(笑) そして、はちどうきゅうどうさんは、「投資仲間との勉強会・飲み会の実際とは? その内容を紹介します」と題し、飲み仲間的な投資仲間がいることの素晴らしさを余すことなく伝えていらっしゃいます。ここは、すごく大事なことだと思っています。私はセミナーなどで「コソ投資」という言葉をよく使うのですが、「コソ勉(コソっと勉強して試験でよい点を取る)」と同じようなイメージで、コソコソ投資、いわゆる「コソ投資」をしていて、投資仲間間の意見の交換などが行われずに、結果「イイナリ投資」になってしまうケースもあったりするというお話です。 […]