コロナ禍での米国株ETF;バンガードの一人勝ちか?

スポンサーリンク

COVID-19の影響? 米国ETFの運用会社はバンガードが一人勝ち

米国株ETF;運用会社ランキング

米国株ETFの運用会社ランキング、引用;FACTSETより

上図は、2020年上半期の米国株ETFの運用会社における、資金流出入の予測と実際の比較をランキングしたものです。

横軸の単位は、億ドル。

 

バンガード社は、36.9億ドルも予測を超えた資金流入が実現しました。

他方でブラックロック社は、38.6億ドルのマイナスです。

 

FACTSET社はこれらETFのフローの違いを、信託報酬の差と見ているようです。

つまり、低コストであるバンガード社のETFは、大手運用会社であるブラックロックやステートストリートとの差別化に成功しているということです。

スポンサーリンク

人気の米国株;マイクロソフト【MSFT】株主は、バンガードが首位

HolderSharesReport Date% of Total Assets Managed% of Shares OutstandingMarket Value($1000)
VANGUARD GROUP INC640,172,5722020-03-314.32%8.44%129,660,552.73
BlackRock Inc.517,578,9062020-03-314.01%6.83%104,830,431.62
STATE STREET CORP314,771,2482020-03-314.38%4.15%63,753,768.57

 

コロナショック時(2020年3月31日付)の、マイクロソフト社における株主を確認してみます。

  1. バンガード
  2. ブラックロック
  3. ステートストリート

の順番でした。

 

これら3運用会社は、S&P500のETFを有しています。

  • バンガード;VOO(151億ドル)
  • ブラックロック;IVV(198.7億ドル)
  • ステートストリート;SPY(276億ドル)

 

MSFTの保有額と、S&P500連動ETFの運用額の順位が逆転しています。

バンガード社は、S&P500以外のETFで、他社に優位性があるといえます。

 

いずれにせよ、ベンチマークさえ決まっていれば、あとはバンガード社の商品を選んでおけば間違いがないという認識が、世界中に広まっているのだろうと推測しています。

 

関連記事の紹介

3ステップもいらず、投資対象の指数を決めたら、あとはバンガード社のETFを選べばよい気もします

米国株ETF、おすすめ銘柄を選ぶ3つの方法
米国株ETFの選び方:おすすめ3ステップを紹介します おすすめの米国株ETFを選ぶ方法は、3つのステップにわかれています。 米国株ETFの選び方 どのベンチマーク(インデックス)のETFに投資するかを決める ...

 

バンガード社S&P500 ETFのティッカーは【VOO】。アラビア数字だと「500」ということで、ダジャレに近いものを感じます

米国株の面白いティッカー集。クレバーなシンボルだとリターンも良い?
ティッカー・シンボルはアルファベットで表示される銘柄コード 米国株のティッカー・シンボルとは、アルファベット1~5文字程度で表示される個別銘柄の背番号のようなものです。 日本株でいえば4桁の数値の銘柄コードにあたります。 トヨ...

 

私はVOOではなく、VTIを選びました。個別銘柄は大型株を選んでいるという背景もあります。

分配金生活に向けて:【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの受取分配金
本記事では、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFからの受取分配金推移を記録していきます。 【VTI】はポートフォリオのコアとなっています。 分配金利回りが2%前後なので、インカムは少ないのですけどね。 【...

コメント

タイトルとURLをコピーしました