配当金生活の道しるべ 経済的自由指数(FI%) 2016年版

スポンサーリンク

いつも拝読しているブログ、いんべすさんの いんべすの米国株(アメリカ株)投資に経済的自由指数(FI%)が投稿された。

嬉しい。

こうして同じ目標に向かって歩み、それを共有し合えるというのは。

ありがとう、いんべすさん。

いんべすさんとは、ブログにもたまにコメントを頂いたり、ツイッターでもやり取りをさせて頂いており、学ぶ事が多い。

例えば、ドルの購入平均価格をトラックするようになったのも、いんべすさんの影響を受けてのものだ。

米国株(アメリカ株)に投資し配当金でセミリタイアをして起業を目指すブログです。

さて、FI(%)2016年版に目を移そう。

経済的自由指数(FI%)とは?

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式から算出される。

つまり配当金生活が可能となるかどうか?を示す指数である。

この数値を好転させる為には

  • 配当金獲得額を増やす
  • 家計支出を減らす

の2パターンしかない。

このシンプルさが私は大好きだ。

昨年の数値、2015年FIは 9.9% であった。

実はこの数値、配当金獲得額として税引の金額を用いていた。

いまだから白状する。

本来ならば、配当金受取額(税引)を用いるのが正解である。

なので2016年版からは、配当金受取額を使う事にした。

経済的自由指数(FI%) 2016年版

2016年の実績は、10.5%也。

2016年の目標は、13.6%と設定していた。

この目標は上述の通り、額面配当金(税引前)を用いた数値であった。

それを差し引いても、実は目標値には届いていない。

支出額、配当額のいずれも僅かずつではあるが、目標未達であったからだ。

で、どうする?

2017年の経済的自由指数 FI(%)の目標数値を設定する。

家計支出額:486万円 (40.5万×12か月:2016年目標と同じ)

受取配当額:59.2万円 (額面74万×0.8)

目標FI(%):12.2%

100%達成の配当金生活、アーリーリタイア達成への道はまだ長い。

それでも前進あるのみ。

誰かがおこした火で温まるのではなく、自分で火をおこそう。

*参考:経済的自由指数(FI%)の誕生

*参考:経済的自由指数(FI%)は9.9% 2015年

*参考:我が家の家計支出 2015年

*参考:我が家の家計支出 2016年

See you!

【追記】
はちどうきゅうどうは、マネックス証券でアメリカ株投資を実施中。個人的には米国株投資での優位性は圧倒的だと感じています。

☆詳細・申し込みはこちら→マネックス証券

【マネックス証券 米国株】
●手数料が業界最安値
●指値が90日と長く、ジックリ投資派に最適
●トレードステーションが使いやすい

参考スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれた
 
関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『配当金生活の道しるべ 経済的自由指数(FI%) 2016年版』へのコメント

  1. 名前:ぴょんきち大佐 投稿日:2017/01/12(木) 11:10:05 ID:2db402dc0 返信

    はちどうきゅうどうさん。
    はじめまして。億り人を目指すサラリーマン日記を書いているぴょんきち大佐です。

    以前(fc2時代)から貴ブログを拝見しております。
    米国株投資を始めたきっかけが、貴ブログであると言っても過言ではありません(笑)。

    年代が近いこともあり、共感できる記事が多く、また銘柄選定やブログ記事など、参考にさせて頂いている部分も多いです。

    まだまだ投資歴も浅く、投資額も少ない若輩者ですが、今後ともよろしくお願いします。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2017/01/12(木) 13:54:11 ID:831469574 返信

      びょんきち大佐さん、
      こんにちは。億り人を目指すサラリーマン日記、拝読しておりました。
      すごく綺麗で見やすいインターフェースですし内容も分かりやすいし考え方も似ている、そしてなによりドメイン似てますしねw
      本ブログを「ブログを始めたきっかけ」、とまで言っていただけて、とても嬉しいです。

      同じ方向性、ゴールに向かっている者同士、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。