トライオートETFとウェルスナビの使い心地を比較

スポンサーリンク

トライオートETFとウェルスナビをつかった投資をはじめて2か月が経過しました。

いずれの投資手法も、ほぼほったらかし。

ブログに書いておかないと、うっかり忘れてしまいそう。

忘れた方が投資にはいいのかな。

そんな悩みも抱きつつ本記事では、トライオートETFとウェルスナビ積立投資の実績と使用感を記録していきます。

トライオートETFの実績を公開(2か月目)

  • 25万円入金
  • 小型株、追尾
  • 12.5万円分だけを発注

順調に収益をあげてくれているようです。

トライオートETFには、新しくライジングというロジックが追加されました。

今後はこのライジングを使用するか、スリーカードを追加するか検討したい。

つまり

  • 25万円を入金して合計50万円にする
  • 発注額はその半額の25万円分にする(現在12.5万円)

こんな風に思っています。

スポンサーリンク

ウェルスナビ積立投資の実績を公開(2か月目)

ウェルスナビでの積立投資をした時期がよかったからか、予想より大きなプラスになっています。

日本円では+5.72%。

相場と為替に助けられた結果ですね。

このように、投資額に対して評価額が下回った時期がありません。

株価下落局面がくれば、投資元本割れとなることもあるでしょう。

とはいえ、いまは順調な投資状況を喜んでおきます。

アセット別にみると、米国株が引っ張っているのがわかります。

債券やゴールドが活きてくる相場はいつやってくるのでしょうか。

株価暴落は勘弁してほしいです。

とはいえ、株価が上がり続けるというのもありえない。

いつかはくる調整局面に耐えられるだけの資金力・精神力を身につけておきたいですね。

>>ウェルスナビの手数料は高くないと思う3つの理由

トライオートETFとウェルスナビの使い心地を比較

いずれの投資方法も、開始してから2カ月が経過しました。

使い勝手は良好です。

というのは、ほったらかしで手がかからないから。

トライオートETF、ウェルスナビ、どちらも相場が大きく動く局面でいきてくると考えています。

つまり個人投資家ではできないような、投資活動を期待しているのです。

そんな状況はまだ来ていません。

ですからトライオートETF・ウェルスナビの評価はもうすこし長く経験してからにしてみましょうかね。

その状況は適宜ブログで公開していきます。

>>>トライオートETFの実績をブログで公開するメリット・デメリット

しばらくの間は、のんびりと投資継続していこうと思います。

  • トライオートETF:25万円の追加入金して継続
  • ウェルスナビ   :毎月3万円の積立投資

最後に、トライオートETFとウェルスナビがどんな人におすすめなのかをおさらいしていきます。

トライオートETFをおすすめする人

  • 米国株取引がしたい
  • でも売買タイミングは読めない
  • さらに心理的に弱い
  • そして、自動で全部お任せしたい

公式サイト→トライオートETF

ウェルスナビがおすすめな人

  • 時間をかけずに積立投資を続けたい
  • 既に、つみたてNISAを実施してる
  • それでもまだ余力資金がある

こんな人にはウェルスナビのサービスが合いますね。

関連記事です

楽天証券がiシェアーズ東証上場ETFの売買手数料を無料にしました。となると、ウェルスナビのメリットが半減するかもしれません。

ウェルスナビの手数料は1%です。 2018年になり、低コストインデックスファンド投資信託が多くから選べるようになりまし

トライオートETFは想像していたよりも、よいサービスかもしれないと感じ始めています。

トライオートETFは、各国の代表するETFを自動で取引できる新しい自動売買システムです。 インヴァスト証券が提供するサービスであるトラ

思考錯誤をしながら投資方法を検討したい。

投資方法に正解は無い! ではどうする? あなたも私も、「正解のない・答えのない時代」を生きています。 答えがないからこそ、知識よりも

コメント

  1. 太陽光発電でアーリーリタイアをめざす に変更しては? より:

    アメリカ株じゃなくて太陽光発電とアフィリエイトでアーリーリタイアを目指すブログになってる。目指す系のブログは具体性も緊急性も無いので羊頭狗肉の内容になりがちです。借り入れして太陽光発電に1億円投入してしまうと、確かに米国株投資ブログというより、太陽光発電ブログになりますね