13歳からの金融入門は、子持ちのお父さんにおすすめのお金の本

お金の知識はいつから学べばよいのか?

義務教育である小学生・中学生から金融教育の勉強を組み込んでしまえばよいでしょう。

 

お父さんが教える 13歳からの金融入門という本を読んだので、書評もかねて読書感想文を記しておこう。

 

スポンサーリンク

日本の子供には社会勉強とともに金融教育が必要だ

現代の帝王学によれば、帝王学の基本は3本柱から成り立っている。

1.原理原則を教えてもらう師を持つこと
2.直言してくれる側近をもつこと
3.よき幕賓をもつ事

 

社会人はもちろんだが子供の内に、帝王学やリーダー論を学ぶも良し、受験勉強による学力レベルを上げるも良し。

だが私はふと思った。

 

日本の子供には、金融教育が大事なのではないかと?

 

むしろ

社会勉強の前にお金の勉強が必要じゃない?

 

スポンサーリンク

日本の国際学力はそれなりの順位

社会実情データ図鑑より

日本の15歳の子の学力は、国際ランキングで見るとなかなかの好成績だ。

  • 科学的リテラシー:第二位
  • 数学的リテラシー:第五位
  • 読解力     :第八位

 

この順位よりさらに上を目指すのか、それとも他の知識を上げるのが良いのか?

 

学校の勉強より、お金の勉強が必要じゃない?

 

貯蓄から投資へ と謳っている我が国においては、他の知識、特にファイナンシャルリテラシーを身に着ける事が大事だろう。

なぜなら、金融知識調査によって日本国民の知識不足は明らかとなっているのだから。

 

スポンサーリンク

日本人の金融知識は欧米に劣っている

以下は金融知識のリサーチをした際の、各設問に対する正答率を示している。

金融リテラシー調査の結果より

子供の学力では国際ランキングのベストテン内を保っているにも関わらず、金融知識となるとテンでダメな日本人。

 

やっぱり学会の勉強よりお金の勉強が必要じゃない?

 

おまけに、金融知識が低いと株式投資に踏み出す割合が低い事も本調査にて示されている。

 

金融リテラシー調査の結果より

 

金融知識と株式投資実施割合は正の相関がある。株式投資をして金融知識が上がるのか、金融知識があるから株式投資をするのか、どちらなのかはわからない。

 

私の場合には先に株式投資をしてみて、その後に少しずつ経済や金融についての本を読むようになった。

 

一方で、金融についての勉強をしてから株式投資をする人もいるかもしれない。

 

そんな事はどっちが先でもよい。

 

とにかく、お金の勉強って必要じゃない?

 

 

そして子供には金融知識を学ぶ機会を与えよう。

 

スポンサーリンク

子供のころから金融入門しよう

お父さんが教える 13歳からの金融入門という本を読んだ。

 

え”え”~、こんなすごい内容を13歳から勉強しちゃうの?

 

これが私の感想。

 

13歳からの金融入門 と書いてあるが、網羅的であり私は知らない事が多数あった。今の私には大いに勉強になる。

 

つまり私の金融知識は13歳レベル以下という事か。(悲しいけどこれが現実)

 

阿部首相!! やっぱりね、必要ですよ金融教育。少しずつかじ取りはしているでしょうが、国を動かすには時間がかかるか?

 

国がやらないなら、民間から。

 

どうでしょう、東進ハイスクールさん!?

 

スポンサーリンク

林先生の投信ハイスクール 13歳からは金融入門しないとヤバい

お父さんが教える 13歳からの金融入門 の内容を、林修先生が子供に教えればもうそれは立派な塾になる。私も頑張ってわが子には教えたいと思うけどね。

 

やっぱりここは、林先生から聞きたい。そんな塾や予備校があったら子供を入塾(校)させるね、間違いなく。

 

スポンサーリンク

で、どうする?

金融リテラシーを高めていく。

私自身はもちろん、わが子も含めて。

 

まずは、13歳からの金融入門を再読して、子供が中学生になったころにしっかりと金融知識について話せるように勉強しておく。

 

お子様がいる場合にはおすすめの一冊でした。

 

See you!