米国株配当貴族指数のセクター割合

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国株配当貴族インデックスとは25年以上連続して増配を成し遂げた銘柄で構成されるスマートベータである。

本記事では、米国株配当貴族指数を構成する銘柄がどのセクターに多いのかを記す。

 

参考米国株配当貴族インデックスとは?ETFはあるのか?

 

スポンサーリンク

米国株のセクター戦略

ジェレミー・シーゲル教授によれば、主要10セクターで特に高い運用成績を示したのは生活必需品とヘルスケアセクターであった。

現に運用成績の上位20銘柄、いわゆる「黄金銘柄」(シーゲル銘柄)の多くがこの2セクターに集中している。

この2セクターの今後について、シーゲル先生の著書を参考に考えてみよう。

 

生活必需品セクターは、米国株投資のコア銘柄が多数

通信革命を背景にこれからの時代、消費者の嗜好がグローバル・メディアによって形成される事は間違いない。

とくに富裕層の買物ぶりはどこに行っても同じである。

高級ショッピングモールの眺めは、北京でもニューデリーでもサンクトペテルブルクでも呆れるほどそっくりになった。

 

名声と信頼とは、ブランドメーカーの生命線ともいえる財産であり、途上国では高く評価されている。

このトレンドが続かないとみる理由はない。

 

ヘルスケアセクターは、アメリカ株の代表銘柄が多い

ヘルスケア業界はたしかにいくつもの課題に直面している。

不安材料を抱えるとはいえ、ヘルスケア業界は米国のGDPのかなりの部分を占めている。

向こう数十年にかけて、この比率が低下するとは考えにくい。

 

バリュエーションが過去の長期的な平均を大きく踏み越さない限り、向こう50年にかけて市場平均を上回る公算が高い。

 

参考シーゲル銘柄は、運用成績ランキングトップ20

 

 

米国株配当貴族銘柄のセクター別割合

まずは現状を把握する。

セクター別構成割合 2016年10月

161125-aristcrats2

Fact Sheetより

 

こちらは2016年10月時点における、配当貴族インデックスのセクター別構成割合を示している。

トップに燦然と輝いているのが、生活必需品セクター!!!

 

シーゲル先生の言っている事はいまも正しい。

では、セクター別の推移はどのようになっているか?

 

セクター別構成割合推移 2005年~2015年

161125-aristcrats-sector2

Dow Jones S&P Indicesより

このグラフから読みとれる事は、直近10年間では

  • 生活必需品セクターは、常に配当貴族の構成割合上位
  • ヘルスケアセクターは、常に一定の構成割合を保っている
  • 金融セクターはリーマンショック時に大きく割合を下げている

参考米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト

 

米国株配当貴族指数は、どのセクターが多いのか?

ジェレミー・シーゲル教授は2005年発刊の著書の中で、生活必需品とヘルスケアセクターの明るい未来を述べていた。

それから10年、2015年末までのデータを配当貴族の構成割合という視点で考察した。

その結果2セクターともに安定感抜群であり、シーゲル先生の記載は正しい事が示された。

 

これらの事から、今後も生活必需品とヘルスケアセクターへの投資は過ちを犯す可能性が低いことが示唆される。

 

よって、アメリカ株投資をセクター別に検討する際にはまず上記2セクターを考える事が良い。

 

ちなみに、あなたがもし米国株への投資を考える場合には、マネックス証券が銘柄数・手数料の観点からおススメですね。

 

See you!

 

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ、サクッと簡単な手続きですよ。

 

参考米国株配当貴族インデックスとは?ETFはあるのか?

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

増配株(配当貴族・配当王)
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント