「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読んだ感想

スポンサーリンク

NightWalker’s Investment Blogの管理人、NightWalkerさんが、投資本を発刊されました。

世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました

本記事は読書後の感想を思うままに投稿します。

世界一ラクなお金の増やし方の著者、ナイトウォーカーさんとは?

ナイトウォーカーさんとはブログ相互リンクでもあり、投資仲間でもあります。

初めてお会いしたのは2017年の金融庁主催つみたてNISA説明会のとき。

インデックス投資を主体としたつみたてNISAが始まっている今、良い思い出です。

>>インデックス投資は、つみたてNISAがおすすめ【つみフェス2017】

ナイトウォーカーさんは50代でアーリーリタイアを成し遂げておられる。

私にとってはある種あこがれの存在。

実際にお会いしたナイトウォーカーさんは、おおらかで包容力のある方でした。

本当に仙人様です。

そんなナイトウォーカーさんと初めて会ったときのこと。

お互いに挨拶を済ませ、少しお話ししていると

「はちどうさんは、なんでアーリーリタイアを目指しているのですか?」

と私に問いかけてくださる。

なんと、ブログを読んでいただいていたのです。

例えてみればインデックス投資ブログの御三家のようなお方。

そんなナイトウォーカーさんから、幣ブログ名に関連した話題を提供していただきました。

素直に感動、嬉しかった思い出はいまでも忘れられません。

私の回答はこんな感じだったと記憶しています。

  • 経済的自由になり、アーリーリタイアできる状態になりたい
  • そのときに自分がどのような選択をするのか楽しみたい
  • リタイア後に何かしたいというのはまだ見つかっていない

その後も金融庁主催イベントでお会いする機会がありました。

他人への配慮をしつつ、常ににこやかな笑顔。

ブログでも著作でも、ご本人の人柄すべてがにじみ出ていらっしゃる。

仙人様というのはまさにナイトウォーカーさんのような方なのだろうと思います。

そのNightWalkerさんが投資本を上梓されたのです。

スポンサーリンク

「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」の感想

「世界一ラクなお金の増やし方」では、ナイトウォーカーさん節で話が進んでいきます。

つまり難しいことをわかりやすく説明してくれているのです。

そこは著者のお人柄。

ところが優しい言葉の中にも、

「インデックス投資の意義を多くの人に知ってもらいたい」

という強い思いが垣間見えました。

著作を拝読すると、軽妙な語り口の中に、熱い想いを感じるのです。

20代・30代は、先達・仙人様の教えをしっかり受け止めたい。

世界一ラクなお金の増やし方は、

  • 株式投資の、普遍的な理論・原則
  • ご自身の体験と、その時々に感じた事
  • そこから導される、他者へのアドバイス

これらが網羅されています。

相場や家族などの外部環境と、ご自身の思いの内部要因を綴っておられる。

一人の人生の物語であり、そのストーリーに惹きつけられます。

株式投資をしている人が少ない日本で、メンターを見つけるのは難しいのが現状。

そこを埋めてくれるのが本書です。

理論だけではなく、経験と説得力があるからでしょう。

この先、辛い事もあるはず。

そんなときには「世界一ラクなお金の増やし方」を読み返したいです。

アーリーリタイアは究極の自己責任

ナイトウォーカーさんは、

  • サラリーマン投資家
  • 経済的自由人
  • アーリーリタイア

この3つを経験されています。

しかもご家族もち。

これはインデックス投資界隈では稀ではないでしょうか。

人生の節目節目で、覚悟をもってご決断されたのだろうと推察します。

だからこそ、6章・7章は繰り返し読みたい。

  • 第6章:アーリーリタイアする時チェックしたこと
  • 第7章:世界一カンタン、ゆるトク出口戦略

とくにアーリーリタイアについては個人的に興味深いです。

本書が届いた当日、私は6章を2回読みました。

人生の主人公は自分自身

そんなナイトウォーカーさんの言葉

主体性をもって仕事に取り組めば、サラリーマンでも自由になれる

20代・30代は肝に銘じておきたい。

インデックスの積立投資はノーベル賞級の投資方法です。

それはサラリーマンの給料があってこそ。

そのサラリーマン生活に、主体性をもつことが望まれる。

投資は人生を豊かにする手段。

主体性をもてば、人生も楽しく豊かになる。

投資であろうが、サラリーマン生活であろうが、人生の主人公はあなた自身。

そんなメッセージなのだと受け止めました。

このように、「世界一ラクなお金の増やし方」は、投資だけではなく人生について見つめなおす機会を与えてくれます。

  • 自分が何を望んでいるのか?
  • 将来どうなりたいのか?

本書を読み、まずは主体性をもって仕事に取り組んで、サラリーマンでも何でも、自由な人生を送ろう。

これが読みながらの感想。

私を含め、悩み多き20代・30代サラリーマンにおすすめの投資本・人生本です。

関連記事です

個人投資家の著作といえば、バフェット太郎さんが有名ですね。

バフェット太郎さんの本。いよいよ発売です。 その名も バカでも稼げる「米国株」高配当投資

天気と株式市場を関連づけた投資本も興味深いく面白いです。

株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲けるは、楽しく投資をしたい人におすすめの投資本 森和夫氏の著作、株は「ゲリラ豪雨」で買い

お金全般についても良書が多くあります

お金があると人生が豊かになります。 もちろんお金が全てではありません。 それでもお金が無いよりはある方が選択肢が増えるのですよね