サラリーマンには投資がおすすめだと思う4つの理由

スポンサーリンク

サラリーマン、とくに20代・30代には資産運用が必要だといわれます。

金融庁からは広く分散された株式投資がおすすめされています。

その結果うまれたのがNISAやつみたてNISA。

国民に株式投資を普及するための布石となる非課税口座制度です

サラリーマンの強みをあげると、

  • 安定した給与収入

があげられます。

このサラリーマンの強みを生かした結果、入金投資法がおすすめされます。

換言すれば、積立投資。

サラリーマンにはコツコツ投資が受け入れやすいですからね。

ではなぜサラリーマンに株式投資がおすすめされているのでしょうか?

おすすめされている理由は、サラリーマンがおかれている状況をみれば明らかです。

それではサラリーマンの環境分析して、現状を見ていきましょう。

入金投資法とは投資元本を一定間隔で追加していく方法。 株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。 とくにサラリーマ

サラリーマンに投資がおすすめされる理由を、PEST分析を使って考えてみた

サラリーマンの置かれている環境は、働き方改革によって大きく変化する

サラリーマンにとって、働き方改革法案はパラダイムシフトといっていいです。

日本のサラリーマンが抱える問題点が法律に明記されたのですから。

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(平成30年7月6日公布)の概要を抜粋すれば以下の通り。

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、 多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

いまのサラリーマンには3つの課題があるとわかります。

日本のサラリーマンの働き方にある3つの課題

  1. 正規、非正規の処遇差
  2. 長時間労働
  3. 単線型のキャリアパス

つまり、いままで通りの働き方や考え方ではNGだと言っているようなもの。

これからの時代、サラリーマンは変化を許容し、みずから変わっていける体制を整備する必要があります。

その手段が、兼業であったり投資であったりするのです。

経済状況は厳しい、それは日本国もサラリーマンも同じ

ここ数年、日本のGDP成長率は1%前後となっています。

少子高齢化という人口動態も相まって、経済情勢は厳しいといえそうです。

失われた10年から20年、そして30年となるでしょう。

このような経済状況もあり、サラリーマンの可処分所得は減少の一途。

給料の手取が下がり続けているのです。

たとえば年収700万円のサラリーマンは、2002年~2017年の間に手取りが50万円も低下しています。

-50万円

サラリーマンの懐事情は厳しい。

ジリ貧ですよ。

そもそも経団連所属の大企業の部長さんですら月収70万円程度の日本。

給料だけで資産形成をなしていくにはちょっと厳しい状況です。

せめて給料の手取り減少分くらいは、投資でカバーできるとよいですね。

サラリーマンのあなた、「給料は増えているのに手取りが増えないなぁ」なんて思いませんか? それもそのはず。 国の財政は厳しく、税金

労働人口の減少は、サラリーマンにとって追い風か?

労働力人口の推移、引用:厚生労働省

日本は少子高齢化社会を迎えています。

したがい労働人口の減少が加速しています。

その結果、労働者は売り手市場となります。

サラリーマンには追い風ともいえそう。

一方で、必要とされる労働力とはどのようなものでしょうか?

投資に見合うリターンやバリューを産み出す労働者が求められます。

なかなかに厳しい基準。

生産性の向上が求められていますからね。

ですから労働人口の減少が、すべてのサラリーマンに追い風とはならないでしょう。

AI等、テクノロジーが労働力を代替する

野村総研によれば、今後10~20年に、日本の労働人口の約49%がAIに代替されると予想されています。

49%

うかうかしていると、サラリーマンがもつ身体という資本が、根本から崩れるかもしれません。

だとすればもしお金が必要な場合には、自分以外の働き手をみつけておきたい

お金に働いてもらう、いわゆる投資がサラリーマンには求められるわけです。

お金のために働いているのは、高収入の人もおなじ 世の中にはお金に不自由せず、世のため人の為、社会貢献を目的に仕事をしている人もいるでしょう

スポンサーリンク

サラリーマンに投資がおすすめされる理由

サラリーマンの置かれている環境は、想像以上に厳しいです。

常に変化が求められる時代に突入しています。

これまで通り、のほほんとサラリーマン生活を送れる状況はもはや過去のもの。

したがいサラリーマンにもリスクヘッジが必要となります。

たとえば給料という一つの収入源だけではなく、複数に分散しておきたい。

だとすると、資産運用や投資はひとつの選択肢となってきます。

ですからサラリーマンにとって投資は必要だといえるでしょう。

必要というか、投資はサラリーマンにとって自己防衛を兼ねています。

そのくらい、サラリーマンがおかれている環境は厳しいのです。

とはいえ働き方改革法案がある。

つまりサラリーマンをやりつつ、副業や投資という手段を大手を振って兼業することができる時代なのです。

副業2.0なんて言葉もうまれているくらいですからね。

サラリーマンは、この機会を有効に活用したいもの。

エッセンシャル思考でいきていきましょう。

いずれにせよサラリーマンにとって投資は必要かどうか、ではなく、当たり前となることでしょう。

こんな背景があり、サラリーマンには投資がおすすめされているわけです。

時代は、サラリーマン投資家を求めているということですね。

関連の紹介

人生の経営者はだれなのか?

人生の経営者は、あなた自身 金融庁が公開した国民の資産形成促進のためのビデオクリップ教材、動機篇:資産形成の重要性には、大

わざわざサラリーマンをやらずに、ダウンシフトしたっていい

ダウンシフトとは? ダウンシフトという生き方に興味がでてきました。 ダウンシフトとは、どのような意味でしょうか? 一緒に考えて

私は不労所得を増やし、サラリーマンの環境リスクに対策しています

経済的自由とは不労所得で生活費が賄える状態を指します。 もし経済的自由を得たいと思ったら、不労所得を増やしていくことが近道。