長期投資とは何を前提としているのか?

スポンサーリンク

個人投資家の長期投資とは、健康であり続けることを前提としている

長期投資とは、資産運用の王道です。

複利の効果を味方につけ、資産を増やすことができるからです。

しかし長期投資にはデメリットがあります。

 

時間とともに、個人投資家も年齢を重ねるということですね。

 

人間は年齢が高くなればなるほど、健康リスクが顕在化します。

10年・20年単位で投資戦略を練る人もいるでしょう。

永続する企業や株はいいのですが、不老不死ではない個人投資家はそうもいっていられません。

 

簡単言えば、長期投資とは個人投資家やその家族が健康であり続けていることを前提としているわけです。

最近、そんなことを強く感じる出来事があったので記録しておきます。

404 NOT FOUND | アメリカ株でアーリーリタイアを目指す
米国株投資と不労所得の拡大により、経済的自由を達成するまでを記録するブログ
スポンサーリンク

長期投資の年数は17年

そもそも、長期投資とはどのような定義なのでしょうか?

何年以上だと長期投資というのでしょうかね。

 

明確な定義はありません。

 

ですから私は自分で長期投資を定義づけしています。

長期投資とは17年以上の運用期間を指すとしているのです。

米国株では17年以上の運用期間であれば、マイナスリターンとならないというデータがあるからです。

長期投資の期間とはいったい何年なのか?
長期投資とは株式投資をする上ですすめられる戦術のひとつです。 長期投資とはいったい何年のことを言うのだろうか? その明確な答えはないのです。 そこで今回は長期投資とはいったい何年であるのかを考察していきます。 ...

 

スポンサーリンク

このまま長期投資を続けていいのだろうか?

引用:慶應大学

 

17年間というと、外部環境も内部環境も大きく変わるでしょう。

 

数週間前に、健康診断をうけました。

胃カメラも実施したのですよね。

そうしたら、なんと胃に粘膜下腫瘍が見つかってしまった、、、

 

念のために生検。

 

そして2週間後、「紹介状と画像CD渡すから来てください」とナースから連絡を受けました。

そんなわけで来週、医師面談に行ってきます。

 

きっと精密検査ですね、これは。

 

GISTだったら困るなぁ。

 

胃カメラ時に先生と一緒にみたのですが腫瘍径は2cmに達していませんでした。

ですからそれほど大きな出来事だとは思っていません。

それでも健康リスクが顕在化したことに変わりはないのです。

 

こんな体験をすると、「長期投資なんかしていていいのかな」と思ったりします。

スポンサーリンク

今も未来も両取りしてしまえ

健康であろうと投資であろうと、未来が読み切れないことは万人に共通しています。

しかし未来を作るのは今だというのは確かでしょう。

つまり未来を憂うるだけで行動をしなかったら、何も解決しないのです。

 

今を生き、未来を自ら作るという気持ちが大事なのでしょう。

 

ちょっと哲学的になってきましたね。

とにかく、長期投資はお金の未来だけではなく、個人投資家自身の将来リスクを内包しているのです。

だとすればすこし欲張って、今も未来も両方ポジティブな結果を狙ってみましょうか。

 

そんなことを感じた2018年10月末。

 

以上、「長期投資とは何を前提としているのか?」でした。

 

関連記事の紹介

長期投資とは、思っているより難しいのかもしれません。

404 NOT FOUND | アメリカ株でアーリーリタイアを目指す
米国株投資と不労所得の拡大により、経済的自由を達成するまでを記録するブログ

 

株価の長期停滞局面に遭遇でもしたら、困ったことになりますね。

株価の低迷、長期停滞リスクを想定しておく必要はあるのか?
株価低迷・長期停滞の可能性を持っておく必要がある 個人投資家は、株価低迷とくに長期停滞のリスクを想定しておくことが良いです。 各国の株式実質リターンをみると、50年にわたってマイナスだったことがあります。 直近...

 

気絶投資法は、長期運用に適している方法ですね。

気絶投資法とは何かを考えてみた結果は?
気絶投資法が必要な理由 気絶投資法とはどんな意味があるのでしょうか? 情報過多社会に生きる投資家は、不必要なニュースを目にしがち。 誰でもスマホやアプリで相場がみれ、リアルタイム株価がチェックできる時代です。 余...

コメント