法人口座のインターネットバンキング、月額料金が高いので比較した

スポンサーリンク

都市銀行による法人口座のインターネットバンキングが高い。

地銀でのインターネットバンキングを申し込もうとしたら月額料金が高い事に驚きました。

月額料金1,500~3,000円もするのですよ。

ほかの銀行のインターネットバンキングはどうなのだろうか?

気になったので、メガバンクと首都圏近郊の地銀のインターネットバンキング利用料金を比較してみました。

銀行名 サービス名 月額料金(税抜)
三菱UFJ銀行 BizSTATION 1,600円
三井住友銀行 パソコンバンクWeb21(デビュー) 2,000円
みずほ銀行 みずほビジネスWEB 3,000円
りそな銀行 りそなビジネスダイレクト(Mini) 2,000円
横浜銀行 ビジネスサポートダイレクト 2,000円
千葉銀行 ちばぎんインターネットEBサービス(Web-EB) 1,500円

どの銀行でも法人口座のインターネットバンキングは、月額料金が高いのですね。

>>サラリーマンの法人設立:印鑑の作り方

法人口座のインターネットバンキング月額料金が高い理由

私は法人口座のインターネットバンキング料金が、そんなに高いのだとは知りませんでした。

そこで地銀の担当者さんに聞いてみましたよ。

質問

「インターネットで取引したいのですが、御行では実施可能ですか?」

担当者

「はい、ありますよ。でも月額料金がかかります。」

質問

「インターネットバンキングなのに、なんでそんなに月額料金が高いのですか?」

担当者

「いや~、低金利ですからね。銀行も大変なんです」

質問

「月額料金が下がることってないですかね?」

担当者

「う~ん、下がるよりもむしろ値上げする可能性の方が高いと思います」

都市銀行は駅近にあるので固定費がかかる。

そして銀行マンの人件費もあり、利益を出すのに苦労していることでしょう。

法人口座の月額料金が高いこともうなずけます。

まぁ、そのくらいの経費をケチっては事業としてやっていけないのかもしれませんが。

それでも今回私は、インターネットバンキングの申し込みを遠慮しておきました。

スポンサーリンク

ネット銀行とインターネットバンキングの違いとは?

銀行を2つに区分すると

  • 都市銀行(メガバンク、地銀)
  • ネット銀行

都市銀行が提供しているサービスには、インターネットバンキングがあります。

ネットバンキングとネット銀行が分かりにくいので、ちょっと整理しておきましょう。

  • インターネットバンキング

都市銀行が提供するインターネットを介した取引のこと。

  • ネット銀行

ネット専業銀行のこと。店舗を持たない、もしくはネット中心の銀行。

ネット銀行の方が手数料の面では断然お得ですね。

法人設立後の銀行口座開設には、ネット銀行がおすすめ

我が家の個人名義では、銀行口座を複数保有しています。

新生銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行。

一方で法人設立をしたら法人口座を開設します。

とはいえ実績のない法人がすぐに口座を作れるわけではありません。

とくに都市銀行では過去に取引がない場合には法人口座が作りにくい。

ですから法人設立直後には、ネット銀行がおすすめです。

まとめ:法人口座のインターネットバンキングの月額料金

都市銀行によるインターネットバンキングサービスは月額料金が最低でも1,500円~3,000円ほどかかります。

その程度の利益を出せないようでは、法人設立の意味がありません。

とはいえ法人設立直後には銀行口座は作りにくい。

法人口座を複数持ってもよいならば、ステップを踏んで口座作成に挑むのが良さそうです。

  1. まずはネット銀行で法人口座をつくる
  2. 実績を積んでから都市銀行での口座作成にチャレンジしてみる
  3. 都市銀行で融資を引く際に法人口座を作ってみる

法人設立直後にはネット銀行がなによりの味方ですね。

ジャパンネット銀行

関連記事の紹介です

サラリーマンが初めての法人設立。分からないことだらけです。

サラリーマンの私は、兼業の為に法人設立した 私の本業はサラリーマンです。 そして目標はアーリーリタイアできる経済的状態になること。

法人設立は、太陽光発電投資がきっかけ。

法人設立によるサラリーマンの太陽光発電投資が始まる エリア FIT (円) パネル (kW) 連系予定

地銀さんにフルローンを通してもらったので、法人口座が作れました。

太陽光発電投資を法人で開始します。 1基目の稼働が少し遅れ、2018年8月から。 7月末に地方銀行さんで、フルローン融資実行がな