株の売り時を知る方法を投資本で学んだので紹介~米国株編~

スポンサーリンク

株の売り時・買い時はいつも悩みます。

ところが悩んだところで運用リターンに繋がる保障はありません。

むしろマーケットタイミングをマーケットタイミングを放棄した方法が、おすすめされているのです。

ドルコスト平均法ですね。

本当に株式の売り時・買い時は計れないのでしょうか?

投資本を参考にしてみました。

アメリカ株投資をしている人にはお馴染みの、マーケットハックの広瀬隆雄さん著作です。

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法によれば、

  • マーケット・タイミングを計るのは難しいと一般的に言われている
  • ところがこれは全くの根拠がない
  • 例えば、中吊りの法則を用いればマーケットタイミングを適確に予想できる

株の売り時について少し深堀していきます。

株の売り時・買い時、マーケットタイミングとは?

「マーケット・タイミング」は一部の草食投資家にとっては「汚い言葉」のように忌み嫌われています。

マーケットタイミングが敵視されるようになったのには、理由があるのです。

マーケット・タイミングが敵視されるようになった理由

1980年代に「銀行よサヨウナラ、証券よコンニチハ」という株式ブームがありました。

銀行預金中心であった個人投資家に対して、株を買う説得する必要があったわけです。

相場には上げ下げがあり、初心者にとってはその機微を体得するのは容易ではありません。

この時、証券会社や投信会社担当者は考えたのです。

「マーケット・タイミングを征服するのは無理

だからタイミングを無視して、常に投資するように奨励しよう」

この証券会社の宣伝文句によって、マーケットタイミングが敵視され始めました。

ドル・コスト平均法は、投資家から自主性を放棄させる

資産運用において、長期・分散・積立投資は王道とされています。

ドルコスト平均法です。

株式は基本的に右肩上がりという原則のもと、株の売り時・買い時を無視する投資手法です。

つまり投資家が自主性を放棄することに他なりません。

モノの値段という、当たり前の経済感覚をマヒさせるのです。

もちろん、積立投資がきちんと継続できる投資家には問題ありません。

ところが大半の投資家はうまくいかないわけです。

定期的ではなく臨時的に、ファンドを乗り換えがちです。

さらには相場の状況が悪化したときに狼狽売りをしかねません。

ドルコスト平均法は、株の買い時を無視した投資手法です。

逆にみれば、売り時も無視しなくてはいけないわけです。

積立投資の売り時、出口戦略が難しいといわれる所以です。

「マーケット・タイミングを体得するのはムリなので、常に投資を!」と言われながら、

  • 実際に商品を買わされるのは相場のド天井
  • 売るのは株価の底

という最悪のパターンになりがちです。

参考>>>積立投資の出口戦略を一緒に考えてみましょうか?

スポンサーリンク

株の売り時を計る「タイミング投資は無理」とは、根拠がない

「マーケット・タイミングをマスターするのはムリだ」

というのは、根拠が全くありません。

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法の言葉をかりれば

「婚約指は月給の3倍から」 

というキャッチフレーズと同じ。

株の売り時を放棄するというのは、必ずしも正解とは限らないわけです。

株の売り時・買い時を知る方法

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法は、一般的な投資本とは異なる見解が記載されていました。

【中吊りの法則】

通勤電車の中づり広告に「投資」の文字が躍ったら、買いの手を控えろ

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法より

これならできそうです。

しっかりメモしておこう。

以上、株の売り時を知る方法~米国株編~でした。

関連記事の紹介

春山昇華さんのブログはおすすめです。

株式投資をしていると売り時はいつなのかが悩む。 売却ルールを設けていたとしても、いざ実行するとなると躊躇ってしまったりする。

株の売買タイミングについて、投資本には様々な記載があります。

株はいつ買えばよいのだろうか?投資家にとって買付タイミングは難しい。 だからこそドルコスト平均法がもてはやされる。 しかしだから

ドルコスト平均法で積立投資をするなら、出口戦略は自動売却で徐々に売るのがよさそうです。

インデックスファンドの積立投資がおすすめされています。 万人に共通したリターンをもたらしてくれる投資方法だからでしょう。 少額積