家族の理解があってこその太陽光投資、妻を社長にした我が家の方法

スポンサーリンク

家族、とくに妻に理解を得た太陽光投資は、「実家に寄りやすいこと」

家族持ちで投資をする際は、家族の理解を得ることが大切だと思います。

なぜ投資をするのか、その理由が自分だけの為ならば別。

しかし投資目的が「家族」に関連することならば、やはり家族の理解は必要でしょう。

 

とくに融資を受けて、借入金を背負っての実物資産投資ならば尚更です。

我が家を振り返ると、2018年から野立て太陽光発電投資を開始しました。

妻を代表社員にした合同会社による投資です。

 

手始めに投資をした2案件はフルローン

法人設立してすぐに借金をしたのです。

ですから家族の理解を得ることは必須の投資案件でした。

 

こんな時、「妻の実家に寄りやすい場所にある投資先」という選定理由は、大きな効力を発揮。

妻の実家は千葉県であり、投資する発電所も千葉県内を探したのです。

キャッシュフローはもちろん、実家への帰省と発電所視察という一挙両得を狙った投資ということ。

 

この夏、家族で発電所視察をして妻の実家に寄ったメリットを体験したので紹介します。

千葉県にある発電所の視察は雑草により難航するも、妻の実家で気分爽快

太陽光投資の視察1

太陽光投資の視察1

夏場の発電所入口は、恐ろしい状況になっていました。

入口まで1.5mほどの間、雑草が生い茂っていたのです。

私が作業服に着替えている間に、妻がチョキチョキと雑草を切り始めていましたね。

 

太陽光投資の視察1

太陽光投資の視察2

こんなこともあろうかと、剪定ばさみを購入していましたのです。

約10分程の草刈り作業で、発電所入り口までたどり着きました。

 

太陽光投資の視察3

太陽光投資の視察3

発電所内は防草シートがあるので雑草は少ないです。

とはいえ、くぎ打ちしてあるところから草がちらほら顔出ししていました。

恐るべし自然の猛威。

 

家族でサクサクっと雑草刈り。

敵は若い芽のうちに潰しておくに限ります。

20分程度はかかってしまいましたね。

 

この後、もう1基の投資先にも視察をしてきました。

同じく発電所の周辺は雑草が生い茂っている状況

防草シートが無かったらと思うとぞっとします。

 

こちらの発電所では、40分程度の草刈り作業をして終了。

子ども達はすっかり疲れて?飽きて?雑草対策どころではありませんでしたけどね。

その後、妻作成のお弁当(昼ごはん)を食べ、実家へと向かいました。

 

投資案件から妻の実家まで、同じ県内とはいえ車で1時間ちょっとかかります。

それでもせっかく来たのです。帰省しますよ。

 

妻の実家でシャワーを浴び、スカッと爽快。

夜のビールがまた旨い。

 

このように発電所視察を兼ねて、妻の実家に帰省できるメリットは大きいですね。

経費使えますしね。

 

今回の学びとして、防草シートが無い発電所入口には、除草剤必須ということ。

そして防草シートから顔出ししている雑草にも、除草剤をかけてやりたい気持ちでいっぱいです。

 

そんなわけで次回視察では、バイエル社が買収したモンサントが要する、話題のラウンドアップを購入して臨みます。

発がん性には要注意

子どもには扱わせないようにしないとね。

スポンサーリンク

家族の理解を得て投資をする方法

家族の理解を得た上で投資をするなら、嫁ブロックは避けなくてはなりません。

投資の嫁ブロックを防ぐ方法

  1. 妻を理解して
  2. 妻に理解される
  3. お互い嘘はつかない
  4. 奥さんの意見を認める
  5. 妻との約束は守る

 

そして家族の理解を得る方法は以下4項目の説明が必須だと思います。

  1. なぜ投資をするのか?
  2. 何に投資をするのか?
  3. いくら投資をするのか?
  4. 投資の手間はどの程度かかるのか?

とくに妻子ある個人投資家は、保有する資産への手間が家族にどれほど受け入れられるのかを確認しておくことが良いです。

資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資」を読んだら、投資に対する家族の理解の重要性について再認識させられました。

 

投資には多くの商品かま存在しており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

しかもそのメリット・デメリットは、人により捉え方が様々。

夫婦間でだって、感じ方は異なるでしょう。

 

だから家族で理解し合えた投資をすることが大切なのです。

 

たとえば株式投資と比較し、太陽光投資は手間暇がかかります。

私にとっては雑草対策含めて管理を全外注したいと思うほどメンドウ。

他方で「妻の実家に寄りやすい」というメリットがあります。

家族円満につながりますよね。

 

こうした実物資産投資のメリット・デメリットを理解して資産運用をすると、家族みんながハッピーになることでしょう。

 

妻の実家に近いエリアに実物資産投資。

視察を兼ねての実家帰省。

妻の理解を得るための、ひとつの解決策ですね。

 

こんな感じで、太陽光投資による年収1,000万円を目指していきます。

免税事業者狙いなので正確には売電収入900万円ちょっと狙いですけどね。

 

投資で家族の理解を得る方法として参加になれば幸いです。

以上、「家族の理解があってこその太陽光投資、妻を社長にした我が家の方法」でした。

 

【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電一括見積り!

 

関連記事の紹介

妻子持ちでアーリーリタイアを目指すなら、家族の理解は必須

39歳、家族持ちでアーリーリタイアをする方法【ユーチューバ―編】
アラフォー、一般的な年収で、家族持ちなのにアーリーリタイアできた一家 30代のユーチューバ―が、アーリーリタイアを達成したという動画を見ました。 家族持ちでのFIRE達成とのこと。 39歳でFIRE達成(経済的自由を達成し...

 

太陽光投資は手間暇かからない不労所得だと思っていましたが、いざ発電所視察をしてみると雑草対策がメンドウだと感じています

投資で得た不労所得をブログで公開【2019年7月】
投資による不労所得とは?どんな運用方針なの? この記事では、2019年7月に投資で得た不労所得をまとめています。 はちどうの運用は、副収入や不労所得を積み重ねていく ことです。 7月の運用実績は・・・ ...

 

太陽光投資をするなら、インフラファンド投資がお手軽でおすすめですよ

実物太陽光投資と比較したインフラファンドのメリット・デメリット
野立て太陽光発電所投資と比較した「インフラファンド」のメリット・デメリット 実物資産への投資の一つとして、数万円から始められるインフラファンドが注目されています。 「インフラファンド」とは、「J-RE...

コメント