「 ニュースで気になること 」一覧

年金の海外比較、日本の年金は退職前年収の何%をカバーできるのか?

年金の海外比較、日本の年金は退職前年収の何%をカバーできるのか?

日本の公的年金では、退職前の年収の35%しかカバーしないとされている。 これで十分でありハッピーな老後がおくれるのならば何の問題もない。 ところがそうとは言い切れないからこそ、国も国民も頭を悩ませている。 今回は日本の公的年金と海外を比較してみたい。 ...

アラサーが知っておくべき投資信託 【積立NISA編】

アラサーが知っておくべき投資信託 【積立NISA編】

株式を買うという行為を国民に普及するために、金融庁は積立NISA制度を設定した。 もちろん対象は投資未経験者である。 今日は投資未経験者がどの投資信託を選択するのかを考察したい。 そんな偉そうな事言っているけど、株式投資や投信のなんたるかなんて全然知らな...

積立NISAは、誰を対象にした制度なのか? 金融資産×年齢 編

積立NISAは、誰を対象にした制度なのか? 金融資産×年齢 編

貯蓄から投資への号令のもと、金融庁は気合をいれて活動している。 インデックス投資ブログ界のビッグネーム、いつか子供に伝えたいお金の話の管理人?虫とり小僧のアニキによれば、金融庁は個人向け積立NISA説明会まで実施するらしい。 まさに肝いり制度。 米国個別...

積立NISAのメリット・デメリット・比較のまとめ

積立NISAのメリット・デメリット・比較のまとめ

日本は資産大国であり、1,700兆円を 超える家計金融資産や 200 兆円の年金資産などが蓄積されている。 しかしながら家計資産の内の52%もの割合が預貯金となっており、欧米と比較して株式・投信等の比率は低い。 高齢化がますます進む日本においては勤労者層の資産形成が急...