投資信託は儲かるのか?

スポンサーリンク

投資信託は儲かるとは言い切れない

投資信託は儲かるのか? KPIを比較

引用:日経新聞

 

投資信託は資産形成に有用です。

しかしながら、投資信託が儲かるのかというと必ずしもそうではない。

金融庁が設定から5年以上の投資信託のKPIを開始するように求めた事から、どのくらい儲かっているのかが判明しました。

 

上図は2018年3月末時点における、主要金融機関の顧客の投資信託評価損益です。

左側が含み損、右に行けば行くほど含み益が大きいという意味です。

 

2018年3月末時点のスナップショットですが、投資信託で儲かっている人ばかりではないと言えるのではないでしょうか。

 

もちろん一部の個人投資家が投資信託で儲かっているのは確かです。

一方で個人投資家全体を俯瞰してみると、投資信託が儲かるとは言えないという事実が浮かび上がっています。

スポンサーリンク

投資信託を銀行で買うと、儲からない確率が上がる

引用:日経新聞

 

 

投資信託で儲けるためには、どういった方法があるでしょうか。

 

日経新聞の情報からは、

 

どの金融機関で購入するのか

 

という視点が大切だとわかります。

 

メガバンクのような銀行で投資信託を購入すると、儲かる確率が減るのです。

 

銀行窓口では、売買手数料や信託報酬、つまり高コストな投資信託を中心に販売されていることが原因でしょう。

 

もちろん高コスト投資信託を購入するかわりに、住宅ローンや各種融資の金利優遇が受けられるなら問題ありません。

しかしながら投資信託で儲けようと思ったら、銀行窓口で購入するのはおすすめできない。

 

銀行窓口の投資信託は、手数料が高いというデメリットがあります。

高コストは投資リターンの低下につながります。

したがい銀行で投資信託を買うと、儲かる確率が減ります。

スポンサーリンク

投資信託はインターネット証券で購入すると儲かる確率が高くなる

 

上表は主要インターネット証券4社の、2018年3月末時点の投資信託の評価益の割合を示しています。

インターネット証券では、投資信託で儲かっている割合は6割以上となっていました。

 

銀行窓口よりも人件費のかからないインターネット証券会社では、投資信託で儲かる確率が高くなると言えそうです。

もし投資信託を購入するなら、銀行窓口ではなくインターネット証券の方がいいでしょう。

 

一方で35%前後のひとは、インターネット証券経由で購入しても投資信託で儲かっていません。

投資信託が儲かると言い切れないデータではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

投資信託をインターネット証券で買ったとしても、めちゃめちゃ儲かるというわけではない

 

上図は主要インターネット証券4社の、投資信託の評価損益状況を比較したものです。

評価益が50%ある割合をみると、楽天証券・SBI証券が4%を超えており他社より高くなっています。

 

楽天証券やSBI証券では

  • 販売している投資信託のリターンが優れているのか
  • 個人投資家がうまく運用しているのか
  • それとも今回の対象時期が長いからなのか

いろいろな要因が考えられます。

 

インターネット証券で投資信託を購入する際には、リターンに大きな格差は存在しないと思います。

だとすると、運用期間を長くすれば投資信託で儲かる確率が高くなるといえるかもしれません。

 

注意したいのが、SBI証券・楽天証券の両社ともに対象期間を長くとっていることです。

  • 楽天証券は1999年8月30日
  • SBI証券は2009年12月1日

 

逆に言うとこの時期から投資信託に資金投下をしていたとしても、50%を超える収益を上げている人は4-5%程度なのです。

 

大きく儲ける前に売却しているのかもしれません。

株式ではなく、低リスク・低リターンの投資信託を選んでいるのかもしれません。

 

いずれにせよ、収益率50%以上をえている人の割合は4-5%であることは事実です。

インターネット証券経由で投資をしたとしても、投資信託が大きく儲かるとは言えないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ:投資信託は資産形成に有用だが、絶対に儲かるとは言えない

投資信託は長期・積立・分散投資を容易に可能としてくれる商品です。

最近では低コストな優良商品が多く発売されており、資産形成に有用です。

 

しかしながらリスク(価格の変動幅)が存在しています。

リスクがある時点で、絶対に儲かるとはいえないですし、事実儲かりまくっている人は少ないというデータが公開されました。

 

残念ながら投資信託で儲けるのはそう簡単ではない。

それでも投資信託でしっかりとリターンをあげている人がいるのも確かです。

 

もしあなたが投資信託で儲けたいと思ったら、3冊の投資信託本を読んでおくといいですよ。

書籍代は確実に回収できるでしょうから。

 

以上、「投資信託は儲かるのか?」でした。

 

 

関連記事の紹介

投資信託の中では、まずは株価指数に連動するインデックスファンドを選ぶのがいいです。

インデックス投資の始め方、7つのステップがおすすめ
米国株の投資信託が発売されています。 米国市場の株価指数に連動するインデックスファンドですね。 S&P500 NYダウ30 ナスダック100 など。 世界中で人気の株価指数です。 そんな株価指数...

 

投資信託では、つみたてNISAを活用するのがいいですね。

つみたてNISAの始め方7ステップで紹介
つみたてNISA制度(積立NISA)が2018年から設定されています。 長期・分散・積立投資を前提とし、20年の間、評価益に対し非課税となる制度です。 年間の上限投資枠は40万円。 月3万円ちょっとの積立投資がおす...

 

投資信託による積立投資のリターンを適宜公開中

積立投資のリターンを公開中
私はインカム投資を心掛けています。 投資の目的が経済的自由の獲得にあるから。 したがって米国株投資のKPIは、配当金や分配金。 ところがインデックスファンドの積立投資を併用している。 ではなぜインデッ...

コメント