バフェットのバークシャー・ハサウェイ 銘柄分析とリスク

スポンサーリンク

バークシャー・ハサウェイとは?

言わずと知れたウォーレン・バフェット擁する世界最大の投資持ち株会社。

バークシャー・ハサウェイのアニュアルレポートをみると、これまでの偉大なるパフォーマンスが目に飛び込んでくる。

バークシャーvs S&P500, 1965年~の年間パフォーマンス

  • バークシャー :20.8%
  • S&P500  :9.7%

インデックスの代表であるS&P500に対して、倍以上のリターンを記録している。

バフェットがオマハの賢人と呼ばれることに、誰も異論はない。

BRK.Aと、BRK.Bの違い

バークシャー・ハサウェイには二つのティッカーシンボルがある。

【BRK.A】株と、【BRK.B】株だ。

【BRK.A】は数千万円もする超大型株となっている。

一方の【BRK.B】は一株数万円で購入可能。

B株はA株の1500分の1での交換比率である。

ところが投票権ではこの比率が異なる。

B株はA株の1万分の1の投票権しか有しない。

【BRK.B】は個人向けであるが、経営には口を出させないよということだろうか。

いずれにせよ、個人投資家としては【BRK.B】が取引の主対象となる。

B株は、【BRK.A】の株価の1500分の1であるかどうかを確認するのがミソだ。

まぁ、私は全くチェックしていないけどね。

まとめると

  • 交換比率 =A株:B株=1,500:1
  • 投票権比率=A株:B株=10,000:1

バークシャー・ハサウェイのセグメント別売上高

バークシャーといえば、バフェット銘柄が思い浮かぶ。

ところが、バークシャー・ハサウェイの売上高比率をみると、その多くを保険関連事業が占めている。

バークシャー・ハサウェイアニュアルレポートより

  • 保険関連       :175,223 M$
  • 鉄道・公益・エネルギー:37,542 M$
  • 金融関連       :10,839 M $

2016年の売上高を円グラフにするとご覧の通り。

バークシャーって投資会社じゃなかったの?

え、コングロマリットでしょ?

いやいや保険会社だよ。

色々な意見があるでしょう。

まぁ、詳しいことはプロに任せておけばよい。

個人投資家としては最低限のことだけ知っておく。

  • 過去リターンはS&P500を凌駕していた
  • 配当はしない
  • ①保険・②鉄道/公益/エネルギー・③金融の3本柱

配当支払いをしないバークシャー

バフェットはいまのところ、配当をしない方針である。

通常稼いだキャッシュは、

  1. ビジネスへの再投資
  2. 内部留保
  3. 株主還元

のいずれかに分配される。

配当という株主還元をしないバフェットのロジックは以下の通り。

  • 成長性の高い領域に再投資する方が効率よい
  • 配当すると税金がかかるので株主リターンが減る

おまけにバフェットは、「配当が欲しければ株を一部売却すればいいんじゃね?」と言っている。

もう誰も反論できない。

参考フェアバリューの計算式 適正価格とは所詮、目安に過ぎない

バークシャー・ハサウェイのリスク

半世紀もの間、順風満帆であったバークシャーにもリスクは存在する。

1.景気の影響を受ける

保険事業はある程度安定収益をもたらすかもしれない。

ところが金融関連や鉄道/エネルギーは、景気の影響を受けやすいセクターである。

さすがのバフェットといえども、外部環境には抗えない。

また、例えば規制当局の方針転換があれば保険事業といえども影響を受けることになる。

2.デカすぎる

バフェットはこれまで優良企業の株式に投資をしたり、買収をしたりして会社を大きくしてきた。

気がつけばもはやバークシャー・ハサウェイは世界有数の時価総額を誇る。

バークシャーの成長を加速するだけの投資対象が限れてきているのが現状。

これまでと同じスピードでの成長率は望めないだろう。

3.経営者二人がおじいちゃん

バークシャー・ハサウェイといえば、二人の人物によってその経営が成り立ってきている。

2017年の誕生日をそれぞれ迎えると御年なんと

  • ウォーレン・バフェット 87歳
  • チャーリー・マンガ― 93歳

この数年は、後継者について話題にあることがしばしばある。

新たな経営者のもとで、投資リターンや資本配分が悪化する可能性は捨てきれない。

参考バリュー投資とは何なのか?

終わりに、

バリュー投資の代名詞がウォーレン・バフェット。

なのでBRK.BやBRK.Aに投資をすれば即ちバリュー投資となる。

インデックス投資のリターンを向上させたいと思ったならば、バークシャー・ハサウェイに投資をするのが正解となる。

ひとつ残念なのは配当金が出ないこと。

それでも先回りしてバフェットには言われている。

「配当が欲しければ株を一部売却すれば?」

一本とられた。

いや~、アメリカ株投資はやっぱり面白い。

以上、【バフェットのバークシャー・ハサウェイ 銘柄分析とリスク】でした。

See you!

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ、サクッと簡単な手続きですよ。

参考バフェットのIBM売却から学ぶ長期投資術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク