アーリーリタイアの成功者に抱くイメージ

アーリーリタイア達成された方と飲む機会があった。リタイアといっても法人をもっており投資や事業をやっている。つまりサラリーマンを卒業したが、社長となっている人だ。

 

これぞまさにアーリーリタイア成功者だと私は感じた。ということで、勝手に膨らませたイメージを記録しておく。

 

スポンサーリンク

アーリーリタイアの成功者は豪快

サラリーマンを卒業するためにはお金が大事だ。生活するために必要な金銭、先立つものは必要となる。

 

将来得られるであろう給与所得を捨てても、経済的にやっていける状況を作っているのがアーリーリタイア成功者といえる。

 

そんな人は言動や行動が豪快というか大胆だ。もちろん緻密な計算に基づいたうで退職をされているわけであるが、ずぬけた行動をとっている。それが豪快に見える。

 

たとえば投資へのレバレッジのかけ方であったり、これと決めた対象商品に大きくかけたりしている様子が伺えた。もしアーリーリタイアの時期を更にはやめたいと思ったら、これまでとは違った手法を取り入れるのもよいかもしれない。

スポンサーリンク

アーリーリタイア成功者はお金に詳しい

今回お会いした方は、なんといっても潤沢なキャッシュフローに囲まれている。投資では不動産や株式などなど種々のインカムゲインがある。さらに事業収入まであるから驚きだ。

 

こうなってくるとお金に詳しくなるのは必然。税金や投資対象の知識がハンパない。

 

アーリーリタイアを目指す場合、税金について学んでいく必要がありそうだ。

 

スポンサーリンク

アーリーリタイア成功者は楽しく過ごし、遊んでいる

これが決定的に違う。とにかく楽しそうな生活を送っている。あけっぴろげだし、楽しいを共有してくれる。これは私にとって理想のアーリーリタイア。

 

最終的にどのような人生を歩みたいのかを考えた場合、”楽しい”という基準は最重要項目となる。そんな時間を一緒に過ごせた私はハッピーだ

 

スポンサーリンク

アーリーリタイアに向けて必要なこと

会社員として過ごしていると、同じような人としか関わらないことが多い。すると思考は凝り固まってしまう。

 

もしアーリーリタイアを本当に目指すならば、早期退職を実現している人と触れ合う機会は大事だと思う。そんなわけで、2018年はちょっとそんな方々と会えたらいいな、なんて考え始めた。

 

あまりにも楽しい時間だったので、うっかり朝まで飲んでしまったのはご愛敬。翌日はフラフラで、年齢を感じてしまった出来事であった。

 

See you!

 

参考〕≫サラリーマンを卒業、セミリタイアするのはいつがよいか?