バフェット太郎さん本 バカでも稼げる「米国株」高配当投資の感想

スポンサーリンク

バフェット太郎さんの本。いよいよ発売です。

その名も

バカでも稼げる「米国株」高配当投資

パフォーマーであるバフェット太郎さんらしいタイトルですね。

思わず目を留めてしまいます。

ブロガー友達でもあるバフェット太郎さんが、バカでも稼げる「米国株」高配当投資を出版されるということで、献本頂きました。

(勝手に友だちといってしまったけど)

そんなバフェット太郎さんの「米国株投資を日本でもスタンダードにしたい」という熱い想いをうけて書評というか感想を書きます。

バフェット太郎氏とは?

あなたもご存知なように、株式投資をする多くの人から注目されるブロガーです。

  • 日本一アンチの多い米国株ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」の管理人。

米国株投資をしている方なら知らぬものはいないでしょう。

米国株ブログ界のカリスマ。

いや、リーダーかな?

塩野七生氏の「ローマ人の物語」には下記記載があります。

イタリアの学校の教科書。指導者に求められる資質は次の五つである。

  • 知性
  • 説得力
  • 肉体上の耐久力
  • 自己制御の能力
  • 持続する意志

カエサルだけが、このすべてを持っていた

なんとなく、バフェット太郎さんに重ねてしまうのですよね。

煽り気味のタイトルで失礼します。突然ですがバフェット太郎、本を出します!!あがってきた表紙を見て「あれ、思ってたのと違うなw」とか思ったんですけど、これくらいしないと米国株って注目されないから、ちょうどいいのかなって思ってる。本書は「これから株式投資を始
スポンサーリンク

バフェット太郎さん本 バカでも稼げる「米国株」高配当投資の目次

  • 序章 庶民がお金持ちになれるたった一つの方法
  • 第1章 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
  • 第2章 米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
  • 第3章 金が金を生む配当マネー・マシン その作り方
  • 第4章 ど素人投資家への正しい投資の技法

全208ページで構成されている米国株投資本です。

バフェット太郎さんのブログでは

バフェット太郎がこれは個人投資家にとって大切だなって思ってる投資ノウハウを一冊の本に凝縮して仕上げました!

とあります。

サラリーマンとして働きながら毎日2回のブログ投稿、さらには投資本まで書いてしまうというタフガイ。

そんなバフェット太郎さんが、分かりやすく米国株投資について語ってくれています。

バフェット太郎氏著作 バカでも稼げる「米国株」高配当投資の内容を少し紹介

本の中身を書いてしまうとネタバレなので、気になったところをちょっとだけ紹介します。

「米国株はブームじゃなくって、これからのスタンダード」

この言葉に完全同意ですね。

なにせ世界の株式市場の半分以上のシェアを米国が占めているのです。

「株式投資といえば米国株」というのが世界標準です。

その米国株を簡単に取引できるようになっている日本。

バフェット太郎さんのおっしゃるように、いまの20代~40代の現役世代のポートフォリオは、米国株を中心とした分散投資になっていくのだろうと思います。

「積立投資ができる環境を作るってことは大事」

この言葉をバフェット太郎さんが発すると、心にグサッとさります。

バフェット太郎さんといえば月50万円の入金投資を継続されていらっしゃいますから。

バカでも稼げる「米国株」高配当投資から引用させて頂きます。

確実にお金持ちになりたいなら、投資をどううまくやるかということと同じくらい、積立投資ができる環境を作るってことは大事なんです。

これは、コラム「誰もが月5万円の積立投資ができる方法」に記載されています。

つまり

  • 積立投資が可能な環境つくり ≒ 投資をうまくやる

黒字家計の重要性を説いています。

サラリーマンならば、この考え方は大切だと思います。

バフェット太郎本はだれにおすすめか?

バフェット太郎さんといえば、70万PV/月という超売れっ子の米国株ブロガーです。

そんなバフェット太郎氏著作なのですから、多くの方におすすめできる投資本でしょう。

とはいえあえて誰におすすめしたいのかを紹介します。

「そろそろ副業的に投資でも始めてみようかな」と考えている20代~40代のサラリーマン

バカでも稼げる「米国株」高配当投資によれば、本書はこれから投資を始めてみよかなと考えている人、つまり11年前のバフェット太郎氏に向けて書かれた内容とのこと。

  • 投資でもしてみようかな
  • 株式投資に興味がでてきた
  • 米国株って何だろう?

こんな風に思う、20代・30代・40代サラリーマンにおすすめです。

バフェット太郎の秘密のポートフォリオの読者にもおすすめ

僕はバフェット太郎、出典:バカでも稼げる「米国株」高配当投資

バフェット太郎の秘密のポートフォリオを購読されている、あなた。

バカでも稼げる「米国株」高配当投資は早く買って読んでおいた方がいいですよ。

なにせ冒頭からマンガのバフェット太郎さんが登場しますので。

さらにはバフェット太郎語録が出てくるのかも楽しみですよね。

  • クソダサい
  • バカ
  • キチ〇イ

いずれにしても、本記事を読んだあなたは今すぐAmazonでポチッしましょう。

バカでも稼げる「米国株」高配当投資

資本主義社会の恩恵を享受できるでしょうし、バフェット太郎氏のエンターテインメントの世界に触れることができますから。

グッドラック。

バフェット太郎さん本はこちら→バカでも稼げる「米国株」高配当投資

関連記事の紹介

バフェット太郎氏もおすすめしているジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」はデータが豊富ですし、一度読んでみるといいですね。

ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」 米国株投資だけでなくインデックス投資ブロガーからもおすすめ投資本No.1の呼び声高い。

ウォール街のランダムウォーカーは、バフェット太郎さんも名著とうたっています。

多くの個人投資家からおすすめ投資本として評価されている「ウォール街のランダム・ウォーカー」を初めて読んだ。 非常に感銘を受けた。

バフェットの右腕はマンガ―。バフェット太郎さんの右腕はどうなのか気になるところです。

マンガ―の投資術とは、チャーリー・マンガ―の投資哲学を手元に置いておけるおすすめの投資本である。 ちなみにマンガ―とはバフェットの親友