配当再投資の3つの弱点

スポンサーリンク

配当再投資のメリット

  1. 精神的負担が少ないこと
  2. 継続できること
  3. 管理に手間がかからないこと

配当再投資戦略は、長い目でみて、花が咲くのをじっと待つ

配当再投資の3つのメリット
配当再投資のメリット 第一に、精神的負担が少ないこと25年連続増配の配当貴族を例にとれば、過去から学ぶ限り、トータルリターンは堅持されることが分かっている ゆえに、株価動向を気にせずとも良い また、...

メリットは十分に理解できた。

ではその逆、デメリットや弱点はないのか?

配当再投資の弱点

①初期投資額がものを言う

これは実際に配当再投資を実施している私も感じること。

米国株配当投資では、利回りが3~3.5%程度を狙う。

この場合、

初期投資額:100万円であれば、年間3万円

初期投資額:1000万 ならば、年間30万

初期投資額:1億円  ならば、年間300万

となる。

配当再投資は複利の力を使って資産を雪だるま式に増やしてくれる。

だがその雪だるまも、初期投資額が少なければ最初の玉を作るのに時間を要する。

②長い年月を要する

配当再投資のメリットを享受するには時間がかかる。

ではどの程度の時間を要するか?

このケースで計算してみた。

  • 初期投資額:1,000万円
  • 配当利回り:3.0%
  • 追加投資 :なし
経過年数複利単利
1年1,0301,030
2年1,0611,060
3年1,0931,090
4年1,1261,120
5年1,1591,150
6年1,1941,180
7年1,2301,210
8年1,2671,240
9年1,3051,270
10年1,3441,300
11年1,3841,330
12年1,4261,360
13年1,4691,390
14年1,5131,420
15年1,558 1,450
16年1,6051,480
17年1,6531,510
18年1,7021,540
19年1,7541,570
20年1,806 1,600
21年1,8601,630
22年1,9161,660
23年1,9741,690
24年2,0331,720
25年2,0941,750
26年2,1571,780
27年2,2211,810
28年2,2881,840
29年2,3571,870
30年2,427 1,900

ごらんのとおり、ものすごーくながい年月がかかる。

具体的には

15年で初期投資額の10% の違い

20年で初期投資額の20% の違い

30年で初期投資額の50% の違い

グラフで表すとこのようになる↓

160910-dividend

15年経過後ころから、差が目に見えてわかるようになる。

③追加投資が必要

上述のように、投資初期額のみで配当再投資をした場合、複利の果実を享受できるまでの期間は15年以上かかる。

対策としては

  • 初期投資額を大きくする
  • 超長期のスパンで目標設定する
  • 早く投資を始める

これらは困難であるので、現実的な対応としては、適宜追加投資をする が妥当。

結局は、”配当再投資には一定額以上の投資元本が必要” という事に集約される。

まとめ

配当再投資戦略の弱点は一定額以上の投資元本が必要 である事。

分解すると

  • ①初期投資額がものを言う
  • ②長い年月を要する
  • ③追加投資が必要(①②が出来ないなら)

メリット・デメリットを理解した上で配当再投資を行えば、結果はついてくる。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『配当再投資の3つの弱点』へのコメント

  1. 名前:lady madonna 投稿日:2016/09/10(土) 23:08:52 ID:262d319ae 返信

    配当再投資には、通常の購入と同じように手数料がかかるのと、単元数(1株)分は資金が必要になってくるので、毎回全ての銘柄に配当金のみで再投資するのは難しいと思われます。米国株式ならば、やはりDRIPという仕組みを利用するのが良いと思うのですがいかがでしょう?DRIPならば、0.1株など、通常では購入できない単位でも購入できますし。
    私はこの仕組みを利用して、今月だとJNJが今231.3932株所有となっております。
    Dividend Snowball Investingさんなんかもその仕組みを利用していますね。
    ココらへんが詳しく書かれています。
    http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-1768.html

    やはり長期投資を考えていくならば、税金や手数料などは少しでも省いていけるほうが良いと思うのです。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/09/11(日) 23:12:13 ID:56221cd89 返信

      lady madonnaさん、
      コメントありがとうございます。
      私もDRIPの方が良いと考えます。

      実は、過去に「配当金を雪だるま式に増やす投資日記」 ~Dividend Snowball Investing~のgonchan0810さんにコメント欄で質問した事もありました。Firstrade証券をお使いだったと記憶しています。
      その回答を受けて私も口座開設を検討しましたが、税金対策の方法が分かりかねたので手を出せずにいました。

      いずれにせよ、税金や手数料は投資リターンに大きく影響を与えるので安く済ませるのが吉ですよね。

  2. 名前:チンギスハン 投稿日:2016/12/10(土) 00:20:11 ID:932bafb60 返信

    初めまして。チンギスハンです。コメントありがとうございました。愛読している方からコメントをもらってちょっとびっくりしました。ありがとうございます。ツイッターでも返信しましたが、ハイテク音痴で、ツイッターは使ってなかったのでこちらにも重複かもしれませんが返信させていただきました。まだまだ実行が伴っていません。今後もご指摘よろしくお願いします。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/12/10(土) 08:53:00 ID:cf2878dfb 返信

      チンギスハンさん、
      はじめまして。こんにちは。
      モンゴル帝国皇帝の写真が貴ブログの表紙にあり、どんな方なのかなぁ?と思い拝読いたしました。
      人生の大先輩ですし、投資経験も豊富でいらっしゃる様子ですのでどのようにお考えになられているのか興味深いですし、これからも更新を楽しみにしております。
      引き続きよろしくお願いいたします。