配当金50万円獲得への道程

スポンサーリンク

今年の目標の一つに、配当金50万円ゲット がある。

楽勝で達成する と余裕ぶっていたら実はそうでもない事が判明したので記載しておく。

配当金

9月15日時点

標準進捗: 70.4%

配当金額: 416,502円 (対目標 83.3%)

税引後 : 344,251円 (対目標 68.9%)

なんと税引後の受取配当金額で見た場合、50万円の達成への標準進捗より1.5%の後れを取っている。

配当金に対する税金が72,251円も取られている事に気づいてしまったのだ。

私の場合、配当金のうち約24万円がアメリカ株からのものだ。

二重課税がされているので確定申告の必要があり、そうすれば少しは税金が戻ってくるはずである。

外国税額控除とは

外国証券投資による利子や配当金は、まず外国で課税されさらに日本国内でも課税されることから二重に課税されることになります。この二重課税を排除するため、外国で課された税額を日本の所得税や住民税から控除する規定が設けられており、この規定を「外国税額控除」といいます。

外国税額控除の適用は、確定申告をして総合課税または申告分離課税を選択した場合に限られます。ただし、非課税取引(NISA)については確定申告をすることができず外国税額控除の適用を受けることができません。

マネックス証券より

目標達成への対策

目標と現状のGAPは、1.5%(50万×1.5%=7,500円)である。

この分の遅れを取り戻さなくてはいけない。

その対策としては

①二重課税されている分を取り戻す

②追加投資し、受取配当金を増やす

が主なものとなる。

年内に受け取れる配当金は権利確定日も考慮すると、締切間近である。

目標である、50万配当金ゲット達成に向けて、注意深く観察していきたい。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク