経済的自由・アーリーリタイア

経済的自由・アーリーリタイア

年収2000万円会社員の自己投資術

年収2,000万円な会社員は、自己投資への意識が高い 年収2,000万円を稼ぐサラリーマンは、自己研鑽を怠らない。 常に自身のキャリアプランに応じた自己投資をしているのだ。 だから年収2000万円という域に達しているのかもしれ...
経済的自由・アーリーリタイア

【老後対策】おすすめは生涯現役、無理ならフローを生む資産へ投資

最強の老後対策は生涯現役;個人で稼ぐスキルは最大の防御 金融庁が発行した、高齢社会における資産形成・管理によって、老後対策が話題になっています。 とはいえ生涯現役を貫くことができればどうでしょうか。 お金の老後不安は解消されま...
経済的自由・アーリーリタイア

投資の嫁ブロックを防ぐ5つの方法;夫婦で協力する資産運用の重要性

夫婦による資産運用が必要 資産形成はひとりで実施するものではありません。 パートナーがいれば、ともにお金について考えていく時代なのです。 資産運用への取り組みには、男女があることが明らかとなっています。 ...
2019.06.09
経済的自由・アーリーリタイア

サラリーマン投資家が、蒼井優の結婚報告会見から学んだ3つのこと

兼業投資家が、蒼井優さんの結婚理由から学んだこと 山崎亮太さんと蒼井優さんの結婚報告会見が話題。 見ているだけでハッピーな気分になれます。 しかしもちろん幸せのおすそ分けだけではないですよ。 兼業投資家としても学...
経済的自由・アーリーリタイア

大企業の部長になっても月収70万円、年収は1000万円

上場企業の部長って、年収はいくらくらいなのだろう? 世の中には 大企業に入りたい 偉くなりたい 年収を上げたい と願う人は多いです。 そりゃ、年収や月収...
2019.05.29
経済的自由・アーリーリタイア

1億円がリタイア時にあったら、もうお金は必要ないと思うのか?

リタイア時に1億円あったら? 3分の1の人は、もっと多くのお金が必要と考える フィディリティの「高齢者の金融リテラシー」によれば、退職時に1億円を持っている層は、安心できる生活のために必要な資産額の回答がが二極化していました。 ...
経済的自由・アーリーリタイア

米国株の時代か?「高齢社会における資産形成・管理」人口動態編

本記事では、米国株投資をしている者として、金融庁が公開した金融審議会市場ワーキング・グループ「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案)について考察していきます。 定年退職者、退職金の有無と使い方とは? 長期投資が適している米国株が良...
2019.05.26
経済的自由・アーリーリタイア

セミリタイアを3人に1人が望む時代、「早期退職制度」のメリット

早期退職制度のメリットは、退職一時金が増額されることです。 退職金アップは、アーリーリタイア・セミリタイア希望者にとって大きな希望。 ですから早期退職制度について情報を集めておきたいですよね。 そこで本記事では、 ...
2019.05.26
経済的自由・アーリーリタイア

3,000万円の運用;株価暴落の1年前から取り崩しを始めたら?

3,000万円の資産運用;リーマンショック級の暴落、「毎月13万円」の取り崩しをする例 3,000万円あれば、株価暴落があったとしても、25年間は「毎月13万円」の取り崩しが可能となります。 ポイントは以下の通り。 資...
経済的自由・アーリーリタイア

個人投資家の3つの課題と対策

個人投資家には課題が3つあります。 運用資金が限定的 運用期間が定かではない 自分以外への支払い責任を負っている 本記事では、個人投資家の課題と対策について記録します。 個人投資家は、資金規模が小さい ...
経済的自由・アーリーリタイア

老後の生活費を賄う4つの収入源とは?

本記事では、老後の収入源の4つの柱を紹介します。 定年退職後に不安を抱いている人 若者であっても老後不安を持っている人 収入源をチェックして対策をほどこしておくといいですね。 老後の生活費を賄う4つの収入源 ...
2019.05.13
経済的自由・アーリーリタイア

【老後のお金】70歳以上が金融資産を保有する目的はどう変わった?

70歳以上の金融資産(貯蓄)の保有目的は、「老後の生活資金」がトップ (2017年版) 既に老後だと思われる70歳以上であっても、金融資産や貯蓄を保有する理由の第一は「老後の生活資金」です。 そもそも老後に収入がある人は稀で...
タイトルとURLをコピーしました