【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETFを売却

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【VT】を売却

これ一本で世界に分散投資が可能なETF

日本で大人気の、バンガード・トータル・ワールド・ストックETFを売却した。

 

保有 :50株

売却値:$60.3

 

これにより年間66ドル前後の分配金の権利を失った。

 

【VT】の分配金

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの分配金は上昇傾向とは言えない。

 

160806 VT dividend

 

datedividend
2016年6月0.466
2016年3月0.222
2015年12月0.368
2015年9月0.279
2015年6月0.453
2015年3月0.314
2014年12月0.378
2014年9月0.289
2014年6月0.463
2014年3月0.334
2013年12月0.374
2013年9月0.245
2013年6月0.439
2013年3月0.164
2012年12月0.555

 

売却理由

それは投資ポリシーに反しているから。

上述のように【VT】での増配傾向はみられない。

世界に分散投資が出来ても、受取分配金は増えない。

 

そんな訳で保有分を全部売却。

 

売却 バフェット銘柄 アメリカン・エクスプレス 【AXP】
アメリカン・エクスプレス【AXP】を売却 バフェット銘柄であるアメックス【AXP】を売却した。 保有 :10株 売却値:$63.77 これにより、年間$11.6の配当金の権利(予定)を失った。 微々...

 

今後はどうする?

セクター別ポートフォリオのリバランスを継続。

具体的には

  • 生活必需品銘柄の補強 (PG、KO、MO)
  • 金融銘柄の売却 (MCY、PFF)

【PFF】の売却は本当に実施するかどうかは悩み中。

https://america-kabu.com/2016/08/05/rebalance/

 

こんな感じでこれからも株式市場に居続ける為に試行錯誤していく

 

See you!

 

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

売買記録
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント