経済的自由・アーリーリタイア

年収いくらが幸せか? 収入と幸福度の相関

幸せになるには、収入は高ければ高いほどよいのか? 相関はあるが、、、 収入と幸福感には相関性があります。 しかしその相関係数は0.1~0.2程度。 つまり、年収と幸福感の関連性はあまり強くないのです。 で...
ブログ運営

米国株ブログを4年以上続けている理由;アウトプットの重要性

なぜ米国株投資ブログを継続しているのか? はちどうがブログを続けている理由は、家族持ちのサラリーマンでも米国株や不労所得によってアーリーリタイアが可能であることを証明したいからです。 他の投資ブロガーは、どういった目的でブロ...
経済的自由・アーリーリタイア

アーリーリタイアには資金がいくら必要なのか?

セミリタイアだとかアーリーリタイアだとかには、いったいいくらのお金が必要なのでしょうか? 資金としては1億円~2億円くらいあると嬉しいですね。 もちろん生活費、年間支出の金額によって異なります。 あとは年齢ですね。...
2019.09.24
経済的自由・アーリーリタイア

私がアーリーリタイアを目指してブログ投稿している3つの理由

なぜブログでアーリーリタイアメントを目指す過程を記録するのか? 私が早期退職を目指している道程をブログ投稿するのは、3つの理由があります。 事前に宣言をし、目標達成だと証明したい アーリーリタイアを目指す人の参考になり...
2019.09.24
米国株投資のメリット

【株式投資のリターン】米国株は運用利回り国別ランキングで何位?

本記事では、ジェレミー・シーゲル著株式投資 第4版を参考に、国別の株式投資運用利回りを比較します。 1900年~2012年の米国株は、第3位にランクイン。 長期運用利回りでは、米国株は外せない存在となっていました。 ...
2019.09.24
米国株投資のメリット

米国株投資のホームカントリーバイアスとは?

米国人の母国バイアス;アメリカ株投資編 米国株投資では、アメリカ人によるホームカントリーバイアスがあります。 つまり米国人は、アメリカ株にばかり投資しがちということ。 だからアメリカ人は、「世界株式への分散投資をしましょう」と...
米国株投資のメリット

米国株の配当成長投資 S&P500の20年連続増配銘柄はいくつ?

米国株投資のメリット;配当金が増えていく 米国株の投資戦略のひとつに、配当成長投資があります。 Dividend Growth Investment Strategyですね。 DGIと略されることが多いです。 ...
経済的自由・アーリーリタイア

複数の収入源を作る方法の考え方:会社員編

会社員は、収入の複線化をした方が安心 サラリーマンは、副収入を持っていた方が安心。 給料が安定して増える時代は終わったからです。 年収が増えても、手取りがちっとも増えないですからね。 もちろん会社員には、安定した...
2019.09.22
子どもと学ぶ株式投資

家事の時短グッズが必要な5つの理由 共働き世帯の割合からの考察

本記事では、家事の時短グッズ・家電がどれだけ大切なのか、その理由を考察していきます。 専業主婦になりたいひとの割合は8%しか存在しません 共働き世帯が多数ですが、女性の家事負担率は89%と圧倒的に大きいです 不平等...
2019.09.22
経済的自由・アーリーリタイア

4%ルールは低金利時代には通用しない?【資産取り崩し方法】

老後資金の4%ルールは、もはや通用しない 引退後の資産取り崩し戦略。 4%ルールが通用しない時代に突入しています。 債券の実質リターンが低下しているからです。 4%ルールとは、1926年から30年の米国過...
高配当株投資

【米国株の配当金】トータルリターンに占める割合は82%も?

米国株のトータルリターンには、配当金が大きく寄与してきた 株式投資のリターンは、キャピタルゲインとインカムゲインに分けられます。 値上がり益と、配当金ということです。 この両者を合わせたトータルリターンに対し、配当金は想像以上...
2019.09.21
太陽光発電投資

【太陽光投資】工事費負担金が30万円も安くなった話

役所や大企業が相手の取引でも、お金は確認した方よい 太陽光投資で、工事費負担金の請求額が間違っていた経験をしました。 TEPCOに問い合わせをしたら、あっさりと30万円以上も負担金が減ったのです。 過大請求に対...
タイトルとURLをコピーしました