スポンサーリンク

米国株 私のセクター別ポートフォリオと保有銘柄 【16年9月】

スポンサーリンク

3つの証券口座

私名義の証券口座は3つ保有している。

  1. マネックス証券 :米国株 + 過去に購入した日本株/投信
  2. SBI証券     :日本高配当株
  3. 楽天証券    :NISAで主にETF購入

2015年から赤字部分の、米国株に重きを置いて投資継続をしている。

この部分のアロケーション、セクター別ポートフォリオを算出した。

セクター別ポートフォリオ

161002-%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%82%aa

セクター 割合
金融 18%
ヘルスケア 16%
生活必需品 13%
通信 11%
一般消費財 10%
テクノロジー 10%
エネルギー 7%
公益 7%
資本財 5%
不動産 4%

金融セクターってどうなの?

私のバイブル、株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす、から引用する。

金融セクターの平均リターンは、市場シェアの拡大ぶりに比べて、まるでパッとしない。

複数の要因により成長からも金融セクターのシェアは着々と拡大していった。

だが業界の競争はつねに厳しく、結果的に、金融セクターの1957年以来のリターンは市場平均並みに抑えられた。

株式投資の未来

ですよね。

パッとしないんです、金融セクター。

私の保有銘柄も。

私の保有銘柄群

セクター別にソートしてみた。

銘柄 セクター
WFC 金融
PFF 金融
MCY 金融
CINF 金融
TAL 金融
JNJ ヘルスケア
PFE ヘルスケア
GSK ヘルスケア
PG 生活必需品
KO 生活必需品
MO 生活必需品
T 通信
VZ 通信
WMT 一般消費財
MCD 一般消費財
IBM テクノロジー
MSFT テクノロジー
XOM エネルギー
CVX エネルギー
SO 公益
NGG 公益
EMR 資本財
CAT 資本財
IFGL 不動産
IYR 不動産

ウェルズファーゴの不正発覚ニュースが世界を駆け巡る。 ウォーレン・バフェットのポートフォリオではコア銘柄なのだ。 株式投資に限らず、事件や事故はいたるところで発生する。 今回は投資格言である「事故は買い、事件は売り」を参考...

今後はどうする?

過去のリターンが優良であった銘柄を選択するのが良い。

そして、リーマンショックでもダメージが少なかった銘柄がベター。

これは私がチキンであることに由来する。

投資をしてリターン向上を狙っているくせして、リスクはとりたくない。

あぁ、我儘な私。

シーゲル銘柄とは、運用成績ランキングトップ20 ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されている。 その後に発刊されたStocks for the Long Run 5/Eでは...

不況時に強い株に投資したい。 そんな気持ち、ありませんか? 私はおおいにある。ベアマーケットでも市場に居座り続けたい! そこで今回は100年に一度の金融危機、リーマンショックの暴落時にでも株価が上昇した6銘柄を紹介...

それを満たしてくれる銘柄を割安な価格で購入できればよいが、そうは問屋が卸さない。

とりあえずいまの注目銘柄を備忘しておく。

ヘルスケア

ABT:アボット・ラボラトリーズ

JNJ:ジョンソン・エンド・ジョンソン

生活必需品

PG:プロクター&ギャンブル

KO:コカ・コーラ

MO:アルトリアグループ

一般消費財

WMT:ウォルマート

MCD:マクドナルド

そんなわけで、See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク