株式投資で感情コントロールが大切な理由

スポンサーリンク

株式投資では感情に取引が左右されがち

株式投資では感情のコントロールが重要です。

なぜなら人間は深層心理・感情をベースに行動に移しがちだからです。

さらに株式投資などの金融資産は流動性が高く、売買が容易。

つまり感情から株式取引という行動へと結びつきやすいのです。

流動性の高い商品に投資するときこそ、投資家自身の感情抑制が大切になってきます。

たとえば株式投資の取引を、不動産投資と比較してみましょう。

不動産の売買は株式投資ほど簡単ではありません。

不動産投資では感情のおもむくままに行動したとしても、結果がでるまでに時間を要します。

不動産投資のメリットのひとつに、現在価値が見えにくいという点があります。

つまり株式投資のような株価に左右される投資行動を起こしにくいのです。

人間の心理を考えてみても、資産三分法のひとつに不動産が入っているのはうなずけます。

一方の株式投資では思い立ったらすぐに売買ができます。

インターネット証券などは、親指だけで株式取引が可能。

感情の赴くままのトレードだってできます。

このようなテクノロジーの進歩を背景に、株式投資では感情のコントロールが大切になってきています。

流動性の高さ、取引注文のしやすさという株式投資のメリットに対する、負の側面といえます。

資産には大きく分けてふたつあります。 金融資産 実物資産 このふたつの資産の違いが気になります。
スポンサーリンク

株式投資で感情と取引注文は自身でコントロールが可能

個人投資家が、株式投資をする際に気を配る点はどういったものがあるでしょうか。

  • 自分(投資家自身)
  • 証券会社
  • 売買する株式など金融商品
  • 株式市場
  • 経済動向など

このなかでコントロールが可能なのは投資家自身だけです。

投資家自身をふたつに分解すると

  • 感情
  • 取引行動

となります。

つまり株式投資で気を配っている項目のなかで自分がコントロールができるのは、感情と取引注文のみということになります。

そして行動に結びつくのが感情です。

感情を抑えることができれば、株式取引を手中にできます。

ですから感情のコントロールが大切だといわれます。

一言で表現すると、「投資は自己責任」ということになるのでしょうか。

投資方法に正解は無い! ではどうする? あなたも私も、「正解のない・答えのない時代」を生きています。 答えがないからこそ、知識よりも

感情のコントロールができず、株式取引をした結果は?

私は感情のコントロールが苦手です。

むしろ感情の起伏を楽しみながら株式投資をしている風もあります。

楽しむのは良いのですが、投資リターンにはマイナスです。

いわゆる雰囲気で投資をやっている状態。

かつて感情のおもむくままに株式取引をした結果を調べたことがあります。

結果、感情のコントロールをせずに株式投資をすると、リターンの低下につながるとわかりました。

まぁ、いまでも変わらず雰囲気で株をやっているのですけどね。

雰囲気で米国株をやっていた 私は米国株の運用指針を策定しています。 これはノリや勢いでの米国株売買をしがちである自分への戒めでもある

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。

2流・3流の愚者であっても、おのれの経験からは学習できます。

感情のコントロールをせずに株式投資をしたら、右肩上がりの米国株といえども収益向上につなげるのが難しくなります。

個人投資家は、みずからの感情コントロールをする術を身につけなくてはいけません。

自らへの戒めとして、株式投資で感情コントロールが大切な理由を振り返ってみました。

関連記事の紹介

感情のコントロールをせず、株式取引を外注化するのが積立投資です。

私はインカム投資を心掛けています。 投資の目的が経済的自由の獲得にあるから。 したがって米国株投資のKPIは、配当金や分

なぜ株式投資をするのか、その目的と目標を定めれば、感情に左右される可能性が小さくなります。

投資の目的は必要か? 上図は金融商品の保有目的に関するアンケート結果です。 「将来・老後の生活資金」の為に、投資をし

太陽光発電投資は安定したキャッシュフローを生みますし、流動性が低い実物資産です。感情のコントロールが苦手な投資家にはよい投資対象だと思います。

私は太陽光発電投資をしています。 いわゆる分譲の野立て太陽光発電所に法人設立した上で投資をしているのです。 少しずつ太陽