個人投資家の運用成績、私のパフォーマンスを公開 2018年6月

スポンサーリンク

投資をしていると、他人の運用パフォーマンスが気になったりします。

個人投資家のあなたはどうですか?

でも他人の運用成績を気にする前に、自分の投資成績をしる必要がある。

ということで、2018年6月末時点の運用成績を調べてみました。

個人投資家の運用成績を公開

私は配当金・分配金などのインカムを、投資のKPIとしている。

ですからトータルリターンを確認するのは久しぶりです。

つみたてNISAへの投資、運用成績

  • 運用開始:2018年1月
  • 投資元本:208,000円
  • 運用成績:-0.8%

つみたてNISAは2018年1月から開始された制度。

20年間、売却益に対して非課税であることが特徴です。

積立投資6か月間の運用成績はマイナスとなっています。

続けることが大切な積立投資。

のんびりと構えているしかありません。

>>つみたてNISA、ひふみ・iFreeS&P500等の利回り公開

>>つみたてNISAで商品を積立注文する方法【楽天証券】

スポンサーリンク

トライオートETFへの投資、運用成績

  • 運用開始:2018年4月
  • 投資元本:250,000円
  • 運用成績:+5.9%

トライオートETFでは、小型株ETFを自動売買しています。

インカムが積みあがる代わりに、自動売買でキャピタルゲインを積み上げていくイメージです。

はじめての自動売買ETFなので恐る恐る開始したトライオートETF。

3か月目の運用成績は、予想以上にプラスとなっていました。

>>トライオートETFのメリット・デメリット

ウェルスナビの運用成績

  • 運用開始:2018年4月
  • 投資元本:310,000円
  • 運用成績:+2.5%

ウェルスナビのメリットは、税金・節税にまで気を使った全自動運用である点。

デメリットは年間1%の手数料。

AI・人工知能は、人間に対して優れる部分が多いです。

近い将来、投資に関してもAIはさらに大きな役割を担うと思います。

そんなわけでウェルスナビで月3万円の積立投資しています。

>>ロボアドバイザーでウェルスナビを選んだ3つの理由

ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用成績

  • 運用開始:2016年2月
  • 投資元本:725,000円
  • 運用成績:+14.9%

子供口座(SBI証券)での運用成績結果。

インデックスファンドの運用リターンは優れたもの。

月2.5万円の積立投資でいつのまにか10万円を超える評価益があります。

子供2人にそれぞれ月2.5万円の積立投資。

いずれは子供口座で米国個別株を買いたいと思っています。

とはいえインデックスファンドの投資パフォーマンスをみると、このままでもいいかなとも思ったりします。

>>株式投資は何歳から出来るのか? 子供が小さくても口座は作れる

>>インデックス投資の利回りを公開:2年間の積立投資の運用成績は?

米国株ポートフォリオの運用成績

  • 運用開始:2014年末
  • 投資元本:23,000,000円
  • 運用成績:+12.6%

配当金・分配金を狙った米国株ポートフォリオです。

このポートフォリオの単独利回りを日本円で久しぶりに計算してみました。

予想以上に低いですね。

ついでに年初来リターンを計算したら、マイナス6%でした。

2017年に800万円の投資元本を追加したことはちょっと失敗だったかもしれません。

困ったものです。

でも配当金額は順調に増えている。

ですからこのまま入金投資を継続していきます。

>>ETFで配当狙いのシーゲル流ポートフォリオを作ることにした理由

個人投資家として今後はどうする?

私が株式投資に本格参入したのは2015年からです。

そのときに、12年間で経済的自由を達成することを目標としました。

換言すれば、年間500万円のインカムを得ること。

あれから3年半。

まだまだ道半ばです。

むしろ進捗に遅れがみられています。

そのため、太陽光発電投資を開始し対策をうちました。

これにより家族持ちサラリーマンでも経済的自由の達成が可能となるはず。

>>経済的自由人を目指すサラリーマンの現状と課題【18年5月】

これからもお金に関する総合力

  • 稼ぐ力
  • 使う力
  • 殖やす力

を意識し、前に進んでいきたいと思います。

>>資産形成層の30代サラリーマンに総合力が必要だと思う3つの理由

そのためにペーパーアセットでは

を中心に資金投下していきます。

もちろん、投資は自分と家族の人生を豊かにするための手段にすぎないことは忘れてはなりません。

関連記事です

運用はもちろんですが、副業・収入源の複線化を含めた総合力を重視しています

サラリーマンに副業を容認する時代となっています。 むしろ副業がおすすめされているといっても過言ではありません。 ですから副業につ

個人投資家は暴落に気を付けておきたいですね

個人投資家のパフォーマンスが気になったのでまとめてみた 他人の運用成績は気になりませんか? えっ、気にならない? いやいやそん

現金比率には気を配っておきたいです

バークシャーハサウェイの現金比率について、一緒に考えてみましょう。 オマハの賢人ウォーレン・バフェットのポートフォリオの現金比