米国株ポートフォリオからの配当金を公開 【17年1月】

スポンサーリンク

対象

私名義の証券口座を3つ保有している。

  1. マネックス証券 :米国株 + 過去に購入した日本株/投信
  2. SBI証券     :日本高配当株
  3. 楽天証券    :NISAで主にETF購入

今回は赤字部分、アメリカ株の配当成長ポートフォリオの配当金を記録しておく。

 

スポンサーリンク

マイルストーン

家計における勤労所得:財産所得比率は

  • 3:1(アメリカ)
  • 8:1(日本)

と報告されている。

 

財産所得(私の場合は配当金)が勤労所得のどの位の割合を占めるかのマイルストーンとして

  • 12.5% (日本平均)
  • 33.3% (アメリカ平均)

の数値は覚えておきたい。

 

*参考:サラリーマンは給料の12.5%の財産所得獲得をまずは目指せ

 

スポンサーリンク

アメリカ株からの配当金【17年1月】

1月の受取配当金はは、8銘柄から241.35ドルであった。

2015年1月からの月毎推移は以下の通り。

 

ゆるやかな右肩上がりである事は感じられる。

それでも配当金再投資だけではまだまだスピード感が足りないので、追加資金投下を続けていく。

 

スポンサーリンク

アメリカ株からの配当金 個別銘柄

銘柄名称株数受取$
IYRiシェアーズ 米国不動産 ETF2015.45
PFFiシェアーズ 米国優先株式 ETF13018.96
IFGLiシェアーズ 先進国(除く米国)不動産 ETF10093.08
WMTウォルマート10136.23
NGGナショナルグリッド2518.8
GSKグラクソスミスクライン9033.16
MOアルトリアグループ3515.32
CINFシンシナティファイナンシャル3010.35

 

アメリカ株の多くは四半期毎の配当金支払いである。

私が保有する銘柄は、3・6・9・12月支払いの会社が多い。

なので、月別配当金推移は勿論、四半期毎推移も同様に把握する事にしている。

 

*参考:ダウ銘柄の配当支払い月一覧

*参考:米国株からの配当金 2016年版

スポンサーリンク

で、どうする?

1月の受取配当金はは、8銘柄から241.35ドルであった。

この金額は、給与所得と比較してまだまだお小遣い程度のレベルである。

 

配当金の雪だるまを大きくするために、追加資金投下を継続する。

その際には投資方針2017を念頭に置く。

 

スポンサーリンク

投資方針2017

投資の目的  :2027年にアーリーリタイアを達成する

(配当金で家計支出の50%をカバー、残り50%はブログやその他でカバー)

資産配分   :株式70%、不動産10%

ポートフォリオ:アメリカ株で、過去リターン良好銘柄

目標管理   :配当金(パッシブ投資)

銘柄候補   :米国連続増配銘柄、とくにシーゲル銘柄配当貴族

個別銘柄   :【PG】 【KO】 【MO】 【JNJ】 【PFE】 【ABT】を中心

See you!

*参考 配当貴族な50銘柄

*参考:シーゲル銘柄-過去リターン上位Top20銘柄-