ユダヤ人の大富豪の教え「金融商品は今のお金で未来のお金を買える」

スポンサーリンク

金融商品とは?

金融商品とは一般に、金融取引における商品を漠然と指す

ウィキペディア

「漠然と指す」

って、イイネ

ウィキ先生!!

この曖昧な感じ。

私見

投資信託、株式、債券、預金、

これらは全て「金融商品」に含まれる。

更に広義の意味では、生命保険や損害保険、その他年金も「金融商品」と言える。

先日のブログ投稿で

投資とは

お金を増やす為に、いまあるお金で何かを買う

と定義した。

金融商品はこの「何かを買う」の部分に該当する商品。

そうなってくると、金融商品の本質が明らかになる。

投資はやっぱり必要なこと
投資とは何か? 投資とは、主に経済において、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す。 ウィキペディアよりこれじゃ分かりにくいよ、ウィキ先生。簡単に言うと金を増やす為に、いまあ...

金融商品の本質とは?

投資とは

お金を増やす為に、いまあるお金で何か(金融商品)を買う事

ならば、「金融商品」とは未来志向。

金融商品の本質は

「今のお金で未来のお金を買える」こと

未来を買う目的は?

未来は誰にもわからない。

その未来をあえて今のお金を支払ってまで購入する目的は何か?

私の場合は配当金!!

例えば、100万円分の金融商品を購入した場合を想定。

10年後に、株価 o r配当利回り が3倍になっているとするとどっちが嬉しいかを考える。

Case1(配当が3倍)

価値:100万円  →100万円 (1倍)

配当: 3万円 → 9万円  (3倍)

Case2(株価3倍)

価値:100万円 → 300万円 (3倍)

配当:3万円  → 3万円  (1倍)

この場合はCase1(配当が3倍)の方がうれしい。

もちろんその後も減配リスクが少ないという事が前提。

では、どうする?

ここでも再確認できた。

自分の考え方を。

私の場合には減配リスクが少なく、増配率が高い銘柄を好む。

株価が上昇する可能性については二の次だ。

よし、これで納得。

と思ったが、

投資とは

お金を増やす為に、いまあるお金で何かを買う

という定義には当てはまらないのではないか?

お金が減っても or 増えなくても、配当金が増えれば良いのか?

うーん、そうとは言い切れない。

なんだかモヤモヤしてきた。

お盆だし暑いし、ここは今後の検討課題という事にしよう。

兎にも角にも

金融商品の本質は、「今のお金で未来のお金を買える」という事

まずはこれでOK。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク