投資初心者による投資実践ブログ

スポンサーリンク

投資初心者向けのブログってどんなものでしょうか?

  • 内容が、投資初心者むけのブログ
  • 書き手が、投資初心者によるブログ

こんなところ。

ここでふと気づきました。

当ブログは

  • 投資初心者の
  • 投資初心者による
  • 投資初心者の為のブログ

であるのだと。

なにせ私の投資歴を振り返ると以下の通り。

投資対象がころころ変わっている。

開始年 投資対象 経験年数
2004年 日本株 3年+α
2008年 不動産 6年+α
2014年 米国株 3年+α
2018年 太陽光 開始直後

移ろいやすいのは、女心と秋の空だけではないのですね。

気をつけましょう。

本記事では、いつまでたっても投資初心者である私が、節目節目で感じていたことを記録しておきます。

いつまでも投資初心者なのは、投資先が変わっているから

いつまでたっても投資初心者

いつまでたっても投資初心者

上表は私の投資歴を示しています。

投資初心者から抜け出すには何が必要なのでしょう?

投資経験を答えとするならば、その実施期間や投資年数は重要なファクター。

とはいえ、投資対象がかわるとその経験はリセットされます。

たとえば日本株投資で百戦錬磨の投資家が、不動産投資でも同様かというとそうではないでしょう。

私の場合には

  • 日本株→不動産→米国株→米国株+太陽光

と、主な投資対象が移り変わっています。

ですからその先々ではいつでも投資初心者であるというわけです。

そして投資リターンはいつも平凡。

投資先を変えない方がよかったのかもしれません。

それでも新たな投資先を選択することで、新鮮な気持ちをいつまでも持っていられるというメリットはありますよ。

私の投資歴

開始年 投資対象 経験年数
2004年 日本株 3年+α
2008年 不動産 6年+α
2014年 米国株 3年+α
2018年 太陽光 開始直後

スポンサーリンク

投資初心者による投資初期費用

投資対象が変わる度に、初期投資費用が上がっている

投資対象が変わる度に、初期投資費用が上がっている

上表は投資先に対する投資元本の初期金額を示しています。

今回振り返ってみてわかったのは、初期投資元本が徐々に上がっているということ。

もちろんそれぞれの投資対象に対して、入金投資は実行しています。

つまり初期投資の後、タネ銭を逐次投入していたということ。

いずれにせよ、投資対象を変更する際にはその初期元本が大きくなっているのはわるいことではないでしょう。

開始年 投資対象 初期投資元本
2004年 日本株 100万円
2008年 不動産 400万円
2014年 米国株 1,000万円
2018年 太陽光 2,000万円

投資初心者が、節目節目で感じたこと

日本株投資を開始したきっかけ、投資初心者になった

私が投資を開始したきっかけは何だったか?

その理由は2つに集約されます。

  1. 給料の手取りが減ったこと
  2. 先輩に株式投資がいいよと言われたこと

ちょうど私が入社したころ(2002年)から、社会保険料やら各種税金やらの負担が大きくなり始めました。

ですから投資初心者というか投資未経験者でも漠然とした不安はありましたね。

そのような中、投資経験者である身近にいた先輩が

「株式投資がいいよ」

とすすめてきました。

背中を押してもらった形で、投資を開始し投資初心者の仲間入りをしたのでした。

>>給料の手取りが増えない理由、サラリーマンは早めの対策を

不動産投資をする際には、初心者マークは外したかった

日本株投資を始めたのですが、3年もたたないうちに投資へ意識が向かなくなりました。

  • 飽きっぽい性格
  • 本業がかなり忙しくなった

こんな理由です。

社会人5年目ころは、モーレツ社員でしたね。

おかげで給料は上がっていき、いまの自分と収入があるのだと思っています。

その頃、20代中盤だというのに帯状疱疹になりました。

痛かったなぁ。

そんな状況でしたがふと手に取った本が「金持ち父さん貧乏父さん」

この本をきっかけに不動産投資に興味をもちました。

とはいえ飽きやすい性格の私。

そこで対策をふたつ練りました。

  • 不労所得にフォーカスする
  • 投資する前に勉強する

不動産投資の勉強を独学で実施し宅建免許をとり、インカムを狙った投資を始めたのです。

狙うは、5棟10室。

米国株投資は初心者から入り、記録を兼ねてブログを始めた

米国株投資の開始は2014年末から。

不動産投資ではインカム(家賃)が下がる可能性が高いことが懸念でした。

それにもかかわらず当初の目標であった5棟10室は。半分にも満たず。

ここでも”飽き”が襲ってきていたのでした。

安定した家賃収入で満足し、途中で追加投資を怠ってしまったのです。

そこで発生したのが、家賃値下げ交渉連続事件。

賃借人や不動産投資屋から、家賃引き下げ要望を受けたのです。

インカムが年々下がる可能性を実感しました。

そのとき目についたのが米国株の連続増配株。

AT&Tが高配当で30年以上も増配しつづけていることをしり、驚きました。

そうなれば即行動。

保有していたワンルームは全て5年が経過していたので売却。

米国株投資へと傾倒していったのです。

ただし米国株でもインカムを狙った投資を心がけています。

飽きっぽい自分の性格から、不労所得が合っているのだと思っているから。

つまりいつまでたっても投資初心者であるという自己評価があるからですね。

追加して、投資記録をつけるためにブログを始めました。

それがいまの当ブログです。

太陽光発電投資は、投資初心者でも手堅い対象だと思って参入

太陽光発電投資は2017年後半に着手し、2018年夏から稼働しました。

国の買取固定価格制度があるので手堅い投資対象だと思い、参入しました。

またペーパーアセットばかりなので、ハードアセットも組み合わせたかったことも背景にあります。

とはいえ太陽光パネルがどうやって発電するのかはさっぱりわからない。

電力と電圧の違いすらも危うい。

太陽光発電投資初心者だけにとどまらず、電気オンチ・メカ音痴までついて回る惨状。

それでも投資はできるのですよね。

投資初心者による投資実践日記ブログ

いつまでたっても投資初心者な私。

それは投資対象が3~6年周期で変わっているからです。

永久若葉マークつけようかな。

それでもその投資サイクル毎に投下する初期元本は毎回大きくなっている。

開始年 投資対象 初期投資元本
2004年 日本株 100万円
2008年 不動産 400万円
2014年 米国株 1,000万円
2018年 太陽光 2,000万円

大きな成功はしていないけれども、失敗は避け続けてこられたかな、と認識しています。

これまでの延長線で、投資初心者からの脱却を目指すのではなく、のんびりと投資を続けていければいいと思っています。

ということで、今後も投資初心者の投資実践ブログは継続していきますよ。

もちろん、一番の好みは増配してくれる米国株。

関連記事の紹介

投資初心者におすすめな本

お金があると人生が豊かになります。 もちろんお金が全てではありません。 それでもお金が無いよりはある方が選択肢が増えるのですよね

米国株投資初心者向けの記事一覧

私は2015年からアメリカ株投資を開始した。それまでは日本株を少しとワンルームマンション投資の経験があった。 つまり米国株初心

投資初心者でもアメリカ株が簡単に購入できる環境です

アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思います。 米国株投資の環境が整備されてきているからです。 例えば