トライオートETFの実績検証をブログ公開、設定は小型株・追尾

トライオートETFの実績を更新します。

 

トライオートETF自動売買設定は以下の通り。

  • 2018年4月~開始
  • 入金額は25万円、発注は12.5万円
  • 小型株・追尾
スポンサーリンク

トライオートETFの実績検証

トライオートETF、小型株・追尾で+7,000円(2018/05/18)

 

トライオートETFで自動売買を開始してから、1.5カ月が経過しました。

25万円入金し、その半額での取引設定です。

 

確定利益は7,000円ちょっと。

 

12.5万円の運用でプラス0.7万円ですので、+5.6%のリターン。

相場に恵まれた格好です。

 

米国株ETFを使ったトライオートETFなので、市場が右肩上がりならば損をする確率は低いでしょう。

レバレッジを活用しない場合の話ですよ。

 

トライオートETF、小型株・追尾で+1,000円(2018/04/18)

 

こちらはトライオートETF開始から2週間時の実績。

評価損が大きいこともあったのだと思い出しました。

 

トライオートETFでは取引記録を全くつけていないです。

過去にどのような経緯を辿ったのか、投資をしているにもかかわらず分かりません。

なのでブログで実績を残しておくメリットを感じます。

>>>トライオートETFの実績をブログで公開するメリット・デメリット

スポンサーリンク

トライオートETFのターゲット顧客、だれにおすすめ?

トライオートETFは、だれにおすすめできるのでしょうか?

  • 米国株取引・トレードをやってみたい
  • でも売買タイミングは読めない
  • さらに心理的に弱い

こんな感じのひとだと思います。

 

ってまさに私。

 

これではいけません。

他にもターゲット顧客はいるはずです。

 

トライオートETFを始めるときに感じた、メリット・デメリットを振り返りましょう。

 

メリット

  • 対象商品が優良ETF
  • 自動売買が簡単で時間をとられない
  • CFDを利用し、元本為替リスクがない

 

デメリット

  • 金利・スプレッドのコストが発生する
  • 利益が雑所得となり確定申告がメンドウ
  • 情報が少ない

>>トライオートETFのメリット・デメリット

 

1.5カ月間、実際にトライオートETFで運用しています。

取引に時間を全くとられないメリットを本当に感じます。

 

なにせ完全なほったらかしですからね。

最初に小型株・追尾の設定をしただけで、放置プレイです。

 

素直に「自動売買って簡単」と思います。

 

トライオートETFをおすすめする人

  • 米国株取引がしたい
  • でも売買タイミングは読めない
  • さらに心理的に弱い
  • そして、自動で全部お任せしたい

 

とはいえ、不安を感じる人も多いでしょう。

私もそう。

だから運用資産の1%に満たない金額でトライオートETFをトライしています。

>>3,000万円の運用方法 実際に投資をして感じる3つの原則

 

 

トライオートETFって何?

 

そんな方の為にしばらくの間、私が人柱となり、トライオートETF自動売買を継続していきます。

相場のボラティリティが大きくなったときに真価を発揮しそうですね。

 

今後も適宜ブログで実績公開をしていきたいと思います。

 

公式サイト→トライオートETF

 

コメント

  1. junjunss より:

    大変ありがたい記事です、
    1.5ヵ月ってことは米国債3.0%超えの時期はまだ運用してなかったのでしょうか?
    運用しているとしたらやっぱり影響あったのでしょうか(米国追尾設定)

    • はちどうきゅうどう より:

      junjunssさん

      >米国債3.0%超えの時期
      というのは、1月の最高値から10%下落したときのことだと推察します。

      そのときにはまだトライオートETFは始めていませんでいた。
      4月から自動売買を設定していましたので。

      今後来るであろう株価急落の際に、自動売買がどのような動きをするのかを楽しみにして、トライオートETFを使っています。