アメリカ株の投資方法は、何でもあり?

スポンサーリンク

米国株に限らず、株式投資では様々な投資方法があります。

期間別による投資方法

  • 長期投資
  • スイングトレード
  • デイトレード

目的別による投資方法

  • 値上がり益狙い
  • 配当金狙い

そもそも米国という国家自体が多様性で成り立っています。

米国市場への投資も、多岐にわたる方法があるわけですね。

日本から米国株に投資する場合、どんな方法であっても構わないわけ。

ただこれが曲者で、自分にあった投資方法を自ら見つけていく必要があるのです。

米国株投資によるふたつの方法を一緒にみていきましょう。

米国株による投資方法①:長期投資

長期投資、米国株、アメリカ株

出典:Stocks for the Long Run 5/Eより引用改編

米国株の強みといえばなんといっても長期投資。

ジェレミー・シーゲル教授の研究によれば、株式投資で17年以上の長期保有をすると実質リターンは確実にプラスとなったのです。

もちろん過去が未来を保証するわけではありません。

しかしこのようなデータをもとに、つみたてNISAの期間が20年と定められてことも忘れずにおきたいです。

さらに米国株投資のメリットは多くあります。

アメリカ株投資のメリット

  • 流動性が高い
  • 手数料が安い
  • 基本的に株価は右肩上がり
  • 歯磨き粉からミサイルまで幅広いセクターを有する

長期投資という概念は、日本株よりも米国株により当てはまります。

米国株投資の方法として、まずは長期投資を念頭におきたいものです。

スポンサーリンク

米国株による投資方法②:短期トレード

米国株投資のメリットは長期投資だけにとどまりません。

短期トレードだって盛んなわけです。

ただし私はトレーディングを選好していません。

時差もありますし、情報量では米国や世界中の人たちと戦えないと判断しているからです。

とはいえ成熟した世界最大市場。

多くの銘柄が高い流動性を保っています。

米国株のトレーディング

  • 取引金額が大きく流動性が高い
  • 株価変動幅が大きい

長期投資でも短期トレードでも適切な銘柄があるのがアメリカ市場の強みといえます。

米国株の魅力は、投資方法が限られないこと

どのような投資方法であっても、最終的には実質リターンがプラスになる可能性が高いのがアメリカ株投資です。

長期投資をすれば負けにくいことは歴史が証明しています。

投資初心者向けともいえます。

どんな投資方法でもよいという懐の深さが私は好きです。

厳密さ・緻密さを要求されないわけです。

そんなわけで私は引き続き米国株投資を続けていきます。

関連記事です

米国株の買い方は、思っている以上に簡単です。世界を代表する企業への投資は身近にチャンスが転がっています。

アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思います。 米国株投資の環境が整備されてきているからです。 例えば

米国株の長期投資は何年なのか?私は17年であると思っています。

長期投資とは株式投資をする上ですすめられる戦術のひとつです。 しかしながら長期投資とはいったい何年のことを言うのだろうか?その明確な答

私はどうしても配当金狙いで投資してしまいます。ダウの犬投資法や、配当貴族銘柄にばかり目が向いてしまうのですよね。

おすすめ高配当アメリカ株を知りたいと思う事はありませんか? そんな時にはダウの犬銘柄がまず思い浮かびます。米国でもおすすめされている投

スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ