「経済的自由」と「お金持ち」、まず目指すのはどっち?

スポンサーリンク

お金持ちと経済的自由、似て非なるもの。はたして、どちらを目指すのか?人それぞれ考え方は違うはず。

どちらもあこがれの対象であることは疑いの余地はないでしょう。だがどちらのようが好ましいのか?お金持ちを目指すのか、経済的自由を目指すのかどっちがよいのか比較してみた。

お金持ちとは、金融資産1億円が目安

一般的に使われるのは、「富裕層」という単語。

富裕層は100万ドル以上の純金融資産を保有する人の事。

日本円では1億円 が目安。

野村総合研究所(NRI)が、日本に富裕層世帯がどのくらいの割合でいるのかを調査していますね。 上を見たらきりがないわけですが、やっぱり

スポンサーリンク

経済的自由とは、働かなくてもよい状態

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法に、よくでてくる単語。ある一定期間(日・月・年)で、お金が定期的に入ってくる仕組みを持っていて、そのお金で生活が可能となっている事。

つまり二度と働かなくてもよい状態にあること。手取のキャッシュフローが家計支出を上回っていることが条件となる。

ちなみに不動産は金融資産に含まない。すなわち、経済的自由達成者は、必ずしも「お金持ち」とは限らない。

投資をする目的

キャピタルゲイン狙いの場合

キャピタルゲインを目的とした投資は、株価が上がりそうな銘柄を購入し上がったところで売る。これをメイン手段としている投資。

キャピタルゲイン狙いの投資の目的は

「お金持ち」

となる。

インカムゲイン狙いの場合

インカムゲインすなわち受取配当金をコツコツと増やしていく方法。

つまりは、増配銘柄のバイアンドホールドもしくは、コツコツ買い増し。

評価損益がプラスとなることはウェルカムである。しかし受取配当金額により重きを置く投資方法であろう。

インカムゲイン投資の主な目的は

「経済的自由」

お金持ちを目指すか? 経済的自由を目指すか?

金融資産レベルでは

経済的自由 < お金持ち

となる。

経済的自由 = お金持ち ではない。

あくまでも「経済的自由」のさらに先に「お金持ち」があると思う。なのでまずは経済的自由を目指すのが良い。

経済的自由を目指すメリット

お金持ちではなく経済的自由を目指すメリットは何があるのか?

経済的自由の定義をシンプルにすると

  • 家計支出 < 働かなくても入ってくる収入

自分がいったいいくら使っているのかを把握すれば目標が明確になる。しっかりと数値化された目標があれば人は頑張りやすい。

難しいと思っていることも、数字で表してみるとしっかりと前進していると認識できるのだ。家計支出をインカムゲインが上回るという明確な目標があれば、資産形成もうまくいくだろう。

これがまず経済的自由を目指す最大のメリットだといえる。

経済的自由を目指す方法のひとつが配当金投資

私の場合は「お金持ち」を目指している訳ではなく、その前段階にある「経済的自由」を目指している。

経済的自由を達成するためにアメリカ株の増配銘柄をコツコツ買い増しているところ。

これが自分自身に適している投資方法だと信じているから。さらには家計支出を配当金&その他のインカムゲインが超えるという明確な数値目標が設定されているからだ。

See you!

配当金というインカムゲインの極大化を目指してアメリカ株投資を実施している。

キャピタルゲイン派とインカムゲイン派に分かれる投資家 インカムゲインとは資産を保有しながらに得られる利益を指す。 株式の

配当金は利回りが一桁%である。メリットを体感する為にはある程度の投資元本が必要となるだろう。

「インカムゲイン狙いに絞ってアメリカ株投資をしているのはなぜだろう?」 私が配当金投資をしているのは、将来への期待よりもいま目に見える

米国株投資とは決して難しいものではない。英語も不要だし、インターネット証券でサクッと簡単な取引が可能なのだ。

アメリカ株(米国株)の取引でおすすめの証券会社はどこなのでしょうか? 本記事では証券会社を比較し、米国株投資をする際のポイントをまとめ