過大評価される成長株 AMZNを売却した理由

アマゾン株【AMZN】を、670.68ドル×3株売却した。

Amazonといえば、アメリカ成長株の筆頭。

FANGの一角としても有名である。

 

その【AMZN】であるが、私は1月に632.25ドルで3株購入していた。

配当成長投資を実施している私にとっては、無配当銘柄の【AMZN】購入はポリシーに反する。

その方針に反してまで購入した理由は、”勢い”であった。

 

FANGの一角 アマゾン株購入【AMZN】 順調に下落(汗)
アメリカ株の中でも成長銘柄筆頭、FANGの一角、【AMZN】アマゾン・ドット・コムを632.25ドルで3株購入した。 2日後には、607.05ドルまで下落(泣) 購入理由 テスト1.何年にもわたって高成長を...

 

スポンサーリンク

アマゾン株の売却理由

売却する際には、購入した時の理由を棄却できれば、それが売却理由となる。

今回のAmazonに関しては、”勢い”は、自分の中ではなくなった。

アマゾンの決算を見る限りは、会社の勢いはまだまだあるようであるが。

 

今回の売却理由は、株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすから引用したい。

 

過大評価される成長株

 

教訓その1:バリュエーションはいつも重要

教訓その2:買った銘柄にほれ込んではいけない

教訓その3:時価総額が大きく、知名度の低い銘柄は要注意

教訓その4:三桁のPERは避ける

教訓その5:バブルで空売りは禁物

 

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす より

 

投資家への奨め

次の点を、よく肝に銘じてほしい。

バリュエーションはどんな時も重要だ。

これだけはバブルであっても変わりない。

成長株にはいくらでも支払う値打ちがあると考えるなら、いずれ市場からお灸を据えられる。

 

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすより

 

 

スポンサーリンク

AMZNの指標

バリュエーションを見てみよう。

AMZN
株価670.9
PER276.18
EPS2.43
配当
配当性向
増配年
増配率(5年)
増配率(10年)
β1.03

 

まさに「過大評価される成長株」に該当するではないか。

 

・バリュエーションはいつでも重要

・三桁のPERは避ける 

 

この二つに該当する。

 

今回、Amazonの決算が予想以上に良く利益も出ていたので、株価は上がった。

だが利益があがっても、いまだにPERは200を超える。

今後、予想以上に利益が伸びないとバリュエーションは改善されない。

 

私は自身のポリシーに沿って、配当成長投資を実施する。

その決意表明として、いわば遊びで購入した【AMZN】を今回売った。

 

スポンサーリンク

過大評価される成長株 AMZNを売却した理由

米国株への投資を開始してから、初めて売却を決行した。

その銘柄は、遊び/勢いで購入した【AMZN】

バリュエーション的には三桁のPERという事もあり、厳しい数値が並ぶ。

さらには無配当銘柄であり、私の投資方針にそぐわない。

 

今回の売却は自分への戒めも込めて実施した。

今後は浮気をせずに、アメリカ株への配当成長投資を継続していく。