「 投資に役立つ書籍 」一覧

「バリュー投資」はお薦め投資本 ハーバード流を学べる

「バリュー投資」はお薦め投資本 ハーバード流を学べる

ハーバード流ケースメソッドで学ぶバリュー投資は、アメリカ株のみならずバリュー投資に興味を持つ人ならば、とても有用な本である。 著者はエドガー・ヴァヘンハイム。 投資顧問会社の会長兼CEOであり、ハーバード・ビジネス・スクール卒である。 ビジネススクールで...

心地よい投資方法の重要性 ウォルター・シュロス

心地よい投資方法の重要性 ウォルター・シュロス

投資本といえば、株式投資の未来や、敗者のゲームが著名であろう。 それらに負けず劣らず「価値の探究者たち」はとても参考になる。 ウォルター・シュロスは、グレアムの教え子 ウォルター・シュロスはグレアム・ドッド村のスーパー投資家と呼ばれる。 名付けたのはあのウ...

「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び

「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び

米国株投資だけでなくインデックスブロガーからもおススメNo.1の呼び声高い投資本、それがジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」である。 株式投資に少しでも興味を持ったならば、ぜひ手に取って欲しい。 私はアメリカ株投資を始めた後に、この名著の存在を知った。 ...

ちきりん著「自分の時間を取り戻そう」を個人投資家に当てはめると

ちきりん著「自分の時間を取り戻そう」を個人投資家に当てはめると

ちきりん著作、自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方を完読した。 仕事に従事している全ての日本人がぜひ手に取ってほしいと思った。 だが私のブログでその感想を書くのは趣旨に反する。 ここは「自分の時間を取り戻そう」を個人投資家に...

ウォール街のランダム・ウォーカーが求める有望銘柄を探す条件とは?

ウォール街のランダム・ウォーカーが求める有望銘柄を探す条件とは?

バートン・マルキール著?ウォール街のランダム・ウォーカーは、株式投資の不滅の真理を説いた名著と言われている。 株式投資を試みている人ならば必読の書。 一般的にはインデックス投資の教本ととらえられているようだ。 ところがどっこい、本書にも個別株・有望銘柄を...

日本の億万投資家名鑑はおススメ書籍 モチベーションアップに繋がる

日本の億万投資家名鑑はおススメ書籍 モチベーションアップに繋がる

日本の億万投資家名鑑 (日経ホームマガジン)をキンドルで購入した。 これは投資に少しでも興味がある人にはおススメの一冊。 投資をしている人、していない人は問わない。 とくに投資へのモチベーションを高めてくれる効用がある。 投資への熱が冷めている場合 ...

あなたの人生を変えるお金の教養を読み、ストックとフローを学んだ

あなたの人生を変えるお金の教養を読み、ストックとフローを学んだ

個人投資家で知らない人はいないwww9945さんがTwitterでつぶやかれていた本、あなたの人生を変えるお金の教養を早速購入した。 www9945さんによると、ストックとフローが良く分かる という事であったので、その点に着目して学びを得た。 ストックとフローにつ...

私たちは未来や老後を不安に感じるのか?

私たちは未来や老後を不安に感じるのか?

将来が不安、老後が不安だと思っている人は多い。 日本の将来を懸念する雰囲気もなんとなく漂っている。 その漠然とした不安の理由を考察する。 将来不安、老後不安の蔓延 日本経済って今後ヤバくない? 将来年金ってもらえるのかなぁ? なんか老後が不安なんだよね...

マーケットタイミングは、中吊りの法則を参考にしよう

マーケットタイミングは、中吊りの法則を参考にしよう

アメリカ株投資をしている人にはお馴染みの、マーケットハックの広瀬隆雄さん。 その広瀬氏の著作MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法をキンドルで読んでみた。 マーケット・タイミングをマスターすることは難しいと一般的に言われているが、これは全くの根拠が...

個人投資家の税務戦略10か条は、もっと早く知っておきたかった

個人投資家の税務戦略10か条は、もっと早く知っておきたかった

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016を読んだ。 この本の良い所は、お金に関して著者の推奨しているActionを、言い切っている、断定している という点。 経済素人の私にも分かりやすく納得度が高い。 参考になった点を備忘録代わりに...

グーグル検索だけでお金持ちになる方法を読むと、仮説を持つ意義を考えさせられる

グーグル検索だけでお金持ちになる方法を読むと、仮説を持つ意義を考えさせられる

グーグル検索だけでお金持ちになる方法-貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略?を読んだ。 その内容と思ったことを記録しておく。 本の内容を簡単にまとめると、仮説を持つことが重要であるということ。 ①【仮説立案】 突拍子もない事でも、Google先生に聞き...

働かないって、ワクワクしない?

働かないって、ワクワクしない?

働かないって、ワクワクしない? を読んだ。 ブログ徘徊している際に見つけた著書。 購入して読み終わった。 働いたことがある人、働く予定がある人に一度は手に取ってほしい本である。 ”働く”という概念が少し変わるでしょう。 気になったワー...