自宅投資は資産になるのか? 株式投資との比較

自宅を投資資産として考えていいのでしょうか?

住居を購入する場合、人生において最大の買い物となることが一般的です。

ですので自宅投資はアリかどうかを知っておく必要があります。

 

そこで本記事では自宅投資は資産となるのかどうかについて、投資本の記載を紹介します。

結論から言うと、自分の住宅を投資資産と考えてはいけないのです。

スポンサーリンク

自宅投資はありか? 「敗者のゲーム」より

敗者のゲーム原著第6版の記載によれば

 

  • 自分の住宅を投資資産と考えてはいけない

 

おすすめ投資本のひとつからの引用です。

 

住宅は

  • 家族と生活する場所
  • それ以上のものではない
  • 金融的な意味で優良な投資対象とはいえない
  • 家族の幸福のための投資としては意味がある

とあります。

これは個人投資家のための十戒のうちのひとつとして紹介されています。

 

参考図書>>>敗者のゲーム原著第6版 

スポンサーリンク

自宅投資はありか?「世界のエリート投資家は何を考えているのか」より

世界のエリート投資家は何を考えているのかによれば、

 

  • 歴史的に見て「自宅」はベストな投資先ではない

 

ただしこの言葉は米国市場を対象としています。

日本で一般的な住宅ローンを活用した自宅投資に対しては肯定的なコメントが見られます。

 

固定金利の住宅ローンで自宅を購入すれば、インフレに対抗する防衛策となる

世界のエリート投資家は何を考えているのかより引用

 

では自宅投資と株式投資のリターンを比較すると、どのような結果となるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

自宅投資と株式投資の比較

世界のエリート投資家は何を考えているのか

引用:世界のエリート投資家は何を考えているのか

 

上図はインフレ率調整後の主な資産の価格指数を示しています。

米国においては圧倒的に株式投資が有利であったとわかります。

つまり自宅投資よりは株式投資をした方がリターンが優れていたわけです。

 

したがって自宅投資は必ずしも優良な資産運用とはいえないといえます。

今回の比較では米国住宅と米国株式の比較でした。

これを日本住宅と米国株式とで比べられたら、どのような結果となるのでしょうか?

 

想像するに、日本での自宅投資より米国株式投資の方がリターンが良好であるでしょう。

しかも自宅投資のような実物資産への投資は困難さがつきまといます。

米国株式へ簡単に投資ができるいまの日本においては、自宅投資よりも米国株投資の方がベターだと思います。

 

そんなわけで私は自宅を投資資産としてカウントしていません。

まぁ、賃貸住まいなのですけどね。

 

参考図書>>>世界のエリート投資家は何を考えているのか

 

関連記事の紹介

自宅投資のような実物資産よりは、金融資産の方が取り組みやすいのは間違いないですね。

金融資産と実物資産への投資の違いとは?
実物資産と金融資産をバランスよく運用するのがおすすめ 本記事では、実物資産と金融資産の違い、メリット・デメリット考察していきます。 資産運用をする上では、ペーパーアセットとリアルアセットという選択肢がありますからね。...

 

「世界のエリート投資家は何を考えているのか」は、投資も人生も楽しみたいひとにおすすめの投資本です。

「世界のエリート投資家は何を考えているのか」黄金のポートフォリオのつくり方
株式投資のポートフォリオは悩みがち。 そんなときは黄金のポートフォリオの作り方を知りたくありませんか? アンソニー・ロビンズ著作 山崎元氏解説の世界のエリート投資家は何を考えているのか: 「黄金のポートフォリオ」のつくり...

 

「敗者のゲーム」は株式投資に興味があるひとの必読書。

敗者のゲームは投資をする際によんでおきたいおすすめな本
チャールズ・エリス著「敗者のゲーム原著」 を読んだ。 投資初心者にも参考になる。 まさにおすすめ投資本だ。 この本を読んでから投資開始できればよかった。 敗者のゲームとは 投資をテニスに例える。 そのテニ...