スポンサーリンク

ポートフォリオのリバランスをS&P500のセクター割合と比較をして実施してみる

資産運用では、運用方針の策定が最重要だといわれる。

つまりアセットアロケーションがKeyだということだ。

資産配分比率によって運用リターンの9割が決まるとさえ言われる。

このたび私はセクターアロケーションのリバランスをすることにした。

S&P500のセクター分布と比較しつつ実施するので、その方法を記録しておく。

スポンサーリンク

ポートフォリオ、セクター別リバランスの検討

ブレグジット時に、セクター別リバランスを決行しようと思った。

  1. 自分のセクターアロケーションを把握する
  2. S&P500の業種別割合と比較をする
  3. そのギャップをうめる

この際、下記2つの業種を補強しようと試みた。

  • テクノロジー
  • 生活必需品

これに対応し、2つのアクションは実施済である。

アルトリア【MO】の定期購読

コカ・コーラ【KO】の新規購入

セクター別ポートフォリオ 16年6月25日

160626 sector1

金融セクターが多い。

この是正は必要なのでは?

また、シーゲル先生推奨の生活必需品セクターを増強したい。

S&P500との比較

160626 sa

S&P500と比較しても、金融セクターが多い事がわかる。

対応策として、2パターンが考えられる。

・他セクターを補強して金融銘柄の割合を下げる

・金融銘柄を売却し比率を下げる

そして生活必需品セクターの比率を少し上げたい。

で、どうする?

セクター別ポートフォリオのリバランスを断行する。

具体的には

  • 生活必需品銘柄の補強 (PG、KO、MO)
  • 金融銘柄の売却 (MCY、PFF)

さらには、分散しすぎなので、

  • VTの売却も検討

おっと、思いつきな感じは否めない。

あなた、そう思いませんか?

私は思う。

これって思いつきでしょう!

それでもポートフォリオのリバランスを実行していく。

銘柄数がちょっと多いので、整理したいんだな。

自己肯定をしつつ、今後も米国連続増配銘柄へ継続投資していこう!

See you!

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする