10万円の使い道:節約ばかりでは息切れしてしまう! 個人投資家による1泊二日の家族旅行編

本記事では、一個人投資家の10万円の使い道を紹介します。

なぜって、個人投資家によるお金の使い方ってあんまり聞かないから。

もちろん投資家は、節約をして資産運用をするという生活習慣が身についている人が多いでしょう。

 

とはいえ節約ばかりでは息切れしませんか?

 

我が家は無駄遣いはしませんが、いつのまにかお金を使っているのですよね。

 

その一例として、2019年始休暇中に家族4人で1泊二日の旅行をして、10万円ちょっと使ってきたのでその道中を紹介します。

完全なる日記です。

スポンサーリンク

10万円の使い方;4人家族で一泊二日の国内旅行

2019年早々に発生した10万円の使い道は以下の通りでした。

費用金額(円)
レンタカー18,000
高速・ガソリン代5,000
いちご狩り5,000
動物園2,000
食事代8,000
宿泊費36,000
うなぎ代19,000
アウトレット22,000
合計115,000

 

10万円の使い道って言いながら、10万円超えていますけどね。

年始早々、アバウト。

気にせずにおきましょう。

レンタカーのプリウスを借りて、いざ横浜へ

レンタカーはプリウスを借りました。

1泊二日で1万8千円也。

 

もう少し安くできそうな気がします。

個人投資家の反省点。

 

そんなことより、高級車プリウスにもかかわらず子ども達が

 

「なんかこの前よりも狭い~」

 

なんて言うではないですか。

 

生意気。

 

振り返れば昨年末の太陽光発電所視察では、ステップワゴンをレンタルしたのでした。

プリウスよりもステップワゴンを借りる方がレンタル料が少し高いのですよね。

それでもプリウスは高級車でしょう。

 

レンタカー代の1.8万円を配当金で稼ぐためには、いくらの投資元本が必要だと思っているのだ。

 

金遣いの荒い大人に育ってはいけません。

次回はヴィッツかフィットを借りることにします。

 

生活レベルが落とせない典型例を目の当たりにしました。

5千円でいちご狩り;じゃらんで予約できるのでおすすめ

10万円の使い方

10万円の使い方

 

我が家の長男はイチゴが大好き。

なので毎年初めにいちご狩りにいくのですよ。

 

今年は太陽光発電投資の土地視察を兼ねて、静岡県に行く予定でした。

ところが、年末には予約なしでも参加可能だった農園が、年始になったらすべて満員に。

 

いちご狩りは中止か?と焦りましたね。

 

それでも必死にいちご狩りができる場所を探したら、

横浜市旭区に位置する「 二宮いちご園 」

が見つかりました。

2019年もツイテルネ。

 

朝10時からいちご狩りをして、そのあと横浜に遊びにいける場所にありました。

アクセスは、

  • 相鉄線 鶴ヶ峰駅 徒歩10分
  • 横浜駅から施設までは30分!

料金は <1月,2月>

  • 大人(中学生~)2000円
  • 小人(4歳~) 1600円
  • ~3歳      0円

 

じゃらんnetで予約できるので、めちゃめちゃ便利でした。

 

いちごって食べるだけなら、スーパーや八百屋さんでパック入りを買えばいいのですよね。

でも、いちごを捕って食べるという経験が何にも代えがたいのです。

 

二宮いちご園さん、おいしいイチゴをありがとう。

2千円で、横浜市の動物園ズーラシアへ

10万円の使い方

10万円の使い方

 

いちご狩りに行ったあとは、象さんを見てきましたよ。

あとはオカピとか。

横浜市にあるズーラシアですね。

 

ここから、箱根の宿泊先に来るまで出向いて一泊しました。

 

横浜の大涌谷に行ったら、雪降って来た

10万円の使い方

10万円の使い方

 

家族で箱根に泊まったら、大涌谷にいくでしょう。

私は小学生の時に行った以来なので、ワクワクです。

とはいえ私以外、家族は乗り気ではなかったのですけどね。

 

そんなことだから、翌朝から雪が降ってきてしまいました。

 

もはや大涌谷の噴煙地は、真っ白で何も見えません。

ガッカリもいいところ。

駐車場代の500円を返してほしいです。

御殿場アウトレットでお買い物の後は、鰻ランチ

10万円の使い方

10万円の使い方

 

朝に大涌谷に行って何も観光できなかった我々は、御殿場アウトレットにいくことに。

お買い物というより、家族みんなが大好きな鰻を食べに行ったのですよ。

 

雪の大涌谷へのリベンジですね。

何がリベンジなのか分かりませんが、そんな気分だったのです。

 

アウトレットでサクッと買い物した後は、「神田きくかわ 御殿場店」で鰻ランチをしてきました。

 

ちなみに写真の鰻は、うな重(ロ) 4,950円。

鰻が折り返してあるほど、沢山入っています。

余りの鰻の大きさに、ごはんが余ってしまう程。

 

これは投資家としては過剰投資といわざるを得ません。

もし、神田きくかわ にいくなら、うな重(イ) 3,650円、がおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

家族持ちの個人投資家が考える、10万円の使い方

さて、ここまでお付き合いいただいたあなたに感謝申し上げます。

 

最後に、我が家の子供たちに聞いた旅の感想を紹介しますね。

 

はちどう「今回の旅行でよかったことはある?」

 

「いちご狩り」

 

「うなぎ」

 

「家族で泊まれたこと」

 

あとは、

「動物園」

 

最後まで、「大涌谷」の答えは出てきませんでした。

私の一押しだったのですけど。

ちょっと寂しい。

 

とはいえ、10万円を使って家族で過ごした時間は貴重です。

10万円の使い道は人それぞれですが、家族持ちの個人投資家としては、妻や子ども達と過ごす時間や体験を重視したいですね。

 

以上、10万円の使い道:個人投資家による1泊二日の家族旅行編 でした。

 

10万円の使い道:クリスマスのプチセレブ気分編
サラリーマンが幸せに働くための3つの数字
30代迄に知っておきたい、お金の稼ぎ方・使い方・貯め方
子どもと一緒に考えた、3つのお金の使い方
5,000円で何ができるか、子どもと一緒に実験した結果は?